佐野元春のライブ40周年記念コンサートのチケット予約は?武道館の追加販売、大阪城ホールで!

佐野元春のライブ40周年記念コンサートのチケット予約は?武道館の追加販売、大阪城ホールで!

スポンサーリンク



佐野元春さんは、1980年シングル『アンジェリーナ』でデビュー。
1982年のアルバム『SOMEDAY』がスマッシュヒットを記録してトップアーティストとして一躍有名になりました。

佐野元春のライブ40周年記念コンサート開催

佐野元春デビュー40周年記念コンサートが行われます。
40周年記念コンサートは、2021年3月13日の日本武道館、4月4日の大阪城ホールの2夜限りとなります。

コロナ禍の中、ファンを勇気づける新作も届けてきたという佐野元春さん。
あたたかみのあるメロディーに言葉を乗せた「この道」や、コロナ後の社会に希望を見いだす「合言葉─Save It for a Sunny Day」がその曲です。

コンサートでは、数々のオールタイムヒットから最新の重要曲まで、40周年に相応しいセットリストでステージにのぞむそうです。

また、今回のコンサートの収益の一部は、コロナ禍の逼迫する最前線において、治療や感染予防に懸命に対応されている医療従事者の方々への支援金として役立てることが発表されています。

公演にあたり『緊急事態宣言』としてメッセージを発信しています。

「無闇に恐れないで 無駄に油断しないで いつものフローで行こう 記念ではなく 祝祭でもなく 唄う理由を知るための まぎれもない証 今ここに迎えた40年ではあるが 今ここで舞台に立てることに感謝  直の場 仮想ではなく現実の場 リアルな場、本物の場 君に会えるのは これで最後になるのだろうか そうであっても そうでなくても 明日は来る ここにささやかな場を 仲間たちに捧げたい 守って、祈って 準備ができたら知らせてほしい 門は開けっぱなしにしておくよ 一緒に過ごそう」

40周年記念コンサートのバンドメンバーは

深沼元昭(Gt)
藤田顕(Gt)
渡辺シュンスケ(Key)
小松シゲル(Dr)
高桑圭(Ba)
加えて、大井スパム(Per)、Dr.kyOn(Key)

ブラスセクションに山本拓夫からなる「THE COYOTE GRAND ROCKESTRA」

佐野元春のデビュー40周年記念コンサートのチケット予約

佐野元春デビュー40周年記念コンサート東京公演チケット一般発売の追加発売

公演日  2021年3月13(土)
公演時間 17:00 開演 ( 15:45 開場 )
会場   日本武道館 (東京都)
発売日  2021年3月6日10:00~2021年3/月10(水) 23:59まで

座席  注釈ステージサイド席  13,000円(※記念Tシャツ付き)

チケットは、インターネットでのみ販売。
店頭、電話での受付はなし。チケットは1人4枚まで。

公演に関するご注意

3歳未満は入場不可。6歳以上はチケット必要。注釈付指定席は、ステージの一部演出、出演者が見えない場合があります。予めご了承ください。

チケット予約は
↓ ↓

icon
icon

⇒⇒ 佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA
icon

佐野元春デビュー40周年記念コンサート大阪城ホール公演チケット一般発売

公演日  2021年4月4(日)
公演時間 17:00 開演 ( 15:45 開場 )
会場   大阪城ホール (大阪府)『ヤァ! 40年目の城ホール』

座席
指定席  15,000円(記念Tシャツ付き)
(※記念Tシャツ(フリーサイズ)は当日会場で)

指定席  11,000円

先行抽選チケット受付期間 2021年3月5日(金) 昼12:00~2021年3月10日(水) 23:59

結果発表開始日時  2021年3月12日(金) 20:00頃から順次

チケット予約

↓ ↓

icon
icon

⇒⇒ 佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA『ヤァ! 40年目の城ホール』
icon

その他注意事項

【感染症予防策について】
新型コロナウイルス感染拡大予防対策を万全に整え開催します。下記のご案内をご確認いただき、お買い求めください。

◆ご来場者情報のご記入
ご来場いただく全ての方に、お客様の情報を提出していただきます。
ご来場者情報シートをプリントしていただき、お名前、ご連絡先、座席番号をご記入ください。
チケットをご購入いただいた方と、当日ご来場いただく方が異なる場合は、ご来場者の情報をご記入ください。
公演当日、チケットとご来場者情報シートをお持ちください。
ご来場者情報シートは、当日の会場にもご用意いたしますので、事前にダウンロードやプリントが難しい場合は、会場でご記入いただいても構いません。
会場内での感染症発生の可能性があった場合、お客様の個人情報を接触者特定を目的として保健所などの公的機関へ提出する場合があります。
お客様にご記入いただきました個人情報は本公演のみに使用し、公演終了3週間保持の後、破棄致します。

