東田敏雄の顔写真は?「核のゴミ」問題の寿都町町長に自宅が

東田敏雄の顔写真は?「核のゴミ」問題の寿都町町長に自宅が

スポンサーリンク



東田敏雄の顔写真は

東田敏雄の顔写真は、まだ公開されていません。
公開されましたら追記します。

追記:10月9日に公開になりました。

逮捕されたのは

北海道警は、2020年10月8日、北海道寿都町渡島町のアルバイト従業員、東田敏雄容疑者 77歳を逮捕したと発表しました。

逮捕容疑は

東田敏雄容疑者は、2020年10月8日午前1時20分ごろ、寿都町新栄町の片岡春雄町長の自宅の網戸を焦がすなどした放〇未遂の疑いでの逮捕となっています。

寿都町町長事件の内容は

2020年10月8日午前1時20分ごろ、北海道寿都町新栄町の片岡春雄町長の自宅に火のついたものが投げ込まれました。
1階の寝室とみられる部屋の窓ガラスが割れたほか網戸を焦げたということです。

片岡春雄町長は自力で消火して警察に通報したということで、けがをした人はいませんでした。
現場からは瓶のようなものが見つかっているということです。

寿都町は、原子力発電所の運転後に出る、いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、第1段階となる「文献調査」への応募を正式に決定していました。

警察は東田敏雄容疑者の認否を明らかにしていません。
こうした町の動きと事件との関連についても調べることにしています。

核のゴミの最終処分場問題

2020年10月8日寿都町は、町議会の全員協議会を開き、選定の第1段階になる「文献調査」への応募について意見を交わし、その結果を受けて片岡春雄町長は記者会見を開きました。

応募の理由について片岡町長は「反対の声が多く感じられるかもしれないが、多くの賛成の声も私自身に直接、相当の数がきている。そういう判断の中で私は一石を投じ、議論の輪を全国に広げたい」と説明しました。

片岡町長は近くNUMO=原子力発電環境整備機構を訪れ、直接、文書を提出して調査に応募する考えも示したといいます。

北海道寿都町(すっつちょう)とは

北海道寿都湾に面した日本海側の町でアイヌ語の地名「スッツ」が地名の由来になっています。

寿都町が応募に踏み切った背景には、厳しい財政状況があります。
一般会計の52億円の歳入のうちに町税はわずか2億円。
その他、風力発電による売電収入が2億円、ふるさと納税に伴う収入が10億円など

調査の応募によって得られる最大20億円に交付金は魅力的で
さらに洋上風力発電の誘致にもプラスに働くのではというねらいもあるそうです。

町の住民たちも
「“核”をとるか“過疎”をとるかなら“核”だと考えているので、町長の判断に賛成だ。素晴らしい町長で120点だ」

「商工業者は町の人口が増えないと経営は苦しく、専門家が安全だというのなら、過疎を止めるために『核のごみ』を持ってきてもよいと思っている。今は文献調査に応募する段階なので、話が進んだらまた考えたらよい」

との意見もあるようです。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。