大川繁子さん小俣幼児生活団を平岡佳道「宏歸流 京都庭常」三代目が修復

大川繁子さん小俣幼児生活団を平岡佳道「宏歸流 京都庭常」三代目が修復

スポンサーリンク



大川繁子さんは小俣幼児生活団の主任保育士

大川繁子さんは、1927(昭和2)年9月1日生まれの92歳
現役の保育士さんです。

終戦から4年後、嫁ぎ先の大川家のお姑さんのナミさんの
「保育園でもつくろうかしら」のひと言で小俣幼児生活団ができました。

保育士が足りないとナミさんの指示で、次男の眞さんをおんぶしながら保育士の資格を取ったそうです。

「生活団」は「生活そのものが教育」というナミさんが感化された自由学園を創った羽仁もと子さんの考えからくるのもだそうです。
ナミさんが亡くなって、次男の眞さん25歳で園長、50歳の繁子さんが主任保育士となりました。

足利市の小俣幼児生活団は私立の幼稚園

小俣幼児生活団は、ペリー来航よりも前に建てられた築170年の古民家の園舎で幼稚園として現役で使われています。

敷地は3000坪超もあって、園庭はちょっとした山で、池も梅林も灯篭もマリア像もある。

栃木県・足利市の国登録有形文化財建造物に登録されている私立の保育園。

〒326-0141 栃木県足利市小俣町1412

平岡佳道「宏歸流 京都庭常」三代目が修復

2018年8月放送のテレビ東京の
「神ワザ!修復人~それ絶対直します!~」

日本全国「大切なモノを直して欲しい」という願いを
「修復の神」が職人の神ワザによって見事に蘇らせるという番組に
大川繁子さんは、小俣幼児生活団の荒れ放題になってしまった広い園庭を
「100年前の日本庭園を取り戻す」とSOSを出したのでした。

そこに立ち上がったのが平岡佳道さん、「宏歸流 京都庭常」三代目でした。

京都で寺社のお庭の維持管理・作庭工事などしている庭師さんが
栃木県の幼稚園の園庭を直す事になったそうです。

スポンサーリンク



アマゾンのように荒れ放題の園庭を10数日かけて

「宏歸流 京都庭常」三代目の平岡佳道さんは、7人の弟子を連れて小俣幼児生活団にやってきました。

荒れ放題に園庭に絶句しました。

数日かけて、池の水を抜きヘドロをかき出しました。
池の底に溜まっていたヘドロの量はおよそ80トンだったそうです。機械で運ぶことができず、一輪車で手で運ぶ過酷さ。

次に、生い茂った草木の除去作業。
ここにも数日の時間がかかりました。

6日目から「ここからが本番」と日本庭園を造っていくのでした。
大きな石を運んで、位置を決めるのが大変であり、キモでもある。設計図などはなく、平岡佳道さんの頭の中のイメージと感覚で決めていくのだそうです。
正に職人なのでしょう。

2週間近くかけて夢のテーマパークが完成するのでした。

大川繁子さん小俣幼児生活団の教育方針が話題

大川繁子さんの教育方針が話題になっていて、本も出されています。

保育方針は

「自分のやりたいことに没頭し、自分の頭で考え、自分の能力を発揮できる力(自由に生きる力)と、それに伴う責任を持てる子になってほしい」

そのために

「みんなで一緒に、ではない」
「自分のことは自分で決める」
「お昼寝は強要しない」
「ルールは園児が決める」
「園児に命令しない」

大人の当たり前で叱らない、ダメだしをしないというのです。

さらに給食は2歳からバイキング方式

好きなものを好きなだけ食べられる。
嫌いな物は食べなくてよい。

「子どもには、自分のことを自分で決める力がある。食事のバランスも、だんだん上手に調整できるようになっていく」

というのです。

失敗をしながら、自分が食べられる分だけ、周りの人のことも考えながら、バランスを考えお皿に取っていくようになるんだそうです。

子どもって案外ちゃんと考えてしっかりしていると感じる時は確かにあります。
子ども扱いではなく一人前に接することが大切なのかもしれません。

こどもにダメと言ってはいけないというのは、結構難しいです。
でもそれは、おとなの当たり前が染み付いてしまっているからなんですね。

神ワザ!修復人が2020年8月1日に再放送

2020年8月1日(土)11時30分~13時30分の放送

神ワザ!修復人~荒廃した巨大日本庭園を京都天才庭師が大修復~

“それ絶対直します”神業をもつ修復人が、日本全国で様々なモノをよみがえらせます!
▼100年前の美しい日本庭園を取り戻す!
▼電器店のない島の壊れた家電ぜんぶ直す!

番組内容
▼三重県・神島からのSOS! 電器店がない島 「島民の壊れた家電製品ぜんぶ直す!」
▼足利市・90歳保育士からのSOS! まるでアマゾン!?荒れ放題の庭 「100年前の美しい日本庭園を取り戻す!」
▼栃木市・老舗酒造女将からのSOS! 母から娘へ8代受け継いだ… 「思い出の嫁入り桐ダンスを修復!」

始めの放送から2年たって92歳になった大川繁子さん。
変わらずに現役の保育士として園児と過ごしています。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。