佐藤正樹は佐藤繊維の4代目社長!山形で世界ブランドから人気の特殊糸でオンリーワンのモノづくりニットからマスクまで

佐藤正樹は佐藤繊維の4代目社長!山形で世界ブランドから人気の特殊糸でオンリーワンのモノづくりニットからマスクまで

スポンサーリンク



佐藤正樹は山形老舗佐藤繊維の4代目社長

佐藤正樹さんは、1966年、山形県生まれ。
佐藤繊維は、1932年(昭和7年)に山形県寒河江市で創業した紡績ニット会社。

明治時代は雪深い山形では、冬場は農業ができず養蚕が盛んに行われていました。
昭和に入ると、日本人の衣類は、着物から洋服へと変わり、日本は国策としてウール紡績を強化します。

佐藤繊維は、初代社長、佐藤長之助が羊を飼うところから始め、羊毛を手紡ぎ機で原料を縒り、手編み用の糸を作る紡績業を創業しました。

1954年(昭和29年)佐藤繊維の2代目社長の佐藤忠雄は、梳毛紡績設備を整えて会社化に。

1964年(昭和39年)3代目社長、佐藤安男がニット製造部門を新設し、レディスニットウェアの製造を始める。
1973年(昭和48年)コンピューター制御横編機を導入。

しかし昭和50年代になると海外から安い製品が入ってきて、廃業する繊維会社が続出していきました。

糸づくりから、セーターを作る、素材から製品まで一貫して生産できるメーカーである佐藤繊維も何とか頑張ってきました。

佐藤繊維は特殊糸をオンリーワンのモノづくりから

2005年(平成17年)に4代目となる佐藤正樹さんは、1997年(平成9年)にイタリアの紡績工場を見学して、イタリア人技術者のクリエイティビティに感銘を受け、オリジナルの特殊意匠糸の開発をスタートさせることにしました。

これまでは、お客さんに依頼されて何かを作っていたけれど、自社ブランドを作ってよりよいもの、独自の糸を開発し、糸づくりから製品を仕上げる「日本のモノづくり」を大切にし、オンリーワンのオリジナリティ豊かな製品を世界に向けて発信しようと佐藤正樹さんは考えて行動していきます。

佐藤正樹さんは、ニットの新しい歴史と文化をつくり、世界に発信していくことを目標に、世界各地の山羊や羊の生息地を訪ねて、糸やニットの新しい形を探し続けています。

特殊な糸は、製品の良さから、世界のラグジュアリーブランドから指名買いをされるようになっていきました。

日本の通販番組にも出演、佐藤正樹さんが自ら出演し、こだわりや製品の良さ、メイドインジャパンであることを説明して徐々に売れるようになっていきました。

ミッシェルオバマが佐藤繊維の糸で作ったニットカーディガンを

2009年、米国の大統領就任式で、ファーストレディのミッシェルオバマは、フランスの有名ブランドのカーディガンを羽織っていました。

世界中の人々が注目する黒人初の米国大統領就任式でファーストレディがニットのカーディガンを着るというのは、珍しいことでした。

そして、ニットの糸こそ、佐藤正樹さんが作った佐藤繊維の糸だったのです。

モヘアは、アンゴラ山羊の毛1gを30メートルに伸ばすのが限界とされていました。
しかし、「風雅」と名付けられた佐藤繊維のモヘアは1gで44メートルという繊細で優雅なものでした。

そのモヘアは、佐藤正樹さんが南アフリカで見つけて惚れ込んた゛アンゴラ山羊の毛から作られたものでした。
ミシェルオバマのルーツはアフリカ大陸にあるということでカーディガンを選んだと思われました。

ミシェルオバマが来ていたカーディガンの糸は日本の佐藤繊維のものであることはニュースでも取り上げらました。

この年2009年に、極細モヘア糸と特殊紡績糸の開発で、第3回モノづくり日本大賞経済産業大臣賞を受賞し、世界中に佐藤繊維の名前が知れ渡ることになったのでした。

スポンサーリンク



佐藤繊維のマスク

佐藤繊維のオンラインショップでは、和紙できたマスクを販売しています。
佐藤繊維のニットと和紙を組合わせで作った「和紙ニットマスク」コロナ禍においてマスクは必需品になっています。

「和紙ニットマスク」は、銅の力で抗菌作用、防臭作用があるそうで、糸に銅化合物をコーティングをして織りあげているそうです。

さらに和紙には、吸収性と速乾性に優れているので、着け心地もサラッとストレスフリーのマスクだそう。

何より、洗って繰り返し使えることで、サステナブルな製品になっています。

1枚3000円近くするそうですが、繰り返し使えることと着け心地を加味すると人気になるのもうなずけます。

佐藤繊維の自社ブランドメンズのオリジナルブランド「991」糸からアパレルまで

佐藤繊維の自社のオリジナルブランドはいろいろあります。

手芸糸ブランド「アクセサリーヤーンMASAKI」

「オリジナルの糸作りから編み地の開発、立体的な型の設計やディテールを追求した縫製など、究極のニットを目指して

特殊編みの『SGリブ』を独自開発して強度を高め

2018年、アウトドアブランドの雄「ザ・ノース・フェイス」と共同開発した3D無縫製ニット「グローブフィット」で一躍注目を集めました。

佐藤正樹が逆転人生に出演

佐藤正樹さんがNHKの逆転人生に出演します。
4代目の佐藤繊維の社長として、昭和50年代に海外から安い製品が入ってくる中、廃業する繊維会社が続出する中、独自の糸を開発し、糸づくりから製品を仕上げ、道を切り開いてきた佐藤正樹さんを逆転人生は追います。

2021年5月17日月曜日22:00から放送のNHK逆転人生は

逆転人生「常識外れを貫いた風雲児 世界が驚いた糸を開発」

森泉が感動!世界の一流ブランドが注目する200種類以上の「糸」。太さが変わる!?形や色合いが独創的。繊維会社の4代目が“常識外れ”のものづくりに挑む。持続可能性

番組内容
独創的な糸を次々と生み出す山形の繊維会社。イタリアの展示会にブースを出すとブランド関係者の予約でいっぱいになるという。開発の先頭に立つのは4代目の佐藤正樹さん。90年代アジア産の糸との価格競争で会社が苦境に陥る中、他にはない斬新な糸の開発に乗り出す。太さが途中で変わる糸。常識破りの極細糸…。目指したのは、大量生産・大量消費とは逆のとがったものづくり。持続可能性も意識して新たな糸の開発を進めている。

出演者
【司会】山里亮太,杉浦友紀,
【ゲスト】紡績・ニットメーカー社長…佐藤正樹,
【出演】森泉,岩尾望,
【解説】立教大学名誉教授…山口義行,
【語り】福原耕平

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。