お試し同棲で引っ越し費用節約で1週間から?期間やマンスリーマンションとの

お試し同棲で引っ越し費用節約で1週間から?期間やマンスリーマンションとの

スポンサーリンク



お試し同棲で引っ越し費用節約

賃貸物件を借りるときにかかる初期費用は、家賃の約6、7倍と言われています。
つまり、10万円の家賃の物件ならば約6、70万円の初期費用に別途引っ越し代がかかるということになります。引っ越し代は少なくても3万円、繁忙期になるとずっと高くなります。

引っ越し初期費用の内訳は

敷金、礼金  家賃の1~2ヶ月分
仲介手数料  家賃1ヶ月分
翌月の前家賃 家賃の1ヶ月、当月の日割家賃
火災保険料  1万5,000円~2万円
鍵の交換費用 1~2万円
家賃の保証料 家賃の0.5~1ヶ月分

(敷金は、退出するときに戻ってくる可能性があり、近年では敷金礼金が0円や初月家賃が無料という物件もあります。)

結婚を考えいるカップルがお試しに同棲しようとしているなら、両家族へのあいさつ。
さらに物件によっては、家賃の連帯保証人が必要な場合があり引っ越しするのは、中々ハードルが高くなっています。

新居にかかる費用は、初期費用のほかに、家具や家電、日用品と新しく揃えるとなるとかなりの金額になってしまいます。

さらに、水道、電気、ガス、インターネットや開設、住所変更などのたくさんの手続があります。

これだけのお金や労力をかけて始めた同棲を、すぐ終わらせるわけにはいかないというプレッシャーで、不満が募り関係が悪化してしまったら、本末転倒です。

そのため、結婚前にお試しで同棲したいと思っていてもあきらめてしまうカップルも多いようです。

同棲のための引っ越し費用を節約する方法に「お試し同棲」という仕組みが最近注目されています。

スポンサーリンク



お試し同棲1週間からSumycaの

好きな交際相手ができて、結婚はまだ考えられないけど一緒に住んでみたい。
結婚をしたいけれど、結婚する前に一緒に暮らしていけるか試してみたい。

別々に暮らしてきた他人同士が一緒に暮らすというのは、戸惑う部分は必ず出てきます。

どんなに大好きな相手であっても生活環境が違う者同士
「自分の常識は、相手には非常識」
「自分の非常識は、相手には常識」とうことはよくあることです。
ハードルが高く同棲をあきらめてしまっているカップルのために「お試し同棲」というものが最近注目されています。

近年の新型コロナウイルスの影響で会う機会が少なくなってしまったカップルの利用も多いそうです。

Sumycaが提案する「おためし同棲」も話題になっています。

Sumycaは、スマホで完結する短期賃貸プラットホームです。
海外からの短期帰国者や出張での短期、長期の宿泊、海外旅行者の民泊などウィークリー、マンスリーマンションを紹介しています。
その短期宿泊の一環で「おためし同棲」というカテゴリーを作ったそうです。

1週間だけ、夏休みだけなど気軽に同棲を始められるサービスです。

お試し同棲の期間は

Sumycaの「おためし同棲」の特徴は、手ぶらで同棲を始められるということです。

初期費用がかからず、家具家電が付いていて、同棲期間の家賃のみでお試し同棲が始められます。

Sumycaの「おためし同棲」の期間は、現在は1週間、原則は1か月が最長のようです。
おためし同棲を始めて、一緒に暮らしていける自信がついたなら、本同棲の物件の探してくれるという同棲カップルには嬉しいサービスです。

おためし同棲の物件の場所は、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、沖縄など中心地が多いようです。

お試し同棲をマンスリーマンションで

Sumycaの物件でなくても、ウィークリーマンションや、マンスリーマンションでも家具、家電付きの物件はたくさんあります。

ずっと一緒に暮らしていける相手なのか見極めるためにもお試し同棲は必要不可欠なサービスになっていくかもしれません。

日本では、家賃は1か月単位ですが、海外では、1週間、2週間が多いようです。
敷金、礼金などの風習も日本ならではのようです。

お試し同棲がもっとメジャーになると、日本の家賃形態も変わっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。