岬俊光(柳原浩さん)は氷見事件(富山事件)で冤罪被害に!釈放後はPTSDで生活保護も!真犯人は?

岬俊光(柳原浩さん)は氷見事件(富山事件)で冤罪被害に!釈放後はPTSDで生活保護も!真犯人は?
アンビリバボーでは岬俊光さんと仮名で紹介されています。

スポンサーリンク



柳原浩(やなぎはらひろし)氷見事件で冤罪、服役

柳原浩さんは、氷見事件(富山事件)で冤罪により
逮捕、起訴されて3年服役後に真犯人が見つかるという
激動の人生をきました。

氷見事件(富山事件)とは

氷見事件(富山事件)は、2002年4月15日、当時タクシー運転手だった柳原浩(やなぎはらひろし)さん、34歳は、
富山県警察氷見警察署に逮捕されました。
さらに、5月には別の事件の犯人としても再逮捕されました。

始めに逮捕されたのは、2002年3月13日、当時16歳の少女に対する
強〇未遂容疑でした。

逮捕のきっかけは、柳原浩さんが少女らの証言する犯人と似ていたこととでした。

任意で行われた取調べでしたが、4月8日以降断続的に3日間
朝から晩まで長時間にわたって行われました。

とうとう、4月15日の3回目の取調べに疲れ果てて自供してしまい逮捕されました。

柳原浩さんは、取調官に「はい」か「うん」しか言うなとも言われていたそうです。
恐怖のあまり、やってないこともすべて都合のいいように
変えられてしまったそうです。

疑問点があるのに裁判で懲役3年に

疑問点は

・犯行時に履いていたとされる星のマークの運動靴が発見されなかった。
→捨てたんだろう→見つからず→燃やしたんだろう→はい

「燃やしたことになった。」

・被害者の目撃証言の凶器とされる「サバイバル〇イフとチェーン」
→柳原浩さんの自宅で見つからず→自宅にあった果物〇イフとビニールひもを証拠品に

「被害者の記憶違いにされた」

・被害者自宅の見取り図
→捜査員が後ろから手をとって書かせた。

・現場に残っていた犯人の遺留品
→柳原浩さんと血液型が違っていた

「氷見警察署長から依頼がなかったと再鑑定せず」

・犯行時刻とされた時間帯に自宅から知人に電話をかけた
→NTTの通話記録があった

「提出せず」

・犯行現場にあった足跡が28㎝の靴だったが、柳原浩さんは24.5㎝とサイズがあっていないこと

「大きい靴を履いたのではないか」

さらに、凶器や縛り方など、犯人しか知りえないことは
取調官が選択肢を示し、誘導したという。

富山地裁で裁判が行われてが柳原浩さんは容疑を認めてしまい、
被害者である少女たちの証言が認められて、2002年11月に
懲役3年が確定しました。

服役後も同様の犯行は続いた

柳原浩さんは懲役3年の刑に服し、2005年1月に出所しました。

しかし、柳原浩さんが刑務所で刑に服している間にも同様の事件が起こっていたといいます。

それは、被害者の証言が共通している犯人の言葉でした。

犯行後、「100を数えるまで動くな」という時間稼ぎのセリフです。

大津英一が真犯人だった

真犯人が見つかったのは柳原浩さんが出所してからでした。
2006年11月でした。

鳥取県警察に逮捕された大津英一が14件の事件を自供、
その中の2件は柳原浩さんが犯人とされた事件も含まれてました。
大津英一は自分が真犯人であると自供したのでした。

大津英一は、14件の婦女〇行事件で起訴され、懲役25年の判決が下されています。

スポンサーリンク



富山県警察、地検の検事正が謝罪

2007年1月17日に柳原浩さんの親族へ経緯を説明し富山県警察が謝罪。
1月19日に記者会見で事実が判明しました。

そして、無罪判決を求める再審請求を富山地裁に行いました。
1月29日には、富山地検の検事正が柳原に直接謝罪しました。

「当時の取り調べ捜査官、担当検事を恨んでいません」

と2007年1月24日の昼に富山地検に呼び出されて
内容の調書を意思に反して作成させられた上、

柳原浩さんが知らないはずの事件の詳細についての自白書類が富山県警により捏造され、署名・指印させられたことが判明している。
再審の論告公判は8月22日に行われ、2007年10月10日に無罪判決が言い渡され、検察側は控訴しなかったため、判決は確定となりました。

