杉野岳の顔写真は?危険ドラッグ製造工場を住宅で闇サイトで仮想通貨取引!

杉野岳(すぎのたかし)の顔写真は?危険ドラッグ製造工場を住宅で闇サイトで仮想通貨取引!

スポンサーリンク



杉野岳の顔写真は

杉野岳容疑者の顔写真は、2020年3月19日のお昼のテレビのニュースで放送されています。

逮捕されたのは

逮捕されたのは、東京都足立区に住む会社役員の杉野岳容疑者45歳ら3人です。

逮捕された3人は、2020年2月25日、
葛飾区堀切の住宅などで危険ドラッグを含む粉末や液体、あわせておよそ230グラムを販売目的で隠し持っていた疑いがもたれています。

製造工場として使われていた

葛飾区堀切の住宅には、液体などおよそ33グラム、3万4000円相当を保管するなどした疑いも持たれています。

この住宅を含む複数の関係か所からは、危険ドラッグとみられる粉末や液体などあわせて10キロ、末端価格にして1億円相当が押収されました。

葛飾区堀切の住宅は、ビーカーなどの器具が使われていて、警視庁は危険ドラッグの密造拠点だったとみています。

闇サイトを使って仮想通貨で取引

杉野岳容疑者ら3人は、匿名性の高い闇サイト「ダークウェブ」
で募って注文受け付けていました。

最初は危険ドラッグの成分が染み込んでいない葉や粉を送って信頼できる客かどうかを確かめたうえで仮想通貨で取引していました。
2015年から4年ほどでおよそ、1億4000万円の売り上げていたとみられるそうです。

さらに500人の顧客リストが押収されたそうです。
そんなにたくさんの顧客がいたのですね、びっくりです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。