荒井輔(あらいたすく)は元青学主将の箱根ランナー!神野大地(山の神)と対決に

荒井輔(あらいたすく)は元青学主将の箱根ランナー!神野大地(山の神)と対決に

スポンサーリンク



青学元主将で33年ぶり出場の箱根ランナー

荒井輔(あらいたすく)さんは、青山学院大学の陸上部の元主将です。
青山学院大学は今でこそ、箱根駅伝の常連校で、優勝するのが当たり前の強豪校ですが、長い事出場できずにいた大学で、原晋監督が一から作り上げたチームです。

原晋監督は、2004年に陸上部の監督に就任。
当初は「箱根駅伝に3年で出場、5年でシード権、10年で優勝争い」と宣言していました。

自ら高校を周り、メンバーをスカウトしチームを作りましたが、
箱根駅伝に出場できたのは、就任5年目の2008年でした。

荒井輔さんは、原晋監督が3年で箱根駅伝で出場すると宣言した
就任3年目の時、予選会で16位に終わった時に1年生でした。

廃部の危機にもあった時期、苦しい時を原晋監督と共に過ごしたメンバーの一人です。

3年生の時に33年ぶりの初出場を果たして1区を走り、4年生は主将を務め、3区を走り見事に8位シード権を掴んだのでした。

原晋監督が絶対的に信頼をおく選手というのは、このことからもうかがえます。

荒井輔のプロフィール

氏名   荒井輔(あらいたすく)
生年月日 1987年4月9日
年齢   33歳
出身地  宮城県
血液型  A型
身長   176㎝
学歴   宮城県立利府高等学校
青山学院大学
職歴   JR東日本 総務部安全企画室

JR時代の体重は58㎏となっています。
現在は??

荒井輔の陸上競技の経歴

中学から陸上競技をはじめる。

宮城県利府高校時代
全国高校駅伝・インターハイに出場。

青山学院大学時代

2007 関東インカレ1500m優勝
2009 関東インカレ1500m優勝
2010 全日本実業団選手権1500m7位
2012 日本選手権1500m3位
2013 日本選手権1500m6位

箱根駅伝
2009年 3年生で1区を走る。
(青学33年ぶりの出場)
2010年 4年生は主将で3区を走る。
(41年ぶりにシード権獲得(8位)に貢献)

JR東日本(実業団選手として入社)

2011年 ニューイヤー駅伝 2区を走る
2012年 日本陸上競技選手権1500m 銅メダル
2015年 現役引退

「記録」

1500m 3分46秒03
10000m 28分50秒05

現役引退後

街ランイベントの企画や市民ランナー向けタイムトライアルの運営に携わる
2018年 教育事業に携わり、子どもたちの育成にも関わる。
2020年3月30日 JR東日本退社
2020年4月1日 代表五ヶ谷と株式会社BEAT SOCIAL SPORTSを設立。

スポンサーリンク



荒井輔と神野大地と対決へ

2020年 勤めていた会社JR東日本を退社して、同じJR東日本の陸上部でJAAF公認ジュニアコーチの五ヶ谷宏司(ごかやこうじ)さんと一緒に子どものためのランニングスクールの会社を立ち上げました。

結婚し、子どももいる中、新型コロナウイルスの影響で苦しい状態が続いています。
JR時代には、58㎏だった体重は、15㎏も増えていました。

そんな時にテレビ出演で神野大地さんと1500mの対決することに。
100日間の特訓し、現役に近い状態でどんな結果になるのでしょう。

決戦当日は、大雨のコンディション。
1500メートル勝負です。

現役との勝負ということでハンデをもらいます。
ハンデは20秒。
距離にすると100メートルほど。

1500メートルの100メートルというとかなりの距離です。

結果は随分追い詰められましたが、何とか逃げ切りました。
なんと荒井輔さんが勝利したのです。

神野大地さんのラストスパートで迫る中、気合でなんとか逃げ切ったのです。

ゴール後、奥さんは大泣きしていました。
おめでとうございます!
やっぱり守るものがあると強くなるものですね。

神野大地さんといえば、青山学院大学のと山の神

青山学院大学の箱根駅伝の初優勝に貢献した選手です。

1993年9月13日生まれの27歳。
「三代目山の神」「山の神野」とも呼ばれました。
2012年青学入学、2年から箱根駅伝を走っています。

2年生、2014年は花の2区 総合5位
3年生、2015年は急遽2区から5区に山登り区間で区間新記録 総合初優勝
4年生、2016年も5区の山登りを走る 総合優勝

