曽我文彦の顔写真は?詐欺グループの「換金グループ」の指示役でもあった!

曽我文彦の顔写真は?詐欺グループの「換金グループ」の指示役でもあった
大阪タワマンで一緒のベランダから転落した男性は?

スポンサーリンク



曽我文彦の顔写真は

曽我文彦の顔写真は、公開になっていません。
公開されましたら追記します。

逮捕されたのは

2020年5月28日

警視庁は部屋にいた住所、職業不詳の曽我文彦容疑者 36歳を

詐欺容疑で逮捕しました。

曽我文彦はマネーロンダリングの換金グループの指示役

2020年6月18日、警視庁は、組織犯罪処罰法違反の疑いで
住居不詳の曽我文彦容疑者 36歳を再逮捕したと発表しました。

タイのパタヤで摘発された日本の特殊詐欺グループが宮城県の女性から取った電子マネー50万円分を2019年1月架空の名義で売買を繰り返し、犯罪で得た資金ではないように見せかけた疑いです。

警視庁によると、曽我文彦容疑者は、
タイを拠点とする日本の特殊詐欺グループからの依頼で1億円以上のマネーロンダリング(資金洗浄)を繰り返し現金化する

「換金グループ」の指示役だったとみられています。

マネーロンダリング(資金洗浄)は、1億5000万円以上繰り返していたとみて調べているということです。

曽我文彦容疑者は、別の特殊詐欺に関与した疑いで2020年5月に逮捕されていました。

大阪のタワーマンションで逃げようとした男性が転落していた時の一緒いた人物です。

転落した男性の身元は

大阪市西区南堀江1丁目の38階建てマンションの敷地内で「男性が倒れている」と近くの住民から110番通報ありました。

警視庁によると、大阪のタワーマンションの29階で

特殊詐欺事件の容疑者を逮捕するために
捜査員がいた部屋に入ったところに曽我文彦容疑者と一緒に
いた男性が、ベランダの策を乗り越えて転落して亡くなりました。
大阪府警によると転落した男性は20代から30代くらいで
身元を確認しているそうです。

事件の内容は

2020年5月28日午前10時50分ごろ、警視庁は、特殊詐欺事件の
容疑者を逮捕するために捜査員が
大阪市西区南堀江1丁目の38階建てマンションの29階の一室に入ったところ、

一人の男性は、ベランダの柵を乗り越えて隣のエレベーターホールに飛び移ろうとしたところ、転落してしまったようです。

もう一人が曽我文彦容疑者36歳で逮捕されました。

警視庁と大阪府警が捜査に

ニュースを読んでいると、警視庁と大阪府警という言葉が出てきます。

特殊詐欺容疑で逮捕状を持って逮捕に行ったのが警視庁です。
逮捕状が出ているので、そのマンションに容疑者がいることも
分かっていて逮捕に向かったのでしょう。
しかし、一人が転落してしまいました。

29階のベランダから飛ぶなんて
転落してしまった男性は亡くなってしまって、その捜査は
大阪府警ということになるというわけなのですね。

警視庁は、「捜査上の問題があったとは考えていない」と
コメントをしています。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。