関ジャム3月3日「最強の名曲ベスト30」音楽のプロが選ぶ?年間マイベスト10、売れっ子プロデューサーいしわたり淳、蔦谷好位置は

関ジャム3月3日「最強の名曲ベスト30」音楽のプロが選ぶ?年間マイベスト10、売れっ子プロデューサーいしわたり淳、蔦谷好位置は?
関ジャムは関ジャニ∞、古田新太などと音楽のプロがマニアックな部分を語る音楽番組です。

スポンサーリンク



毎年恒例の関ジャム人気企画。「音楽のプロが選ぶ年間ベスト10」これからブレイクするだろうアーティストの紹介ともなってきました。
さらに3月3日関ジャムJ-POP20年史として、「最強の名曲ベスト30」もゴールデンで発表しちゃうそうです。

目次

関ジャム3月3日音楽のプロが選ぶ「最強の名曲ベスト30」は

関ジャム2021年3月3日放送20年間最強の名曲ベスト30発表

関ジャムの年末恒例の人気企画「音楽のプロが選ぶ年間ベス10」
関ジャムの人気企画ゆえ、2021年3月3日6時45分からゴールデン2時間スペシャルで20年間の「最強の名曲ベスト30」を選ぶことになったそうです。
大々的に48名のプロにアンケートを取っての決定。

最強の名曲ベスト30選ぶ48人の音楽のプロのメンバーは

2021年3月3日放送の関ジャムは最強の名曲を選ぶ音楽のプロの48人は

・アーティスト Greeeen HIDE
・アーティスト ゴスペラーズ
・アーティスト 石崎ひゅーい
・アーティスト 東京スカパラダイスオーケストラ 谷中敦
・アーティスト 岡崎体育
・アーティスト 押尾コータロー
・アーティスト さかいゆう
・アーティスト いきものがかり 水野良樹
・アーティスト 堂島孝平
・アーティスト YOASOBI Ayase
・アーティスト ゴールデンボンバー 鬼龍院翔
・アーティスト 吉澤嘉代子
・アーティスト Tempalay AAAMYYY
・アーティスト 凛として時雨 ピエール中野
・アーティスト 日食なつこ
・音楽P 本間昭光
・音楽P 松尾潔
・音楽P mabanua
・音楽P 関口シンゴ
・音楽P 多保孝一
・音楽P 松本良喜
・音楽P 保木真吾
・音楽P ヒャダイン
・音楽P 松隈ケンタ
・音楽P 丸谷マナブ
・音楽P Carlos K.
・音楽P 西寺郷太
・音楽P Shingo Suzuki
・音楽P もふくちゃん
・音楽P Kan Sano
・音楽P 横山裕章
・音楽P 小倉しんこう
・作詞家・歌詞P いしわたり淳
・作詞家 zopp
・作曲家 岩崎太整
・作詞作曲家 河田総一郎
・作詞作曲家 山本和津彦
・アーティスト・作詞作曲家 草野華余子
・シンガーソングライター作詞作曲家 Mayu Wakisaka
・シンガーソングライター Michael Kaneko
・バイオリニスト NAOTO
・カウンターテナー 弥勒忠史
・コーラス 今井マサキ
・コーラス 加藤いづみ

最強の名曲ベスト30のランキングの集計方法

・48名の音楽のプロが2000~2020年の楽曲から30曲を選曲
・順位ごとにポイントを付ける(1位30pt~30位1pt)
・各選者のポイントを総合してランキングを作る

プロが選んだ最強の名曲ベスト30 3月3日

「2000~2020年 プロが選ぶ最強のJ-POPベスト30」

惜しくも名曲30位に入らなかった50位までの曲は

31位「罪と罰」(’00)      椎名林檎
32位「Story」(’05)       AI
33位「SUN」(’15)        星野源
34位「行くぜっ!怪盗少女」(’10) ももいろクローバー
35位「Dragon Night」(’14)    SEKAI NO OWARI
36位「白い恋人たち」(’01)     桑田佳祐
37位「Can You Keep A Secret?」(’01) 宇多田ヒカル
38位「Butterfuy(’09)」  木村カエラ
39位「女々しくて」(’09) ゴールデンボンバー
40位「to U」(’06)   BANK BAND
41位「楽園ベイベー」(’02) RIP SLYME
42位「全力少年」(’05)  スキマスイッチ
43位「トリセツ」(’15)  西野カナ
44位「千の風になって」(’06) 秋川雅史
45位「前前前世」(’16) RADWIMPS
46位「つけまつける」(’12) きゃりーぱみゅぱみゅ
47位「CHE.R.RY」(’07) YUI
48位「キセキ」(’08)  Greeeen
49位「Sign」(’04)   Mr.children
50位「テルーの唄」(’06)  手嶌葵

