服部弘太郎の顔写真は?「鬼滅の刃」海賊版DVDを販売1150万円!マレーシアから600枚押収

服部弘太郎の顔写真は?「鬼滅の刃」海賊版DVDを販売1150万円!マレーシアから600枚押収

スポンサーリンク



服部弘太郎の顔写真は

服部弘太郎容疑者の顔写真は、まだ公開されていません。
公開されましたら追記します。

追記:再逮捕11月16日

追記 ===============================

11月16日、茨城県警は、関税法違反(禁制品輸入未遂)容疑で、再逮捕したと発表しました。

関西空港と中部空港に服部弘太郎容疑者宛てに送られていた海賊版の疑いのある「鬼滅の刃」のDVD600枚を大阪税関が差し押さえていました。
茨城県警は、押収した残りのDVDについても鑑定を進めいるということです。

全26話分を正規品で購入した場合は、合計6万円超しますが、服部弘太郎容疑者は1セット3000円で仕入れていました。

==================================

茨城県警は、2020年10月27日、福岡県那珂川市松原、会社員の
服部弘太郎容疑者 40歳を逮捕したと発表しました。

海賊版DVD販売の逮捕容疑は

服部弘太郎容疑者は、2020年3月ごろ人気アニメ「鬼滅の刃」の海賊版DVDを女性2人に販売し、アニメ配給会社「アニプレックス」(東京)の著作権を侵害した、著作権法違反の疑いでの逮捕となっています。

鬼滅の刃海賊版DVD販売事件の内容は

服部弘太郎容疑者は、ショッピングサイトを通じて人気アニメ「鬼滅の刃」アニメ版全話が入った海賊版DVD3枚組みを2020年3月ごろ、9700円で茨城県内の女性2人に販売しました。

通販サイトでは、「海外版」「CMがない」と宣伝して正規の値段より大幅に安い値段で販売していたということです。
正規の値段だと3万円弱するので、かなり安いです。

これは、配給会社アニプレックス(東京)が持つ著作権を侵害したことになります。

茨城県警に、アニメ配給会社「アニプレックス」から情報提供があったことから捜査を進めていました。

県警が服部弘太郎容疑者の輸入状況を税関に照会したところ、
9月下旬に「鬼滅の刃」を含むDVD約600枚が輸入されていることが分かり、大阪税関を通じて押収しました。

服部弘太郎容疑者の口座には、2019年5月から2020年4月までに
海賊版の販売で売り上げたとみられる1150万円が入金されていたそうです。

茨城県警は余罪があるとみて入手経路などを詳しく調べているということです。

容疑を一部否認している

服部弘太郎容疑者は、「マレーシアから輸入して販売していた」
と話していて

「DVDを売ったのは間違いないが、まずいDVDかとも思ったが、海外で扱われている正規品だと思った」と一部容疑を否認しているということです。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。