吉野七宝実(よしのしほみ)の干物グラビアカレンダーはいつ?干物グラドルの自宅風呂干物作りをアウトデラックスが密着?!

吉野七宝実(よしのしほみ)の干物グラビアカレンダーはいつ?干物グラドルの自宅風呂干物作りをアウトデラックスが密着?!

スポンサーリンク



吉野七宝実は釣りガール自宅風呂で干物作り

吉野七宝実(よしのしほみ)は、飾らないキャラクター、釣り好きの釣りガールとしてグラビアファンにはおなじみの「しほみん」。

吉野七宝実さんの釣りガール釣り好きは、釣り人や釣り船の方たちにも有名で、自分で釣った魚を自ら干物にしています。
そして、干しているのは、自宅の浴室。その自宅浴室で干物を作っている写真がバズり、6万を超えるいいねが付きました。
干物とグラドルのギャップがバズった?!と話題になりました。

お料理も上手なようですね。
やっぱり、ギャップ萌えですね~。

6万いいねを獲得したとして、「お願いランキング」の人気コーナー「カズレーザーの私って美人ですよね?」に出演したことで更なるいいね。がついたとか。

吉野七宝実はフリーランスの干物グラドル干物グラビアカレンダーが話題に

吉野七宝実さんは、スターレイプロダクションに以前所属していましたが、現在はフリーランスで、お仕事の依頼はTwitterやInstagram等のDMからすることが可能になっているそうで、新しい干物グラドルです。

生年月日は1991年3月5日で、2021年4月現在30歳です。

身長166㎝、体重45㎏
スリーサイズは、86 – 59 – 88 cmのFカップと魅力的がボディですね。

短大在学中からモデルとして活動を始めました。
ボルダリング専門誌の表紙を務めるなどスポーツ女子として活動。競輪専門・SPEEDチャンネルのキャンペーンユニット・スピーチーズのメンバーに選出されましたが、2015年3月にスピーチーズを卒業します。

2016年2月から、秋葉原にあるガールズおむすびカフェ「ガルむす」勤務します。

2016年、オタ芸ユニット「WKAS」を結成。
メンバーは同じスターレイプロダクションの白井香帆(きゃろれる)
2016年9月から11月まで、中国・上海にて動画配信サイト・花椒で動画配信を行っています。

2017年4月より、西口プロレスラウンドガールユニット・西口向上委員会のメンバーとしても活動。

2019年7月25日 – 7月28日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、Kawasakiのレースクイーンを勤めていました。

最近では、アウトデラックスに「干物グラドル」として出演してマツコさんの印象に残るアウトと再出演を果たします。

再出演のアウトデラックスで、吉野七宝実さんの夢は、自分で釣った魚を干物にしてグラビア写真の「干物カレンダー」を作ることと語ると干物カレンダーを作るところを密着取材することに。
旬の魚での干物のために干物カレンダーが出来上がるまでには、1年かかりになりそうですが、アウトデラックスは、吉野七宝実さんの釣りや干物作り、撮影を密着するようです。

スポンサーリンク



吉野七宝実がアウトデラックスで干物グラビアカレンダーを作る釣りロケに密着

2021年4月22日(木)23時00分~23時40分の放送のアウトデラックス


アウト×デラックス【干物グラビア奇跡の作品に矢部マツコ大興奮!!】
前回1月2月の干物グラビアカレンダーが出来上がりました。今回は、3月、4月、5月のカレンダーを作るための釣りの様子が放送されるようです。

番組内容は

干物グラビアアイドル・吉野七宝実。自ら釣った魚を干物にして作品を作っているということで、前回出演時、反響を呼んだ。番組では今年から“干物カレンダープロジェクト”を始動。今回、3.4.5月のカレンダー作りのため、再び釣りロケに。
狙うのは海の3大モンスター。これにアウト軍団・小原ブラス、横川尚隆が同行。はたして釣ることはできるのか

2021年1月21日(木)23時00分~23時40分の放送のアウトデラックス

アウト×デラックス【大反響!干物魚を身にまとうグラビアアイドルと釣りロケへ!】

マツコも欲しい!干物魚を身にまとうグラビアカレンダーの制作過程に密着!!釣りロケの結果やいかに

番組内容
独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティー『アウト×デラックス』。 昨年の放送で大反響を呼んだ干物グラビアアイドル・吉野七宝実。自ら釣った魚を干物にし、それらを身にまとい作品として残す“超アウト”。夢は旬の干物を使ってカレンダーを作成することだと語っていたが、今回、番組スタッフがその夢をお手伝い!釣りに同行する。そして釣った魚で1、2月の撮影が行われたが、その出来栄えは?スタジオで検証する。

干物グラドルとアウト軍団がコラボの話が持ち上がり、ジャニーズの塚ちゃんが立候補に。
干物グラドルにジャニーズが参戦するのでしょうか。
「ししゃものれん」が候補のようですが。。
実現するのでしょうか。

吉野七宝実の干物グラビアカレンダー作りに密着

吉野七宝実の干物グラビアカレンダーを題して、「干物めくりカレンダー」

干物グラドルの吉野七宝実さんは、自分で釣った魚でないと意味がないと言います。
アウトデラックスでは、吉野七宝実さんの釣りからロケ密着しています。

3月、4月、5月のカレンダー作り

吉野七宝実さんさんの干物グラビアカレンダーの衣装調達のため、3月某日、横浜のアイランドクルーズの協力の元、3月、4月の東京湾の巨大モンスターを狙いました。
ロケには、これにアウト軍団・小原ブラスさん、横川尚隆さんが同行しました。雨の中のロケ。