30位に入らなかったけれど音楽のプロが1位に選んだ曲

いしわたり淳の1位 「ハピタス」(’11)  AI
関口シンゴの1位「ひまわりの約束」(’14) 秦基博
酒井雄二の1位「Family Song」(’17)  星野源
吉澤嘉代子の1位「あなた」(’17)    宇多田ヒカル
もふくちゃんの1位「恋愛レボリューション」(’00) モーニ娘。
ヒャダインの1位「マツケンサンバ」(’04)  松平健
丸谷マナブの1位「シンデレラガール」(’18) King&Prince

2021年3月3日発表!

1位「Pretender」(’19)    Official髭男dism
2位「世界に一つだけの花」(’03) SMAP
3位「Everything」(’00)    MISIA
4位「天体観測」(’01) BUMP OF CHECKEN
5位「白日」(’19)     King Gnu
6位「TSUNAMI」(’00)  サザンオールスターズ
7位「パプリカ」(’18)   Foorin
8位「夜に駆ける」(’19)  YOASOBI
9位「さくら(独唱)」(’03) 森山直太朗
10位「Jupiter」(’03)    平原綾香
11位「恋するフォーチュンクッキー」(’13) AKB48
12位「ギブス」(’00)   椎名林檎
13位「雪の華」(’03)    中島美嘉
14位「ポリリズム」(’07)  Perfume
15位「瞳をとじて」(’04)  平井堅
16位「エイリアンズ」(’00) キリンジ
17位「Lemon」(’18)    米津玄師
18位「粉雪」(’05)     レミオロメン
19位「マリーゴールド」(’18)  あいみょん
20位「traveling」(’01)     宇多田ヒカル
21位「らいおんハート」(’00)  SMAP
22位「私以外私じゃないの」(’15) ゲスの極み乙女
23位「恋」(’16)       星野源
24位「新宝島」(’15)     サカナクション
25位「ワダツミの木」(’02)  元ちとせ
26位「愛をこめて花束を」(’08) Superfiy
27位「涙そうそう」(’01) 夏川りみ
28位「HERO」(’02) Mr.children
29位「PPAP」(’16)   ピコ太郎
30位「ultra soul」(’01)  B’z

2021年3月3日 18:45~20:54

関ジャム J-POP20年史 2000~2020プロが選んだ最強の名曲ベスト30
音楽のプロから見た、本当にスゴイ名曲とは?この20年のヒット曲のなかで、一流アーティストやプロデューサーが選んだ、これまで誰も見たことのない名曲ランキングを発表!

番組内容
これまで世の中には様々な音楽ランキングが存在したが、音楽のプロから見た「本当にスゴイ名曲」は何なのか?
2000年から2020年の数々のヒット曲のなかでも、「本当にスゴイ」と思う曲を、一流アーティストや売れっ子音楽プロデューサーなど、プロ48人に一斉アンケート!今まで見たことない!プロも納得の名曲ランキングを発表!はたしてどんな曲がランクインするのか!?

