幸家直樹、田村航の顔写真は?フェラーリ転売のため不正に車検通す、「盗難車ロンダリング」組織的盗難か余罪も捜査

幸家直樹、田村航の顔写真は?フェラーリ転売のため不正に車検通す、「盗難車ロンダリング」組織的盗難か余罪も捜査

スポンサーリンク



幸家直樹の顔写真は

幸家直樹容疑者と田村航容疑者の顔写真は、2020年10月9日のお昼のニュースで放送されています。

逮捕されたのは

警視庁は、2020年10月9日、東京・葛飾区の職業不詳、幸家直樹容疑者 37歳と田村航容疑者 32歳逮捕したと発表しました。

逮捕容疑は

幸家直樹容疑者と田村航容疑者は、2019年11月、高級車「フェラーリ」など2台の盗難車について東京足立区の車検場で偽造した証明書を提出して、関東運輸局に登録させ不正に車検を通した疑いが持たれての逮捕となっています。

盗難車ロンダリングの事件の内容は

2019年11月、幸家直樹容疑者と田村航容疑者は、盗まれた高級車を転売するために車体番号を変えるなどして、車検を不正に通したとみられます。

盗難車は正規に転売できないことから、幸家直樹容疑者と田村航容疑者は、盗難車を隠すために、車台番号を不正に変えていたとみられていて
フェラーリも車検を通していたとみられます。

幸家直樹容疑者と田村航容疑者はが登録を申請した2台の車は、2019年大阪で盗難された高級車でした。

自動車に取り付けられていた車体番号は、以前、国外に輸出された別の車両の車体番号に付け替えられていました。

車検場の職員が、証明書の印影が正規のものと異なることなどに気付き事件が発覚したということです。

「盗難車ロンダリング」とは、

犯罪グループは「盗難車」を売る前に海外に輸出された車の「車台番号」を入手します。
この、本来「日本には存在しない番号」を盗難車に付け替えて「再輸入した車」と偽装。
車検で輸入した車として登録されれば、普通の車に生まれ変わるわけです。

国交省自動車局自動車情報課・金子修久課長は
「書類上、確認はしていたが、本当に真正なものであるかどうかの、さらなる確認が不十分であった」とコメントしています。

国土交通省のチェック体制も指摘されています。

容疑を否認している

警視庁の取り調べに対して幸家直樹容疑者と田村航容疑者は、容疑を否認しています。

しかし、関係先からは、盗まれたとみられるフェラーリが見つかっていて警視庁は組織的に盗難車を転売していた可能性あり、
20件以上の余罪があるとみて捜査しているということです。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。