しかし、公判では、「ただ単に無罪判決を出す手続きにすぎない」と当時の取調官の証人尋問を却下しています。

この裁判長の発言に「本気で真相を究明し、反省する気があるのか」という非難や疑問が出ました。

その時の裁判長の他人事の発言に柳原浩さんは「むかついた」
怒りを露わにしていました。

厳しい取調べが明らかに

無罪となった柳原浩さんは、真犯人発覚後、マスコミのインタビューに尋問の厳しさを語っています。

いくら弁明しても聞いていもらえず、罪を認めざるを得ない状況に陥ったという。

さらに、「身内が間違いないと認めている」などと
絶望に追い込み、自暴自棄になったところで自白を採るという手法を取ったとされます。

無罪は確定したものの、取調べをした警察官などの証人尋問および処分が実施されていないと冤罪事件が発生よいう事実が解明されていないと提訴に踏み切ります。

2009年5月14日、国家賠償訴訟しました。
2015年4月 富山地裁は富山県警の捜査の違法性も認めて

県に1966万円の支払いを命じる判決を言い渡し確定しました。

柳原浩さんはPTSDで生活保護に

2007年に出所して、同じく2007年に冤罪と発覚
その後も補償はなかったため
2009年に提訴します。
そして、2015年に1966万円の金額を受け取りました。

しかし、柳原浩さんは取調べて受けた威嚇のPTSDになりました。
就職はドクターストップでできませんでした。

国からもらったお金も生活費や、弁護士費用で底を尽きましてしまったそうです。

現在は、都内杉並区在住で生活保護を受けているそうです。

2014年4月22日に法務省法制審議会要請共同行動として、
柳原浩さんら冤罪被害者は全面可視化を要請しています。

録画して取調べをすることが当たり前の時代になってきました。

氷見事件が奇跡体験!アンビリバボーに

奇跡体験!アンビリバボー誰ひとり信じてくれない!現代日本で本当にあった恐怖SP

2020年4月2日(木)19時57分~21時54分の放送のアンビリバボー

番組内容は

突然、覚えのない罪で逮捕!?警察検察はもちろん弁護士や家族、誰ひとり信じてくれない…!明日あなたの身にも起きるかもしれない現代の日本で本当にあった恐怖

番組内容
今回は“誰ひとり信じてくれない!現代日本で本当にあった恐怖”2時間SPをお届けする。 小さな街で平穏に過ごしていた男性は、この日も変わらず勤務先に出社した。しかし突然、車で現れた刑事たちに取り囲まれ、何の事件かも知らされず容疑者として署に連行されてしまった。取り調べを担当した刑事は詳細を明かさず「お前がやったんだろ!」と繰り返すだけで、なぜ自分がこんな仕打ちに合っているのかすらわからなかった。罪になるようなことをした覚えのない男性は無実を訴えたが“犯人に似ている”というだけでまったく取り合ってもらえず。2回目の取り調べでようやく暴行事件の容疑者となっていることを知らされた。もちろん男性はやっていないのだが、過酷な取り調べは朝から晩まで何度も続き、肉体的にも精神的にも疲れ果て、耐えかねた男性は、ついに犯していない罪を自白してしまった。事件現場の場所も、証拠となるものの所在も何も知らない。しかし、あれよあれよと言う間に男性は逮捕・起訴されてしまった。警察・検察はもちろん、実名報道され起訴されてしまったことで、担当の弁護士、家族まで、誰ひとり自分の無実を信じてくれない…!絶望のあまり「自分は罪を犯したんだ」と思い込まなければ、生きることもできないほどの過酷な日々…!明日あなたの身にも起きるかもしれない!現代の日本で本当にあった恐怖とは!?

出演者
ストーリーテラー  ビートたけし
スタジオメンバー  剛力彩芽  バナナマン(設楽統 日村勇紀)
スタジオゲスト   高地優吾(SixTONES)  真矢ミキ

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。