関ジャム2021年2月28日放送ゴールデンSP目前傑作選20年間最強の名曲ベスト30発表

3月3日のオンエアの前に2月28日放送の関ジャムでは、4人のプロが選ぶベスト30を発表しちゃいます。

その4人とは、
いきものがかりの水野良樹さん
名プロデューサーの松尾潔さん
ドラマ映画音楽の作曲家の岩崎太整さん
現在注目のアーティストの草野華余子さん

です、もちろん3月3日の最強の名曲ベスト30のポイントに加算されています。

水野良樹が選んだ「2000~2020年 プロが選ぶJ-POP最強の名曲ベスト30」


1位総合ベスト30入り楽曲
2位総合ベスト30入り楽曲
3位「平成」   折坂悠太
4位「AMBITIOUS JAPAN!」 TOKIO
5位「Tell Your World」 livetune feat.初音ミク
6位「真夏の通り雨」 宇多田ヒカル
7位「アイデア」   星野源
8位「ミュージック・アワー」ポルノグラフィティ
9位「アイアム主人公」 中村佳穂
10位総合ベスト30入り楽曲
11位「Monster」(’10) 嵐
12位「JOY」(’05)  YUKI
13位「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」(’11)サカナクション
14位総合ベスト30入り楽曲
15位「たしかなこと」(’05) 小田和正
16位「25コの染色体」(’05) RADWIMPS
17位総合ベスト30入り楽曲
18位「優しさ」(’20)   藤井風
19位「さくらんぼ」(’03) 大塚愛
20位総合ベスト30入り楽曲
21位「トリセツ」(’15) 西野カナ
22位「スノースマイル」(’02)Bump Of Chicken
23位「つけまつける」(’12) きゃりーぱみゅぱみゅ
24位 総合ベスト30入り楽曲
25位「サヨナラCOLOR」(’01)SUPER BUTTER DOG
26位「痛いよ」(’10)   清 竜人
27位「あとひとつ」(’10) FUNKY MONKEY BABYS
28位「春風」(’00)   くるり
29位「若者のすべて(’07)フジファブリック
30位「アイ」(’10)   秦基博

草野華余子が選んだ「2000~2020年プロが選ぶJ-POP最強の名曲ベスト30」


1位「ロストマン」(’03) BUMP OF CHICKEN
2位「瞳の住人」(’04)  L’Arc-en-Ciel
3位総合ベスト30入り楽曲
4位総合ベスト30入り楽曲
5位総合ベスト30入り楽曲
6位総合ベスト30入り楽曲
7位「Lovers Again」(’07) EXILE
8位「真夏の通り雨」(’16) 宇多田ヒカル
9位「R.Y.U.S.E.I.」(’14)三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
10位「感電」(’20)  米津玄師
11位総合ベスト30入り楽曲
12位総合ベスト30入り楽曲
13位「youthful days」(’01) Mr.children
14位総合ベスト30入り楽曲
15位総合ベスト30入り楽曲
16位「白い恋人たち」(’01) 桑田佳祐
17位「サイレントマジョリティー」(’16)欅坂46
18位「CHE.R.RY」(’07)   YUI
19位「二人セゾン」(’16)  欅坂46
20位「世界はあなたに笑いかけている」(’18)Little Gree Monster
21位「フライングゲット」(’11) AKB48
22位「シュガーソングとビターステップ」(’15)UNISON SQUARE GARDEN
23位「truth」(’08)   嵐
24位「群青日和」(’04)  東京事変
25位「Story」(’05)   AI
26位「真実の詩」(’02)  Do As Infinity
27位「罪と罰」(’00)   椎名林檎
28位「紅蓮の弓矢」(’13)  Linked Horizon
29位「また君に恋してる」(’09) 坂本冬美
30位「Love Story」(’11)  安室奈美恵

松尾潔が選んだ「2000~2020年プロが選ぶJ-POP最強の名曲ベスト30」


1位「千の風になって」(’06)  秋川雅史
2位総合ベスト30入り楽曲
3位総合ベスト30入り楽曲
4位「PIECES OF A DREAM」(’00) CHEMiSTRY
5位総合ベスト30入り楽曲
6位総合ベスト30入り楽曲
7位「優しさ」(’20)      藤井風
8位総合ベスト30入り楽曲
9位総合ベスト30入り楽曲
10位「楽園ベイベー」(’02)  RIP SLYME
11位「レットイットゴー」(’14) 松たか子
12位「come Again」(’01)   m-flo
13位「香水」(’19)       瑛人
14位「Lifetime Respect」(’01) 三木道山
15位「そばにいるね」(’08)  青山テルマfeat.Soulja
16位「青春アミーゴ」(’05)  修二と彰
17位総合ベスト30入り楽曲
18位「Lovers Again」(’07)  EXILE
19位総合ベスト30入り楽曲
20位「さくら」(’05)     ケツメイシ
21位総合ベスト30入り楽曲
22位総合ベスト30入り楽曲
23位「楽園」(’00)      平井堅
24位「R.Y.U.S.E.I.」(’14)三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
25位総合ベスト30入り楽曲
26位「My Boo」(’16)     清水翔太
27位「クリスマスソング」(’15) back number
28位「ハナミズキ」(’04)   一青窈
29位「女々しくて」(’09)   ゴールデンボンバー
30位「ひまわりの約束」(’14)  秦基博