大学卒業後は、コニカミノルタで実業団選手して活動後
2018年5月にプロランナーへ転向、マラソン選手として上位を目指いています。

バリバリの現役の神野大地さんと引退して6年33歳、だけど生活がかかっていて、100日間特訓し家庭を守るための崖っぷちの荒井輔さんの勝負はいかに

荒井輔があの輝きをもう一度で挑戦

2020年10月24日(土)18時55分~21時00分の放送の

あの輝きをもう一度☆パパは昔…甲子園&箱根駅伝スター!家族の前で胸キュン決戦SP

パパは昔、松坂大輔のライバル…北島康介が憧れたスイマー…青学伝説ランナー!今は中年太りのパパ100日特訓で胸キュンパパに!家族の前で一流選手に勝てたら豪華賞品

番組内容
北島康介が憧れた日本記録保持者!今は電力会社勤務の49歳パパ
パパは自由形の短距離で4年間日本記録を保持した伝説のスイマー!かっこよすぎて当時、美女五輪スイマーとして話題だった女性のハートもゲット!しかし今は49歳の典型的なオジサン体型に…。金メダリスト北島康介のサポートで100日特訓すると…12キロの減量に成功!対戦相手は東京五輪メダル候補のイケメン現役日本記録保持者!対決の行方は…涙の結末

青学伝説の箱根ランナー!コロナ禍に脱サラ…妻に決意を見せたい33歳パパ
パパは箱根駅伝で常勝青学を作った伝説の主将!原監督もNo.1の才能と認めた天才ランナー!しかし引退から6年、今は15キロ増量…その面影はない。しかも今年、JRを退社し陸上教室を開業したが、コロナの影響で将来不安。妻を安心させたい…その思いで100日特訓!山の神・神野大地と嵐の1500m決戦!衝撃レースに妻が涙…木村佳乃絶叫

かつては松坂大輔のライバル!今はスポーツマネージメント会社勤務の40歳パパ
パパは甲子園であの松坂大輔と延長17回を戦ったPLの天才バッター!しかしあれから22年、今や20キロ増量!中年メタボおじさんに…。しかも今年単身赴任が決まった為、この100日間は家族と過ごす最後の時間に。中学3年の長女に“あの輝き”を見せる為、100日間の猛特訓!総年俸30億の元メジャーリーガーに挑む!驚がくの結末が!

スペシャル企画:伝説メジャーリーガー45歳が家族の前で一夜限りの復活
パパはMAX158キロの剛速球を武器に世界最高峰メジャーリーグで活躍!しかし引退から9年たち、今や体重は106キロに…。そんな元スターパパが一夜限りの復活のマウンドへ!一度もマウンド姿を見たことがない息子たちにカッコイイ姿を見せる為100日間猛特訓!超一流ホームラン王に挑む!初めて見るパパの姿に妻が涙…息子は絶叫。

スペシャルリベンジマッチ
パパは昔、日本最速スイマーで、甘いマスクと肉体美で女性ファンを釘付けに!引退から12年…今はポッコリお腹で子供たちからバカにされている中年パパ。今年3月に猛特訓の末、五輪メダリスト松田丈志に挑戦!残念ながら惨敗した…悔しさを晴らすため再び100日特訓に挑む!だが対決から半年たち体は完全リバウンド。果たしてパパは松田丈志にリベンジを果たせるのか?奇跡の成長にスタジオ騒然

出演者
MC:バナナマン
応援ゲスト:チョコレートプラネット/斉藤慎二(ジャングルポケット)
ゲスト:あばれる君/池田美優/上地雄輔/木村佳乃/小坂菜緒(日向坂46)/フワちゃん/若槻千夏 進行:近藤夏子

株式会社BEAT SOCIAL SPORTSの場所は

東京都世田谷区太子堂1-12-27 コンフォートテラス1005号

活動場所は

〒157-0074 東京都世田谷区大蔵4丁目6-1
世田谷区立総合運動競技場 陸上競技場

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。