荻隆行の顔写真は?一級建築士が嘘の領収書で勤務会社から150万円余罪で1000万円か

荻隆行の顔写真は?一級建築士が嘘の領収書で勤務会社から150万円余罪で1000万円か

スポンサーリンク



荻隆行の顔写真は

荻隆行容疑者の顔写真は、2020年12月15日の夕方のニュースで放送されています。

逮捕されたのは

警視庁荻久保署は、2020年12月11日までに一級建築士の荻隆行容疑者 56歳を逮捕したと発表しました。

逮捕容疑は

2018年、荻隆行容疑者は勤務していた東京・杉並区の建築会社で、嘘の領収書を提出して、現金約150万円を詐取した疑いでの逮捕となっています。

逮捕容疑では、150万円ですが、被害額の合計は1000万円に上るとみられます。

事件の内容は

一級建築士の荻隆行容疑者は、2018年、勤務していた東京・杉並区の建築会社で資材を購入したと、架空の領収書を会社のパソコンで作って提出、現金を受け取っていました。

荻隆行容疑者は、現場の責任者で、会社が専用のカードで清算をするよう求めると、「納品が遅いから」と現金での処理を続けていました。

不審に思った会社が調査して事件が発覚したということです。
一級建築士は資格を取るのが難しい。。残念ですね。

容疑を認めている

警視庁の取り調べに対して、荻隆行容疑者は、容疑を認めています。

「他に1000万円くらいやった」と供述していて、余罪を調べているということです。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。