岩崎太整が選んだ「2000~2020年プロが選ぶJ-POP最強の名曲ベスト30」

1位総合ベスト30入り楽曲
2位総合ベスト30入り楽曲
3位「若者のすべて」(’07)  フジファブリック
4位「inner universe」(’04) ORIGA
5位「Monster」(’10)    嵐
6位「change」(’19)     ONE OK ROCK
7位総合ベスト30入り楽曲
8位「Luv (Sic),Part2」(’02) Nujabes fest.Shing02
9位「美味しい季節」(’17)  椎名林檎
10位「空洞です」(’07)   ゆらゆら帝国
11位総合ベスト30入り楽曲
12位「海の幽霊」(’19)    米津玄師
13位「Fly with me」(’20)  millennium parade
14位「lust」(’05)       Rei Harakami
15位「坂道のメロディ」(’12)  YUKI
16位「希望という名の光」(’10) 山下達郎
17位「日曜日よりの使者」(’04) THE HIGH-LOWS
18位「色彩のブルース」(’00)  EGO-WRAPPIN
19位「家族の風景」(’02)    ハナレグミ
20位「きっとね!」(’18)    中村佳穂
21位「Man and Woman」(’07)  CHAGE and ASKA
22位「KIMOCHI」(’04)     ZAZEN BOYS
23位「星間飛行」(’08)    中島愛
24位「ZERO LANDMINE」(’01) N.M.L.
25位「ミライボウル」(’11)  ももいろクローバーZ
26位総合ベスト30入り楽曲
27位「Gifts」(’18)      Superfly
28位「We Don’t Need To Talk Anymore」(’17)W-inds.
29位「町」 (’04)      ACO
30位「Do What U Gotta Do feat.AI, 安室奈美恵, Mummy-D」(’06)Zeebra

2021年2月28日 23:00~23:55放送

関ジャム 完全燃SHOW
ゴールデンSP直前!
「2000~2020年プロが選ぶJ-POP最強の名曲ベスト30」

【プロ各自のベスト30曲を先行公開】

番組内容
音楽のプロから見た“本当にスゴイ名曲”は何なのか?一流アーティストや売れっ子プロデューサーなど、総勢48名のプロにアンケートを取り、2000年以降にリリースされた膨大な楽曲の中から、関ジャムJ-POP20年史として「最強の名曲ベスト30」を決定!そんなゴールデンSPを目前に控え、プロたちのそれぞれのベスト30曲を先行公開!プロが選出した30曲とは一体!?これを見ればゴールデンSPをより楽しめること間違いなし!

いきものがかりの水野良樹
名プロデューサーの松尾潔
ドラマ映画音楽の作曲家の岩崎太整
現在注目のアーティストの草野華余子

が選ぶ「最強の名曲ベスト30」は何でしょうか?

2021年2月28日 10:00~11:50

関ジャム 完全燃SHOW
ゴールデンSP目前!傑作選【プロ作曲家&男性声楽家】

ゴールデンSPを直前に控え、J-POPの魅力が詰まった「プロ作曲家の仕事術」と「男性声楽家の世界」を公開!メガヒットを生んだプロ作曲家やトップ男性声楽家が豪華共演!

番組内容
関ジャムゴールデンSPを直前に控え、J-POPの魅力が詰まった「プロ作曲家の仕事術」と「男性声楽家の世界」を公開!King & Prince「シンデレラガール」などメガヒットを生んだ作曲家が豪華共演!なにわ男子・西畑大吾も注目のなか、トップ男性声楽家が初共演で奇跡のコラボ!

3月3日(水)は、「関ジャム J-POP20年史!2000~2020 プロが選んだ最強の名曲ベスト30」をゴールデンで放送!2000年から2020年の数々のヒット曲のなかでも、「本当にスゴイ」と思う曲を、アーティストや音楽プロデューサーなどプロ48人に大規模アンケート!これまで見たことがない、プロも納得の名曲ランキングとは?

プロから見た“スゴイ名曲”は何なのか?関ジャムJ-POP20年史として、最強の名曲ベスト30を決定!そんなゴールデンSPを目前に控え、プロたち各自のベスト30曲を先行公開!

