森政敏、森洋美、中田賢一郎、中沢春香の顔写真は?医療法人さくらライフグループ理事長らが医薬品医療機器法違反で

森政敏、森洋美、中田賢一郎、中沢春香の顔写真は?医療法人さくらライフグループ理事長らが医薬品医療機器法違反で

スポンサーリンク



森政敏、森洋美、中田賢一郎、中沢春香の顔写真は

森政敏容疑者、森洋美容疑者、中田賢一郎容疑者、中沢春香容疑者の顔写真は、2020年のお昼のニュースで放送されています。

逮捕されたのは

警視庁組織犯罪対策5課は、2020年11月5日、埼玉県狭山市の行政書士森政敏容疑者 33歳と母親で無職の森洋美 58歳。
関東を中心に複数の病院を展開する医療法人さくらライフグループの理事長で医師千葉県市川市の中田賢一郎容疑者 50歳と交際相手の看護師の中沢春香容疑者 36歳を逮捕としたと発表しました。

逮捕容疑は

森政敏容疑者、森洋美容疑者の逮捕容疑は、2020年6月、約3ミリリットルの危険ドラッ〇の粉末を東京都の男に1万6000円で売った医薬品医療機器法違反の疑いでの逮捕。

中田賢一郎容疑者、中沢春香容疑者は、2020年9月、群馬県高崎市内で森政敏容疑者から買った危険ドラッ〇の粉末0.32グラムなどを所持した疑いでの逮捕となっています。

事件の内容は

警視庁組織犯罪対策5課によると、森政敏容疑者は、中国から国際郵便で材料を輸入して、〇せい剤やコ〇インの成分に似せたドラッ〇を製造。
植物肥料などと称しインターネット販売し、母親の洋美容疑者が配送を手伝っていたとみられます。

2015年から販売をはじめ、少なくとも30都道府県、160人以上に販売して2億3千万円以上を売り上げていたとみられます。

中田賢一郎容疑者が働く群馬県にあるグループの病院へ出張した際に、2人で使用していたとみられています。

容疑を否認している

警視庁組織犯罪対策5課の取り調べに対して

森政敏容疑者は、「薬物ではない」と容疑を否認しています。

医師の中田賢一郎容疑者は「行為の時などに使った。違法なものとは知らなかった」とやはり容疑を否認しています。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。