黒島結菜は駆け落ちしなかった!八郎と?スカーレットの女性陶芸家は過去にエピソードもち?!

黒島結菜は駆け落ちしなかった!八郎と?スカーレットの女性陶芸家は過去にエピソードもち?!

スポンサーリンク



黒島結菜(くろしまゆいな)は駆け落ちしなかったスカーレットで

モデルになった陶芸家の神山清子(こうやまきよこ)さんの実体験では、
夫は女性の弟子と駆け落ちしている。

なので、女性の弟子の松永三津が現れ、八郎に気持ちが動いていることは、
表現されていましたが、その後、駆け落ちするのかとワクワクしていたのですが。。

黒島結菜(くろしまゆいな)さんはスカーレットで松永三津役。
陶芸家の弟子にして欲しいと、八郎(松下洸平)と川原喜美子(戸田恵梨香)の元にやってくる。

松永三津は、芸術一家の生まれで、東京の芸術大学を卒業している。

日本中を旅して、各地区の陶芸の土や、貝殻など
八郎の新しい作品にに必要な材料を持っているから弟子にしていくれと、喜美子の絵付け職人時代の先輩に話をしてもらって来たのでした。

しかし、八郎は弟子を取るはないと断ります。

クビにした八郎の元弟子たちが八郎のノートを盗んだのを三津(黒島結菜)が取り返したことから弟子になることに。

三津(黒島結菜)の元カレの話を聞くうちに、三津(黒島結菜)と八郎は同じ気持ちであることに気づいていくのでした。

三津(黒島結菜)は元カレに陶芸を教えたことで元カレが才能を発揮して、賞まで取ってしまったという。

一緒に陶芸をしていたのに、どんどん先を行く元カレに苛立ってしまう自分もイヤになって、今でも大好きだけれど、別れを決心したと言う。

「才能がある人は、無意識に誰かを傷つけている」

と言う、三津(黒島結菜)の言葉に共感してしまうのでした。

八郎も妻の喜美子に対して実は、同じ思いを抱いていたのでした。

スカーレットの予告では

NHKのホームページのスカーレットの三津の役柄紹介をみると

「喜美子が結婚ののちにかまえた、陶芸の工房に弟子入りする若い女性。東京の美術大学を卒業後、全国の焼き物の産地を訪ね歩いてきた。ものおじしない、まっすぐな性格。三津の登場が、川原家に波乱を巻き起こすことに」

三津の登場が川原家に波乱を巻き起こす!

波乱とは、何ぞや?
それは、八郎と三津の関係が怪しくなり。。。。

もしかしたら、駆け落ちしてしまうのでは??
とネット上でも話題になっています。

喜美子のモデルの女性陶芸家のエピソード

喜美子のモデルは、信楽焼の初めての女性陶芸家の
神山清子(こうやまきよこ)さん。

神山清子さんは、実際に夫だった神山易久(やすひさ)さんが
弟子の女性と不倫して、駆け落ちして離婚されています。

交通事故を起こして女性と一緒だったことから不倫が発覚してしまい、信楽の町に知れ渡ってしまい、駆け落ちをされてしまったという経験を持っています。

スカーレットとは違い、神山易久さんが信楽出身の方です。

駆け落ちされた神山清子さんは、信楽に残り、陶器の色を「釉薬を使わずに色を出す」という自然釉の信楽焼を復活させて有名になっていくのです。

釉薬を使わずに色を出すには、炎が大切だったそうです。
2週間、窯で焚き続けるという凄い事をした人なのです。

夫の神山易久さんは、その後、陶芸家として成功をしているようです。

八郎と喜美子の夫婦仲の良さをアピール

八郎と喜美子が出会い、お互いに惹かれあい、
お父さんに許してもらい、婿養子として結婚し、子供も生まれ
男の子が一人。
(神山易久さんと清子さんには男の子と女の子の二人子供がいる)
子どもが寝静まってから、工房に夫婦二人でいる時間が幸せだといい。

夫婦仲の良さをとてもアピールして作っていて、視聴者からも
理想の夫婦だと絶賛されていました。

喜美子は八郎のために新しい作品を作れるようにと
隣で自分が作品を作ることがフォローだと考えます。

そのために、コンクールに作品を出品もします。

実は、それが八郎にとってプレッシャーになっていたという
ことを喜美子は全くわかっていなかった。

と言うのが、これまでの話でした。

夫婦仲の良さをアピールすることがこれからの波乱を際立たせるのでは?

なんて意見もあるのです。

八郎と三津は駆け落ちするのか

モデルだった神山清子さんは、夫に不倫され、弟子と駆け落ちされて離婚という結果になっていますが。

NHKの朝ドラでそのようなことが起こりうるのでしょうか。
夫がいなくなることは多分間違いないのでしょうが、不倫、離婚ではないでは?

というのが、もっぱらの評判です。

スポンサーリンク



八郎と喜美子の息子役に伊藤健太郎が

八郎と喜美子の子供は、武志。
大人になった武志役を「伊藤健太郎」さんが演じることが発表になっています。

モデルの神山家の話に戻ると、お子さんは長女と長男がいます。

息子さんは、賢一さんといって、同じく陶芸家になりました。
しかし、29歳の時に「慢性骨髄性白血病」で倒れてしまいます。

骨髄移植をして、快方に向かうかと思われるも2年後になくなってしました。

そのため、神山清子さんは、骨髄バンクの必要性を訴える活動ははじめ、「滋賀骨髄献血の和を広げる会」の代表を務めています。

2002年12月 『母さん子守歌うたって–寸越窯・いのちの記録』
2005年1月 映画『火火』高橋伴明監督(『母さん子守歌うたって』が原作)

スカーレットでも息子役の伊藤健太郎さんは白血病になってしまうのでしょうか。

黒島結菜と伊藤健太郎は一緒に出るシーンは

黒島結菜さんと伊藤健太郎さんといえばNHKドラマ「アシガール」で共演なさっています。

タイムスリップした戦国時代の若殿が伊藤健太郎さん。
タイムスリップしてしまった女子高生が黒島結菜さんでした。

足軽からのアシガール。
ちょっとコメディも入る戦国時代のラブストーリーで
女子からだけでなく、男子からも人気があったそうです。

伊藤健太郎さんは、朝ドラ初出演。
そこに、アシガールの黒島結菜さんがいたら心強かったでしょう。
同時に出演することはあるのでしょうか。
こちらもチェックですね。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。