関ジャム音楽のプロが選ぶ2020年の年間マイベスト10は

関ジャム2020年年間ベスト10!音楽のプロが選ぶ人気企画、ブレイクするアーティストは?いしわたり淳、蔦谷好位置、川谷絵音は誰を
毎年恒例になった関ジャムの年間ベスト10、2020年。
今回はプロデューサーではなくて、ミュージシャン川谷絵音が初参加です。

あいみょんやヒゲダンやKing Gnuがブレイクする前にマイベスト10で紹介されていた関ジャムの人気企画。

年間マイベスト10で紹介されて2021年にブレイクされるだろうアーティストは?
2021年1月10日と17日の2週に渡って発表されます。

川谷絵音が選ぶ2020年間マイベスト10

1位 藤井風 「罪の香り」
2位 ずっと真夜中でいいのに。「暗く黒く」
3位 yama 「春を告げる」
4位 さとうもか 「meit bitter」
5位 suiseiNoboaz「3020」
6位 YOASOBI 「群青」
7位 どんぐりず「マインド魂」
8位 MAMAMOO 「Dingga」
9位 NEE 「不革命前夜」
10位 aiko 「ハニーメモリー」

いしわたり淳治が選ぶ2020年間マイベスト10

1位 YOASOBI「ハルジオン」
2位 藤井風 「何なんw」
3位 MIZ  「パレード」
4位 りりあ。「浮気されたけどまだ好きって曲」
5位 NiziU 「Make you happy」
6位 ちゃんみな「ボイスメモNO.5」
7位 50TA 「ラブアース」
8位 GOOD ON THE REEL「背中合わせ」
9位 ひらめ 「ポケットからきゅんです!」
10位 秋山黄色 「サーチライト」

蔦谷好位置が選ぶ2020年間マイベスト10

1位 ROTH BART BARON「極彩|IGL(s)」
2位 Tempalay 「大東京万博」
3位(sic)boy、KM「Heaven’s Drive faet.vividboooy」
4位 TENDRE 「HOPE」
5位 藤井風 「優しさ」
6位 Lucky Kilimanjaro「とろける」
7位 never Young beach「やさしいままで」
8位 Omoinotake「One Day」
9位 Ryohu 「The Moment」
10位 どんぐりず「nadja」

スポンサーリンク



関ジャム2021年1月10日、17日放送で2020年間マイベスト10発表

2021年1月17日放送の関ジャム音楽のプロが選ぶ年間ベスト10大発表!後半戦

関ジャム 完全燃SHOW 2021年1月10日放送
【毎年恒例企画!プロが選ぶ年間ベスト10大発表!後半戦】

音楽のプロが選ぶ2020年の年間ベスト10は?独自の目線でランキングを作成!ランキング上位発表の後半戦突入!一同衝撃の1位曲がついに明らかに!新星アーティストも続々!

◇番組内容
毎年恒例!業界の注目企画!音楽のプロが本気で選ぶ2020年の年間ベスト10は?前回はベスト10曲の5位~10位を発表しましたが、あまりの名曲の多さに1時間では語り尽くせず…2週連続の放送に!!いよいよ今回は、蔦谷好位置、いしわたり淳治、川谷絵音の3人が選んだランキング上位曲を発表!その魅力をたっぷり語り尽くします!!一体どんな曲が選ばれるのか?そして、一同衝撃の1位曲とは!?

関ジャム 完全燃SHOW【毎年恒例企画!音楽のプロが選ぶ年間ベスト10大発表】2021年1月17日放送

音楽のプロが選ぶ2020年の年間ベスト10は?独自の目線でランキングを作成!ヒット曲の音楽的スゴさや知られざる名曲が続々!ブレイク必至の新星アーティストも丸わかり!

◇番組内容
毎年恒例!業界も大注目の人気企画!音楽のプロが選ぶ2020年の年間ベスト10は?お馴染みのいしわたり淳治、蔦谷好位置に加え、今回は川谷絵音が初参加!2020年に発表された楽曲の中から、独自の目線でランキングを作成!ヒット曲の音楽的スゴさや知られざる名曲が続々!さらにブレイク必至のアーティストが丸わかり!複数のプロが選んだ新星アーティストも!今年のランキングには一体どんな曲が登場するのか!?

