堀江陽子(ヨーコゼッターランド)の夫は誰?母の堀江方子もバレボール選手の日本代表だった!爆報!THE フライデーに

堀江陽子(ヨーコゼッターランド)の夫は誰?母の堀江方子もバレボール選手の日本代表だった!爆報!THE フライデーに

スポンサーリンク



堀江陽子(ヨーコゼッターランド)の夫は誰

ヨーコゼッターランド、堀江陽子さんは、2度離婚しています。
一度目の夫はアメリカ人の様で詳しい情報はわかりませんでした。
二人目の夫は、あの草野仁さんの長男の「草野裕」さんでした。
草野仁さんがMCを務める「ザ・ワイド」の番組に
堀江陽子(ヨーコゼッターランド)さんがコメンテーターとして
出演しました。

草野仁さんの長男の草野裕さんは草野仁さんのマネージャーを務めていたことで知り合うこととなります。
2004年から2年間の交際の末2006年11月、ヨーコゼッターランドさん37歳の時、結婚をしました。

著名人が列席する大きな結婚式だったようです。
ホテルオークラで350人以上だったとか。
草野仁さんは「世界ふしぎ発見」にも出演していますので
黒柳徹子さん、元日本サッカー協会GMの川淵三郎さんなども
出席していて、その費用は4000万円とも言われていました。

しかし、2010年に離婚します。
お互いに自分の仕事を優先してしまったのが原因ではないかとも言われています。

ヨーコゼッターランド、爆報!THE フライデーで空き家問題に

爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】
2018年11月30日(金)19時00分~20時00分の放送

あの美人オリンピック選手は今…2軒の空き家を抱えていた!
▼大量の遺品整理!
▼亡き母のため、実家を民泊にする決意!
▼果たしていくらで貸し出せる?緊急査定!

芸能人の空き家問題
あの美人オリンピック選手は今…2軒の空き家を抱えていた! 亡き母のため、実家を民泊にする決意! 果たしていくらで貸し出せるか緊急査定!驚きの金額が!

ヨーコゼッターランド、ストレッチ枕で家を購入

バレーボール選手、引退後、いろいろな仕事をしていたヨーコゼッターランドさんですが、

自身の悩みでもあったぐっすり眠れる「枕」を開発、プロデュース「ストレッチ枕」を販売します。
頭から肩まである大きな枕が特徴で頭から肩までのストレッチをしてくれ、胸を開いて寝ることで、体の凝り、姿勢、睡眠に良い影響があると大ヒットします。

そして、一軒家を購入したとされています。

スポンサーリンク



堀江陽子(ヨーコゼッターランド)のプロフィール

氏名   ヨーコ・ゼッターランド(Yoko Karin Zetterlund)
日本名  堀江陽子
生年月日 1969年3月24日
年齢   49歳
身長   179㎝
血液型  B型

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市出身
父はスウェーデン系のアメリカ人

1975年6歳の時、両親が離婚し、母とともに日本に移住

高校、大学とバレーボールで名をあげるも
高校卒業後、実業団に入らなかったことで
大学を卒業後、入れてくれる実業団がなかった。

仕方なく、22歳まで選べる国籍をアメリカにして
渡米、アメリカ代表としてバレーを続けることに

アメリカのナショナルチームのトライアウトを受けて合格

1992年 バルセロナオリンピックで銅メダルを獲得(アメリカ代表)
1996年 アトランタオリンピックにも出場

その後日本リーグで活躍するも外国人排除の目にあい
仕方なく引退に追い込まれました。

堀江陽子の母、堀江方子も亡くなって家が

ヨーコゼッターランド(堀江陽子)さんの母堀江方子さんは
日本人で9人制時代に中村高校(東京都江東区)の149連勝記録を樹立した選手。
1960年世界選手権に出場し、銀メダルを獲得した選手

堀江方子さんは中村高校のコーチに就任します。
ヨーコゼッターランドさんも中村高校に入学

国体優勝、中村高校では春高バレー・インターハイで3位入賞を果たし、全日本ジュニアメンバーとして、アジアジュニア選手権での優勝を経験

その後、早稲田大学のバレー部のコーチにも就任
ヨーコゼッターランドさんの指導もします。

その堀江方子さんも2017年10月12日 84歳で突然亡くなってしまったという。

その母が住んでいた実家が空き家になってしまった。
その他にももう一軒空き家があるという。
千葉県の実家から、徒歩5分の叔父夫婦の家も空き家になり
ヨーコゼッターランドさんが管理しているという。

思いでシンドロームに

母が亡くなって1年、ヨーコゼッターランドさんの実家は
空き家になり、荷物がそのまま、溢れかえっていた。

荷物の整理に戻るが「思いでシンドローム」という症状にかかって
作業が進まない。

それは、一つ一つに思いでがあって当時のことを思い出して
思いふけってしまって片付けられなくなってしまうというものでした。

ヨーコゼッターランドの実家の空き家を民泊に

母の要望もあり、ヨーコゼッターランドさんは、実家の空き家を
民泊にしようと考えます。

そして、民泊に成功者にアドバイスを受けます。
「民泊新法」によりこの空き家も民泊として、貸し出すことが
できるようになったというものでした。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。