◆下記の内容に当てはまる方はご来場をご遠慮下さい
・2週間以内に発熱があった方。咳、鼻水、倦怠感、嗅覚異常、味覚異常、の症状のある方。
・公演2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域への渡航、ならびに当該国、地域の在住者との濃厚接触がある方。
・新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある方。
・同居家族や身近な知人に感染の疑いがある方。

◆検温の実施
入場時に検温をさせて頂きますので、ご協力をお願い致します。37.5度以上の発熱のある方はご入場をお断りさせていただきます。

◆座席について
政府のガイドラインに基づき、会場収容人数、販売座席数を半数以下に削減し、前後左右に間隔を空けております。
2枚以上ご購入の方は1席空けてのお隣同士のお席がご用意出来ない場合がございます。
残席状況によってお席の離れかたは大きく変わります。お席の列違いや、異なるフロア等、大きく離れる可能性もございます。予めご了承ください。
公演中はご自分の座席を離れず、お客様同士の距離を保って頂きますようお願い致します。

◆チケットもぎり
入場の際、チケットのもぎりはスタッフ目視の元、お客様自身で行っていただきます。

◆マスク着用等
会場内ではマスクの着用をお願いします。会場内外での大声で発声、歓声を原則禁止とさせていただきますので、ご協力お願いいたします。(拍手は大丈夫です)

◆消毒による感染予防対策
入場口、ロビーに手指用のアルコール消毒を設置しております。消毒および、こまめな手洗いをお願い致します。

◆3密を避ける対策
3密を避ける為、退場時は規制退場を実施いたしますので、係員の指示に従いご退場下さい。

◆新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」ご登録の推奨
ご来場の前に、厚生労働省が推奨する新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のご登録を推奨しております。

◆その他予防策とお願い
ファンレターやプレゼント、スタンド花等の受け取りはご遠慮させていただきます。
他のお客様の迷惑になる行為に加え、感染予防、感染拡大防止対策に基づく係員の指示に従わない場合、ご退場していただく事があります。その場合、チケットの払い戻しは致しかねますので、ご了承下さい。

佐野元春のプロフィール、生い立ち

氏名   佐野元春(さのもとはる)
生年月日 1956年3月13日
年齢   64歳
出生地  東京都千代田区神田
出身地  東京都台東区 浅草寺近くの下町
学歴   立教大学社会学部
家族構成 両親と妹

父親は会社経営者。母親は元新劇女優で青山のレコード喫茶店のマスター。
小さい頃は漫画家に憧れて、手塚治虫のアトリエを訪れたりしていたという。母に反対され、書いた漫画を破り捨てられたことがきっかけであきらめ音楽に興味が移っていったそいう。

中野区立第四中学校入学前後に、友人からトランジスタ・ラジオをもらって音楽にのめり込んでいくことになります。
アルバイトでギターを購入。
同時に詩にもはまり、中学2年の初夏にヘルマン・ヘッセの「赤いブナの木」にメロディを付けたものが初の自作曲となります。

立教高等学校1年生の時にボブディランを知り影響を受ける。
高校2年生の時にはバイクにはまり吉祥寺のバイク集団に所属。
無謀運転で2度交通事故を起こす。
高校3年生の時に実家の引越しに付いていかず一人暮らしを恥じ?る。
夏休みに知り合ったモダンダンサーに強い影響を受ける。
12月にバンド「バックレイン元春セクション」を結成。
この時に制作された楽曲のいくつかはプロになってから正式に発表されています。

1974年、立教大学社会学部に入学してからも音楽活動は続きます。大学1年生の時に「バックレイン元春セクション」の4人プラス6人の10人でヤマハポピュラーコンテスト(ポプコン)に応募し、関東甲信越地区の代表になるが、本選会で無冠に。

1974年11月、慶応義塾大学の学園祭で佐藤奈々子と知り合う。
彼女にボブディランを聞かせるなどして音楽への道を勧めて
1975年末、大学主催の女性シンガーソングライターのコンテストに出場した際に「鋼渡り」という曲を共作する。

この曲は、1976年3月に優秀賞を受賞します。
1976年秋に佐藤奈々子のデビューが決まってから、プロデュースやマネージメント活動をします。
1977年佐藤奈々子のアルバム『Funny Walkin’』、『Sweet Swingin’』にも参加。
ここで音楽業界の多くの人たちと出会うことになり、裏方の手伝いなどもこなしていきます。