◇出演者
関ジャニ∞ 支配人:古田新太 アーティストゲスト:蔦谷好位置、いしわたり淳治、川谷絵音 トークゲスト:山崎弘也(アンタッチャブル)、足立梨花

関ジャムのボイトレ企画の安倉さやかに通うメンバー

関ジャムのボーカル企画でボイストレーナーの安倉さやかさんが登場しました。
2019年12月、2020年3月のことです。

関ジャニ∞のメンバーが安倉さやかさんに発声練習を試してもらうことになりました。

ちょっとしたアドバイスで声量や声の質も大きく変わることを実感したようでした。

それに一番刺激を受けてすぐにボイストレーニングを始めたのは、大倉忠義さんでした。

その後、安田章大さんもボイストレーニングに参加。
番組で発声練習を拒否した横山裕さんのスケジュールをチェックして無理強いすることなくボイトレに誘っていたのです。
安田章大さんの優しさを感じますね~。

約1年間、地道なボイトレを続けた結果、彼らの声は楽器として大きく変化したといいます。

大倉忠義さんは、これまで、中低音の担当になることがほとんどでした。担当楽器もドラムということで積極的に歌うことは少なかったようです。

しかし、関ジャニ∞のボーカル担当のメンバーが抜けていったタイミングと関ジャムでのボイトレの企画と重なったことで奮起したのでしょうか。

1年近くによるボイトレの結果出せるようになった力強いファルセットが採用されて新曲の「キミトミタイセカイ」ではトップラインとなる高音のサビを歌っています。

安田章大さんは、母さんが奄美出身ということで奄美民謡のルーツがあるので、御存知の通り歌は上手です。
しかし、「声質が軽い」という悩みがあったそうです。
それをボイトレに通うことで克服できたといいます。

横山裕は歌に自信がなかったそうです。
しかし、安田章大さんの誘いに従って、ボイトレに通い、レベルアップのための課題曲King Gnuの「白日」を練習しつづけて、レコーディングに参加。

まだまだだけれど、少しは上手になっていて、これからもレベルアップしていきたいと思っているそうです。

8人から始まった関ジャニ∞は、5人になってしまいました。
ジャニーズのアイドルバンドだった彼らの楽器のレベルはプロも認められるほどになるほど、努力してきました。

次は、ゴスペラーズに認められるくらいの楽器としての声を手に入れる日は近いのかもしれません。

音楽のプロ売れっ子プロデューサーは

関ジャムに出演することの多い人気プロデューサーは

いしわたり淳治さん
蔦谷好位置さん
mabanuaさん

売れるコツを知っているプロの視線で、新しい曲や新人を日々聞きまくっています。

いしわたり淳治のプロフィール

氏名   いしわたり淳治(石渡淳治)
生年月日 1977年8月21日
年齢   43歳
出身地  青森県十和田市
血液型  B型
職業   作詞家、音楽プロデューサー

作詞家としては、Superfly「愛をこめて花束を」、少女時代「PAPARAZZI」、
最近では、矢沢永吉の作詞を手掛けて、矢沢永吉さんから
絶賛されていました。

音楽プロデューサーとしては、チャットモンチーや9mm Parabellum Bullet、ねごと、NICO Touches the Wallsなど数多くのアーティストを手掛ける。

蔦谷好位置のプロフィール

氏名   蔦谷好位置(つたやこういち)
本名   蔦谷恒一
生年月日 1976年5月19日
年齢   44歳
出身地  北海道札幌市
学歴   北海学園大学経済学部卒業
職業   音楽プロデューサー
編曲家
作曲家
作詞家
キーボーディスト
マニピュレーター

ジャズ、ロック、ヒップホップ、ハウス他ダンスミュージックまで幅広くカバーするジャンルを超越したアレンジ能力と普遍的なメロディを生み出すソングライティング力を兼ね備えた音楽家

YUKI、Superfly、ゆず、エレファントカシマシ、木村カエラ、CHARA、高橋瞳、伊藤由奈、KAT-TUN、関ジャニ∞、JUJU、絢香、Official髭男dism、米津玄師など、数多くのアーティストへ楽曲提供やプロデュース、アレンジを行う。

