安原和夫と安原伶香親子は大三萬年堂の老舗和菓子店からチョコレートスイーツが大ヒットへ

安原和夫と安原伶香親子は大三萬年堂の老舗和菓子店からチョコレートスイーツが大ヒットへ
中野利美、富美子、由香理が自己破産からビーントゥバー「カカオ研究所」で再起へ

スポンサーリンク



安原和夫は大三萬年堂の第12代目

大三萬年堂は兵庫県たつの市にある江戸中期創業、360年の歴史を誇る老舗和菓子店です。

大三萬年堂は龍野城献上の菓子を作っていたそうです。

初代三右衛門は元々龍野城に仕える武士でした。
秀吉に無血開城をした際に商人になり始めたのが菓子屋でした。

出身地の大屋と三右衛門の頭文字が萬年続いていくように願いを込めて「大三萬年堂」と名付けたそうです。

大三萬年堂の場所は、龍野城からまっすぐ延びた商人町の本町にあって現在も、創業時から変わらない場所です。

そして、大三萬年堂には、江戸中期に龍野藩主脇坂家に納めていた市販禁止の砂糖菓子「長生殿(ちょうせいでん)」の木型が残っています。

この木型「留型(とめがた)」は江戸期に使われたものが現在でも約六百個残っていて大切に守っているそうです。

防腐剤や添加物などは使用せず、素材本来の良さを活かした昔ながらの和菓子。
安原和夫さんは大三萬年堂の第12代目の店主です。
時代の流れに飲まれて一時期は倒産寸前に陥ります。

大三萬年堂の第13代目安原伶香がチョコレートで

大三萬年堂が倒産に危機になると13代目の安原伶香が立ち上がります。

人気のスイーツのチョコレートを和菓子の取り入れ、尚且つ伝統の和菓子とのコラボの新しい「和スイーツ」を作ろうと考えたのでした。
そこから、安原和夫さんと安原伶香さんの親子の開発が始まります。

和菓子の伝統とチョコレートのコラボ。
毎日毎日、新商品の開発に挑戦していました。

安原伶香のプロフィールは

氏名   安原伶香
生年月日 1989年6月19日
年齢   30歳
出身   兵庫県
出身大学 立教大学
保有資格 製菓衛生師、
食生活アドバイザー

職歴   通信会社で5年勤務
家業である和菓子店を継ぎ、更に『大三萬年堂 HANARE』を立ち上げる。

・江戸中期創業和菓子店〈大三萬年堂〉十三代目
・(株)HANARE 代表取締役社長、〈大三萬年堂HANARE〉プロデューサー
・日経doorsアンバサダー
・Hanako本誌〝NowOpening〟連載
・Hanako.tokyoコラム連載
・美人百花 和装スタイリスト
・with online/oggi.jp スイーツライター
・和スイーツ研究家

スポンサーリンク



大三萬年堂 HANAREを東京にオープンさせる

経歴がすごいですよね。和装のスタイリストとしても活躍されている。
肩書が「和スイーツ研究家」

見ても食べても美味しそうです。

大三萬年堂の本店の売り上げの5倍だそうです。
しかし、安原伶香さんの願いは本店の売り上げを上げる事。

中野利美、富美子、由香理が自己破産からビーントゥバー「カカオ研究所」で再起へ

ビーントゥバー(Bean to Bar)「カカオ研究所」で再起へ

チョコレートの新常識「ビーントゥバー(Bean to Bar)」チョコレートを製造する手法のひとつで
カカオ豆の焙煎から、チョコレートの製造を一貫しておこなう手法
お砂糖と、カカオだけで作ったチョコレート
カカオ豆の香りがものをいうチョコレートです。

福岡県でたった2坪の店舗で「ビーントゥバー」を営んでいる。
中野富美子さん65歳由香理さん39歳母娘

一枚1200円、 新潮流。

ベトナムでカカオを調達するのは、中野利美さん72歳

2012年までさかえ屋の社長をしていました。

さかえ屋は福岡でも有数の老舗菓子店、中野家はさかえ屋の創業家だったのですが、
8年前にその職を追われました。

「なんばん往来」で売り上げを上げていましたが
債務超過になり、社員たちを守るため、株や家も無償で手放し自己破産になりました。

「ビーン トゥ バー」

一枚1200円、 新潮流。
それでも売れるのがビーントゥバー

何もかも無くしてしまった中野利美さん、富美子さん、由香理さん一家でしたが、
東京で食べたチョコレートが一家を変えました。

食べた瞬間に笑顔になる、幸せな気分に。
これで再起しようと3人は思ったそうです。

中野利美さん一家の挑戦は続いています。

中野由香理がモレソースで

モレソースは「モレ=チョコレートやスパイスを使ったメキシコの料理ソース」

このモレソースのチョコレートを中野利美さんのベトナムのカカオで
メキシコで教わったモレソースを作って、レストランへ協力を求めます。

このモレソースを商品化しようとしていたのです。

モレソースはフレンチレストランのランチとして使ってもらえる事になりました。

安原和夫と安原伶香中野利美、富美子、由香理がガイアの夜明けに

2020年2月11日(火) 22時00分~22時54分 の放送

チョコが空前のブーム…1枚1200円でも売れるワケは?▽(秘)チョコソースで人生逆転!?自宅も店も失った父娘▽老舗和菓子が大変身!?父の秘伝あんこを娘が進化!

番組内容
いま日本で空前の「チョコレートブーム」が起きている。カカオに含まれるポリフェノールなどの健康効果が見直されているためだ。高血圧や動脈硬化などの予防にも効果が期待され、高カカオのチョコレートは中高年の間でも人気が高まっている。 このチョコレートで人生のどん底から再起をかけようとする親子がいた。

番組内容続き
自己破産に追い込まれ、会社も自宅も失った老舗菓子メーカーの創業家だ。父はベトナム、娘はメキシコへ飛び、独自開発のチョコレートで復活を誓う。一方、兵庫県で360年続く和菓子店の娘は、父しか作れない秘伝のあんこをチョコレートと融合させ、客足が減りつつある老舗に新たな息吹を吹き込もうとしていた。父と娘の溶けるほど熱い舞台裏に密着する

老舗のお嬢様で、自己破産の和菓子を立て直した美人

「和スイーツ」と老舗の和菓子とチョコレートをコラボした
女性ならではのスイーツと話題で、メディアでも引っ張りだこですね。

 

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。