春日俊彰は「勝利の男神」?!西武の不敗神話はいつまで続く?!

春日俊彰は「勝利の男神」?!西武の不敗神話はいつまで続く?!

春日俊彰の「勝利の男神」西武不敗神話はいつまで続く

スポンサーリンク



春日俊彰さんは「勝利の男神」と言われています。
所沢出身ということもあり、大の西武ファンです。
2019年9月18日、西武球場にオードリーの春日俊彰さんの姿がありました。
始球式(セレモニアピッチ)に立つためです。

西武は優勝に近づき、マジックも出ていました。
今回も不敗神話の通り、西武が勝利してマジックを2減らしました。
「勝利の男神」と言われてる所以ですね。

春日俊彰のこれまでの西武不敗神話

春日俊彰さんは大の西武ファンです。
これまで5回の始球式をしています。

それぞれ肩書を持って登場しています。

2012、2013年 1日企画部長
2014年    埼玉県応援団長
2018年    ライオンズフェスティバルズ2018応援大使
2019年    青炎(せいえん)隊長

春日俊彰さんの5度目の青炎(せいえん)隊長の始球式は

始球式というと1球きりで、届かなくて、ボールでもというのが
通例ですが、春日俊彰さんは違います。

今回は、3球投げています。

1球目はワンバンドで左に逸れ
2球目は大きく右に
3球目はカーブ気味でミットに吸い込まれストライクの判定

春日俊彰さんは2013年の始球式での大暴投以来、6年越しのリベンジを果たしました。

それについて春日俊彰さんは

「今日はストライクを取ることを1番の目標にマウンドに上がりましたので、その点については100点ですね。んーただ、レオがストライクを取ってくれたっていうのがあるけどね…まぁ、80点くらいか」

「言ってはいなかったけれど球団最速159kmを目指していたんだよね」

「バシッと更新して平良投手の刺激になればいいかなと思っていたんだけどね」

「そういった意味では、全体的には40点。赤点ギリギリだね」

「3球投げましたが、その3球目にストライクを取るというドラマティックな内容で終わったからね、狙ってできることではないからね。最終的に決めるってやっぱもってますね!もっている逸材だと思います!」

「とにかくこの時期だから、どういう形であれ勝っていただきたいです。派手に勝っても泥臭く勝っても1勝は1勝だからね」と、とにかく勝利にこだわる構えだ。

「我々は出来ることと言ったら全力で応援することなので、それが少しでも選手の皆さんの力になればいいなという気持ちを込めて“青炎”を送りたいと思います」

「辻監督の嬉し涙が見たいから、そのためには何でもしますよ!とにかく全力で“青炎”を送ります」

春日節と共に、西武ファンとしての熱い思いも伝わってきます。

春日応援隊長の始球式での不敗神話はいつまで続くのでしょうか。そして、今季の西武の優勝はあるのでしょうか。

スポンサーリンク



春日俊彰のプロフィールは

氏名   春日俊彰(かすがとしあき)
生年月日 1979年2月9日
年齢   40歳最終
出身地  埼玉県所沢市
身長   176㎝
学歴   日本大学商学部経営学科卒業
コンビ名 オードリー
相方   若林正恭
活動期間 2000年~

春日俊彰さんといえば、スポーツ万能で芸人の他にも

ボディビルダー、元キックボクサー、フィンスイミング選手、エアロビクス競技者でもあります。

西武ファンでスポーツ万能であれば、始球式でストライクを取る。それもただのストライクではなく、球速にもこだわりたくなるのでしょう。
ストライクの夢が実現した次は球速も目標の実現もするのでしょうか。

次はいつの始球式に登場するのでしょう?
是非、不敗神話の続けてほしいです。

スポンサーリンク


おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。