丁真(ディン・ジェン)チベット美少年!美しすぎる顔と笑顔が19歳チベット族の少年が観光大使に

丁真(ディン・ジェン)チベット美少年!美しすぎる顔と笑顔が19歳チベット族の少年が観光大使に

スポンサーリンク



丁真(ディン・ジェン)チベット美少年

中国でチベット族の少年がSNSの動画から爆発的な人気になっています。

19歳の少年丁真(ディン・ジェン)。
美しいという言葉が正しいかもしれません。

丁真(ディン・ジェン)の動画がSNSに投稿される

2020年11月に中国のSNSに投稿されるとたちまち人気に火が付いたそうです。
2000年生まれの丁真(ディン・ジェン)さんのSNSに投稿された写真が美しすぎる顔立ちとピュアでスイートが笑顔。

アイドルのような顔立ちで、ついたニックネームは「甜野男孩(てんやなんがい)」いわば、“甘い野性的な男の子”という呼ばれ方をしているそうです。

丁真(ディン・ジェン)さん目当ての社会現象が起こって
大手旅行会社の調査によりますと

・ホテルの予約が、前年の約9割増加。
・飛行機の予約が、前年の約2割増。
・旅行サイトで「理塘」という検索数が、前年の約6.2倍

という状況だそうです。

丁真(ディン・ジェン)はチベット族

丁真(ディン・ジェン)さんは、中国でも少数民族のチベット族で、四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州は標高が平均4200メートルに在住しています。

中国には、56の民族があると言われていますが、その割合は、全国民の9%と非常に少なく、少数民族問題が起こっていることも事実です。

チベット仏教の最高指導者「ダライラマ14世」は1959年の反乱の後、インドに亡命をしています。

中国内では、タブーとされていますが、チベット族の人たちは、写真を隠し持ったりして、今も“生き仏”といって崇拝の対象にしています。

さらに少数民族には、貧困問題もあり、中国政府は「貧困撲滅」を目指し、積極的に支援しているという場所でもあります。

実際に、丁真(ディン・ジェン)さん自身も学校に行けずに家の農業を手伝っていたそうです。

今回の丁真さん人気は、
「民族は違っても同じ中国人として親近感を感じることができる対象」
として民族団結や社会の安定を目指す中国当局にとって、良いアピール対象になるとされています。

実際に、中国外交部の華春瑩報道官が自身のSNSアカウントで
「輝かしい、太陽のように天真爛漫な笑顔!SNS界のスターだ」

投稿したことが話題になっています。

丁真(ディン・ジェン)は観光大使に

SNSの投稿で爆発的な人気になった丁真(ディン・ジェン)さんに
各省、各地から彼を観光大使に起用したいという話が殺到しました。

結果的に、丁真(ディン・ジェン)さんは、自身の故郷であるカンゼ・チベット族自治州・理塘県の観光大使に就任しました。

地元国営旅行会社の観光大使として、月給3500元(約5万6000円)・各種社会保障付き

本人出演のキャンペーン映像『丁真の世界』が2020年11月25日から配信されています。

映像は初日だけで1200万回再生され、「丁真旋風」が再びネットを席巻しました。

地元の観光大使になったことで、丁真さんは、これまでできなかった勉強を小学校から始めているということです。

そして、この人気にあやかり現地の観光局のプロモーションビデオで、観光客をさらに呼び込もうとしています。

丁真の世界

母親のインタビューの謙虚さも話題に

12月に入ってさらに人気に火がついている状態のようです。

丁真さんのお母さんもインタビューされるようになり、戸惑うような場面も。

マスコミのインタビューには、
「人気者になる前の息子の仕事は、主に放牧した馬や牛の世話でした。息子が国有企業に雇われて、正直言って収入がとても安定しました。今後も息子には故郷に貢献してほしい」
と答えています。

そして、何より、丁真さんが

「なぜ人気なったのかは分からないけど、注目してもらえたことで、故郷のPRの仕事がたくさんできるのでうれしい」

今後は
「まずは勉強。会社が手配してくれる仕事一つ一つをきちんとこなしたい。乗馬のチャンピオンにもなりたい」

と地元で頑張っているところが、何よりも魅力的なのでしょう。

ネットユーザーからは
「お母さんも息子も純朴な一家だ」
「前向きで良い」
「三観(世界観・価値観・人生観)がゆがんでいない」
「応援するよ」
「ご家族にまで取材しなくても」
「丁真は故郷の経済に貢献している」
「勉強しても国有企業に入るのは大変なのに、こういう方法で就職できるのか」

と素朴さを応援するコメントが寄せられているそうです。

あの自然の中で見せる笑顔が丁真さんの美少年さをさらに引き立たせているのかもしれません。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。