1978年音楽業界の知り合いの薦めでポプコンに再び参加。
「Do What You Like-勝手にしなよ」で関東甲信越地区代表なって、本選会で優秀曲賞を受賞します。

1978年、生活費・学費のために広告代理店に入社。
真野響子のラジオ番組の制作担当になります。
翌年、担当を外されると退社。

1979年、立教大学を卒業
EPIC・ソニーのプロデューサー小坂洋二からミュージシャンとしての勧誘を受け、広告代理店を退社したことでデビューが決定しました。
小坂洋二の紹介でフォーク・ニューミュージック系の芸能事務所ヤングジャパンと契約。
ヤングジャパン初のロック・ミュージシャンとなります。

スポンサーリンク



佐野元春1980年ミュージシャンデビュー

1980年2月からレコーディングに入る
3月21日シングル「アンジェリーナ」でデビュー。

レコーディングの時にミュージシャンの伊藤銀次と知り合う。
4月21日にアルバム『BACK TO THE STREET』を発表
7月から月一でライブハウス「ルイード」でライブを行う。
年末くらいからは他のミュージシャンへの楽曲提供も幅広く行うようになる。

1981年4月からNHKFMラジオの「サウンドストリート」の月曜日の担当となる。
1981年6月シングル「SOMEDAY」を発表。

その後、伊藤銀二の紹介で大瀧詠一と知り合う。
大瀧詠一のおススメミュージシャンとして徐々に名前が知られるようになりました。
そして、1982年5月にアルバム『SOMEDAY』を発表
オリコンアルバムチャートで最高位4位を記録します。

1982年9月から1983年3月までコンサートツアー『Rock & Roll Night Tour』を全40か所で行って全国的に成功を収める。

このツアーで尾崎豊や吉川晃司が影響を受けたという。
人気絶頂の『No Damage (14のありふれたチャイム達)』がオリコンで1位を記録する中、1983年5月にニューヨーク行きを決行。

翌年1984年にアルバムを発表して1985年帰国。

1986年、自身によるプライベートレーベル「M’s Factory」を立ち上げる。
今まで、裏方で音楽制作やビジネスのノウハウを元に、自由な表現フィールドを獲得するためだという。

これまで事務所やレーベルのためにできなかったことが沢山あった佐野元春さんならではの決断だったようです。

責任編集の季刊誌「THIS」を発行したり、日本青年館で月一度の定期ライブを行うなど精力的に活動しました。

デビュー10周年コンサートにはオノヨーコの息子ショーンが参加し、20周年では、1999年8月、国内初の有料インターネットライブ「The Underground Live」を開催。

1999年12月、国内初の有料音楽ダウンロードとしてファンへの感謝を込めたメッセージ曲「イノセント」が販売されました。

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを受けて「光 – The Light」を書き下ろします。

これをMoto’s Web ServerからMP3無料ダウンロードでネット配信すると所属レコード会社から異を唱えられます。
その結果、期間限定配信となりました。

2003年にも自主レーベル「Daisy Music」を発足。

原盤制作および管理は自主レーベルで行い、宣伝と流通はメジャーレコード会社に委託するという、世界的に進むアーティスト主体のメジャーインディペンデントな考えを実践したレーベル形態となっているという。

2010年、デビュー30周年「アンジェリーナの日」と題したライブが3月に東京と大阪のライブハウスで開催。
WOWOW主催のスペシャルライブ「佐野元春30周年アニバーサリープレミアムライブ」も開催されました。

2011年11月7日、ソニーミュージック時代の楽曲がiTunes Storeで販売開始されました。

そして、40周年は東京と大阪城ホールでライブが行われます。

佐野元春の芸能界のファン

沢田研二が大ブレイクしている最中、プロデューサーが佐野元春さんに楽曲提供を依頼するほどで、当時の音楽界を震撼させたといいます。

サザンオールスターズの桑田佳祐さんも佐野元春さんをリスペクトしていて、ひとり紅白歌合戦でも「SOMEDAY」をカバーしています。

現在の芸能界でも、爆笑問題、松本人志(ダウンタウン)、石橋貴明(とんねるず)、山口智充、スガシカオ、小川洋子、野茂英雄、マキタスポーツ、立川志らべ、武田真一(NHKアナウンサー)など幅広い著名人が佐野のファンであることを公言しており、佐野元春さんも彼らに対し分け隔てなく接しています。

とんねるずの石橋貴明さんがファンで『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』や、松本人志さんがファンということあって『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』などのバラエティ番組の出演もしています。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。