ボローニャの冨安健洋はイタリアセリエAでクラブ月間MVPに!20歳日本代表

ボローニャの冨安健洋はイタリアセリエAでクラブ月間MVPに!20歳日本代表

スポンサーリンク



ボローニャの冨安健洋誕生

サッカー日本代表の冨安健洋はベルギー1部のシント=トロイデンVVから2019年7月9日イタリアセリエAのボローニャへの完全移籍の発表をしました。

移籍金700万ユーロ(約8億5000万円)に成功ボーナスをしっかり払い、冨安自身とは5年契約を結んだ。

20歳、ディフェンダーでのセリエAの移籍と言うのは、日本選手としては珍しいことです。
そして、シーズンが始まって全試合にフル出場しています。

冨安健洋の入団会見で、ボローニャのテクニカルディレクター、ヴァルテル・サバティーニは自信たっぷりに言った。

「まあ、見ていてごらんよ、冨安は今シーズンの大きなサプライズとなるから」

セリエAの「日本人選手」というとテクニカルというより、経済的効果を勘ぐってしまうイタリア人が多いと言います。

そして、ポジションもMFやFWなどがほとんど。
冨安健洋のようなディフェンダーでの移籍は珍しい。

さらにディフェンダーは経験値が大きいポジション。
20歳の若さでディフェンダーで日本人でセリエAのレギュラーポジションを獲得できるなんてサッカーを知っている人ならびっくりすることばかりなのです。

ボローニャの冨安健洋はレギュラーを獲得

ボローニャの開幕戦は、1年ぶりにセリエAに戻ってきたヴェローナとのアウェー戦。

白血病の治療中であるシニシャ・ミハイロビッチ監督が、病院を抜け出しベンチに姿を現し、選手もスタジアムも驚いたという。

冨安健洋はフル出場、本来のセンターバックのポジションではなく右サイドバックでの出場でした。

サイドバックは攻守ともに参加し、運動量の多いポジション。
有効なパスは80回、インターセプトも少なくとも3回と
不慣れなポジションを完璧にこなした。

ボローニャに合流してからの1ヶ月でここまでサイドバックをこなすという高い順応性にも驚いたと取材したイタリア人記者は言っている。

ボローニャの冨安健洋は『ガゼッタ・デロ・スポルト』の
「開幕戦で輝いた新星トップ5」に選ばれ、
ガゼッタ・デロ・スポルトはボローニャの見る目は確かだったと言っている。

スポンサーリンク



ボローニャと言えば冨安健洋

冨安健洋のプロフィールは

冨安健洋(とみやすたけひろ)
1998年11月5日生まれの20歳。
身長  188cm
体重  84kg
福岡県福岡市生まれ。

20歳とは思えない安定した守備で日本代表に欠かせない存在になっている。

2009年に開校したバルセロナスクール福岡校にも在籍
小学校6年生でナショナルトレセンに選出。
中学校からアビスパ福岡の下部組織に入団。

中学3年生時からすでにトップチームの練習に合流していた。
高校2年生の時にトップチームの公式戦デビュー。
高校3年生でプロデビューした。

2018年1月8日19歳でベルギーに移籍。

2019年7月9日 セリエA・ボローニャFCへの完全移籍

A代表は2018年8月30日 キリンチャレンジカップで初招集
10月12日のパナマ戦に10代で2人目の先発メンバーに。
ポジションがセンターバックというベテランが務めることが多いポジションでの10代の冨安健洋のスタメンは大抜擢と言えた。

その後の1月5日から2月1日のAFCアジアカップ2019 準優勝
6月14日から7月7日コパ・アメリカ2019 予選敗退

での活躍が評価され
2019年7月9日 セリエA・ボローニャFCへの完全移籍が発表された。

日本ではボローニャというと「デニッシュ食パン」のイメージですが
冨安健洋がボローニャFCというイタリアのセリエAのチームに移籍したことで
ボローニャはイタリアの都市名だったということもわかりました。

ボローニャFCは昨シーズンは10位でした。
冨安健洋は2019年8月25日の開幕戦から先発出場している。
ディフェンダーでのレギュラーと言うのがすごいところです。

冨安健洋はファンが選出する8月のMVPに選出

冨安健洋はボローニャに移籍してすぐに開幕戦からフル出場サポーター投票で決まるクラブの8月のMVPに選出

すぐにチームに溶け込み、新しいポジションのサイドバックとしてレギュラーを獲得している。

ガゼッタ・デロ・スポルト紙の
ブレークが期待される「注目の若手選手15人」に選出

有名紙が選ぶ「ベストプレーヤー」にも指名されたりと

冨安健洋は高い評価を受けている。

「今シーズンの補強は、クラブとして最高の選手を維持するだけでなく、監督にさらなる選択肢を準備したいと思って進めた。

そのなかで、もっとも“サプライズ”だったのはトミヤスだ。彼はいま、最もスカウトを興奮させる存在だし、そうなるのが普通のことだと思う。日本という非常に遠い場所のフットボール文化で育ち、昨年はベルギーで素晴らしいプレーをした。クオリティーは申し分ないと確信している」

月間MVPに選出された冨安を祝い、ボローニャが劇画調の特製ムービーを作成!

 

この投稿をInstagramで見る

 

?? MVP DEL MESE: TOMI ?????? ?????? #WeAreOne

Bologna Fc 1909さん(@officialbolognafc)がシェアした投稿 –

 

チームからもファンからも期待されている冨安健洋選手。
ボローニャが優勝に絡むことがあれば、冨安健洋選手の貢献が大きいといえるのでしょうか。

日本代表としも頼もしいセンターバッグ。
ワールドカップの予選突破するには、欠かせない存在といえるでしょう。

スポンサーリンク


あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。