東京湾のアナコンダと言われる「クロアナゴ」。
通常のアナゴは40㎝だけど、クロアナゴは、1mの体長があります。

釣りを始めてすぐにヒットしたのは、小原ブラスさん、1メートル超えをヒット。
吉野七宝実さんも続き、2匹ヒット。横川尚隆さんもヒット。
合計、クロアナゴを5匹ゲットし、3月の衣装調達は終了。

4月は、海のドラゴンと言われる「タチウオ」を狙います。
東京湾のタチウオで手のひらを乗せて、指5本分の幅を超える大物だけが「海のドラゴン」と呼ばれるそうです。
これも釣りに成功し、4月の分の衣装ゲットでした。

5月分の衣装調達には、静岡県南伊豆に小原、横川と離れで狙います。
幻の深海のモンスター「アブラボウズ」を釣りに行きました。
最大体長180㎝重さ90㎏にもなるという。
白身魚の大トロと言われる絶品で釣り人なら一度は釣ってみたいという貴重な魚だそうです。
「アブラボウズ」深さ400mのところにいて船長さんによると、今年はまだ1度しか釣れていない。そして釣れる時期が1月から3月までと期間も少ない。

もちろん、吉野七宝実さんも一度も釣ったことはなく、人生に一度は釣ってみたい魚の一つだそうで、その1回がこの干物カレンダーになったら幸せだと語ります。

糸を垂らして、1投目。
深海の釣りは糸を垂らしてから、釣るまで1時間くらいかかるので、多くても6回しかチャレンジすることができないそう。
船長さんがいうには、1回目でアブラボウズがかかることはほとんどないと言います。

しかし、吉野七宝実さんは、持っていました。
1度目にしてアブラボウズをゲットし、船長から「奇跡」の言葉をもらいました。
続いて2投目、さらに大きいアブラボウズを釣ることができました。

干物グラビアカレンダー作りに挑む

3月は、上から浴槽の中のたくさんのクロアナゴをまみれている
状態を撮りました。今回は干さずにぬめぬめ感を出したということです。

4月はタチウオ、タチウオを開いて全部開かず、上手に隠しました。

5月は、アブラボウズは、40キロの魚の尻尾にタオルを巻いてお風呂場に入れて、上から乗った状態でのポージングになりました。

結局、干物グラビアカレンダーと言いつつ、3月と5月は干物になりませんでした。

釣った魚は、自分でさばいて、ありがたくいただくのが吉野七宝実さん流です。

干物グラビアカレンダー
3月分のカレンダーは、クロアナゴ
4月分のカレンダーは、タチウオ
5月分のカレンダーは、アブラボウズ

1月、2月のカレンダー作り

2020年12月の某日、千葉県いすみ市の4時半に釣り船に乗って釣りに行きます。

寒空の中、狙うのは、新年にふさわしい、マダイです。
1月のカレンダーに使用する予定だとか。

番組のスタッフも手伝って、この日釣れたのは、
マダイ2匹、ベラ1匹、マハタ1匹の合計4匹でした。

吉野七宝実さんの自宅で自ら干物作りの様子も密着。
塩を振って、水分を抜いて、浴室乾燥で1日、干したら干物の出来上がり。

1月分のカレンダーは、マダイ2匹、このままの形を活かして2匹でブラにするそうです。
2月分のカレンダーは、ベラ1匹を開いて、半身ずつでブラにして、「ベラジャー」マハタを開いて、縞模様がキレイな下の衣装「オマハタ」に。

干物が出来上がったところでグラビア撮影に。
グラビア撮影は、両面テープなど使わず、紐以外使わないのも吉野七宝実さんなり干物グラビアの流儀だそうです。

撮影が終わったら、ありがくいただく。
ここまでが、吉野七宝実さん、干物グラビアの役割だそうです。

吉野七宝実の「干物めくりカレンダー」はいつ発売

吉野七宝実さんは、釣り好きで、自ら釣った魚を干物して、それをを身にまとい作品として残す“超アウト”なグラビアアイドル。

夢は、旬の干物を使ってカレンダーを作成することだということで、アウトデラックスの番組スタッフが夢を叶えるために釣りに同行したそうです。

吉野七宝実さんの釣りの様子と干物の様子、釣った魚で撮影を行われて、月のカレンダーが出来たようです。

今回は、1月2月の旬の魚を釣って、干物にして、1月2月のカレンダーを作りました。

1月 マダイ
2月 ベラ&マハタ
3月 クロアナゴ
4月 タチウオ
5月 アブラボウズ

カレンダーの表紙は、6万いいね。をもらった写真。
そして、マツコデラックスのサンプルは「2021」をなっていました。
「干物めくりカレンダー」

旬の魚をこれから取っていくのに、2021年のカレンダーでは終わっちゃったカレンダーになってしまうのではないですか!!
ということで、2022年のカレンダーになりそうですよ!

そして、3月のカレンダーには、3月の旬の「ヤリイカ」に決定のようです。カレンダーが出来上がるまでアウトデラックスの番組の密着が続きそうですね。

どんなカレンダーが出来上がるか楽しみ、番組放送後に大反響になるのでしょう。
2022年干物カレンダーの予約が殺到しそうです。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。