これまで手がけてきた楽曲は300曲以上、総売り上げ数は500万枚をこえる

mabanuaのプロフィール

氏名   mabanua(マバヌア)
本名   山口学
生年月日 1984年8月29日
年齢   36歳
出身地  埼玉県さいたま市
学歴   栄東中学校・高等学校、日本放送協会学園高等学校(転入)
職業   ミュージシャン
歌手
作詞家
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
トラックメイカー

アーティスト名の「mabanua」は、本名「manabu」のアナグラムに由来する

ドラマーの枠を超え、キーボード、ベース、ギターといった楽器を演奏するマルチプレイヤー。

国内外のアーティストとコラボして作り上げたデビューアルバム『done already』が世界各国で話題となり、国境もジャンルも超えたアーティスト達から絶賛される

プロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も担当

関ジャム音楽のプロが選ぶ2019年間マイベスト10は

関ジャム!2019年間ベスト10!いしわたり淳治、蔦谷好位置、mabanuaの売れっ子プロデューサーが選ぶ人気企画!ブレイク必至のアーティストは誰?

2020年1月19日(日)23時10分~24時05分放送の関ジャムは

関ジャム 完全燃SHOW
【好評企画!売れっ子プロデューサーが選ぶ年間ベスト10】

好評企画は本気で選ぶ2019年マイベスト10曲を
追記していきます。

蔦谷好位置が選ぶ2019年間ベスト10

1位 Official髭男dism「Pretender」
2位 長谷川白紙 「あなただけ」
3位 君島大空  「遠視のコントラルト」
4位 milet     「inside you」
5位 宇多田ヒカル&Skrillex「Face My Fears」
6位 宮本浩次  「Do you remember?」
7位 Omoinotaka 「Blancol」
8位 緑黄色社会 「sabotage」
9位 iri     「東へ西へ」
10位 YOSHI   「RIDING ON TIME」

いしわたり淳治が選ぶ2019年間ベスト10

1位 milet     「us」
2位 忘れらんねえよ「だっせー恋ばっかしやがって」
3位 菅田将暉 「キスだけで faet.あいみょん」
4位 RADWIMPS 「愛にできることはまだあるかい」
5位 Mrs.GREEN APPLE 「ロマンチシズム」
6位 =LOVE   「ズルいよ ズルいよね」
7位 B’z     「兵、走る」
8位 amazarashi 「未来になれなかったあの夜に」
9位 back number 「HAPPY BIRTHDAY」
10位 槇原敬之  「だらん」

mabanuaが選ぶ2019年間ベスト10

1位 RADWIMPS 「愛にできることはまだあるかい」
2位 Billie Eilish   「bad guy」
3位 Official髭男dism 「宿命」
4位 長谷川白紙   「あなただけ」
5位 サカナクション 「忘れられないの」
6位 Maroon5     「Memories」
7位 BLACKPINK    「Kill This Love」
8位 DYGL      「A Paper Dream」
9位 SIRUP      「Pool」
10位 Samm Henshaw 「Church feat.EARTHGANG」

関ジャム2020年1月19日放送2019年間マイベスト10発表

2020年1月19日(日) 23時10分~24時05分

関ジャム 完全燃SHOW【好評企画!売れっ子プロデューサーが選ぶ年間ベスト10】

番組の予告では

関ジャニ∞&古田新太!売れっ子プロデューサーが選ぶ2019年の年間ベスト10は?いしわたり淳治、蔦谷好位置、mabanuaが選んだ、ブレイク必至のアーティストが丸わかり!

◇番組内容
毎年好評!業界も大注目の人気企画!売れっ子プロデューサーが選ぶ2019年の年間ベスト10は?いしわたり淳治、蔦谷好位置、mabanuaが選んだ、ブレイク必至のアーティストが丸わかり!複数のプロデューサーが選んだ、天才シンガーソングライターは一体誰?歌声に魅了される新歌姫とは?そして、年間ナンバーワンに選ばれる、あの曲とは?

◇出演者
関ジャニ∞ 支配人:古田新太 アーティストゲスト:いしわたり淳治・蔦谷好位置・mabanua トークゲスト:山崎弘也(アンタッチャブル) 進行:弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

人気の企画で、プロ目線ならではのランキング。
これからブレイクするとプロだからこそわかるアーティストも沢山いましたね。
あいみょんやキングヌーなどもそうでした。

だからこそ、気になるのです。今年ブレイクするのは誰でしょう。

番組で、売れっ子プロデューサーに、売れ込みも多いとか。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。