加藤隆生のバンドは「ロボピッチャー」「リアル脱出ゲーム」を考案し、社長に!動員数600万人!

加藤隆生のバンドは「ロボピッチャー」「リアル脱出ゲーム」を考案し、社長に!動員数600万人!

スポンサーリンク



加藤隆生のバンドは「ロボピッチャー」メンバーは

「ロボピッチャー」のリーダーは加藤隆生さん。
加藤隆生さんは岐阜県生まれの京都府育ち。
生年月日は、1974年9月14日の45歳

同支社大学心理学部卒業後、印刷会社に就職する。
しかし、1年半で退職。

2002年1月にポップバンド「ロボピッチャー」を結成。
2004年3月1stミニアルバム「消えた3ページ」
2006年ユニバーサルミュージックよりデビュー。

「ロボピッチャー」メンバーは

伊藤忠之 キーボード・プログラミング・コーラス

ゲーム音楽制作者として「RPGツクール2000」などに携わった後に加入。
劇団ヨーロッパ企画の公演や「リアル脱出ゲーム」にも音楽担当として参加している。

有田さとこ ベース・コーラス
4歳からヴァイオリン、同志社大学在学中にベースを始める。

森崇 ドラム・コーラス
京都市出身。
13歳よりドラムを始め、1990年にレコーディングスタジオを設立
トラックメーカー、レコーディング・エンジニアとしても活動。

加藤隆生はフリーペーパー「SCRAP」からリアル脱出ゲームに

加藤隆生さんは「ロボピッチャー」を結成後は、音楽活動に専念していたが、大ヒットは叶わずにいました。

京都で音楽イベント「ボロフェスタ」を開催するために
フリーペーパー「SCRAP」を創刊します。

2004年7月、京都府京都市を中心に配布しました。

そのイベントに一環で「リアル脱出ゲーム」を2007年7月に京都で開催しました。

元々、加藤隆生さんは、従兄弟と3人で遊んでいた「リアル脱出ゲーム」がヒントになったそうです。

同志社大学で心理学を学んだこともドキドキさせる「脱出ゲーム」を作るのに役になったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



加藤隆生は株式会社SCRAPの社長に

おばあちゃんの家で従兄弟2人で思いつきで始めた
「謎解き&宝探し」ゲームが「リアル脱出ゲーム」の元祖となったのでした。

その面白さに、やむなく参加した従兄弟2人もドはまりし、数分後には「お代わり」を要求する「謎解きジャンキー」になったのでした。

当初、おばあちゃんの家だけだった宝探しの範囲は、やがて総面積42平方kmにまで拡大。

謎解きの難易度や精度も上昇し、ルールも洗練され、いつしかタカオ家の正月行事に定着していた。
噂を聞いた友人らも参加して盛大に行われていたのだが、2001年、惜しまれながら終了してしまいます。

それがイベントとして復活をするのでした。

加藤隆生さんは、「リアル脱出ゲーム」が評判を呼び大人気になりイベントプロデュースを手がけるようになります。

2008年、株式会社SCRAP設立します。

売れないバンドマンが会社社長になったわけです。

2010年 1000人規模のイベント成功
2011年 謎解き会社の社長として上京
エヴァンゲリオンとコラ
2013年 TBSとコラボドラマ
2017年 メットライフドームで1万人動員

現在では、全世界で600万人を動員する「リアル脱出ゲーム」に人気は続いているのです。

加藤隆生「激レアさんを連れてきた。」に出演

2020年1月11日(土)22時10分~23時10分の放送

テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」に

ポップバンド「ロボピッチャー」の加藤隆生さんが出演します。

新年1発目の激レアさんは『従兄弟と3人で始めた何気ない遊びが、全世界で600万人を動員するリアル脱出ゲームに発展しちゃった人』。売れないバンドマンの大成功物語!

◇番組内容
新年1発目の激レアさんは・・・ 『従兄弟と3人で始めた何気ない遊びが、全世界で600万人を動員するリアル脱出ゲームに発展しちゃった人』

出演者

研究員
若林正恭(オードリー)

研究助手
弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

客員研究員
川田裕美、佐藤隆太

リアル脱出ゲームでは600万人を動員するイベントを成功させているのに
加藤隆生さんの単独ライブでは「8人」だったという

それを聞いた若林研究員の付けた激レアさんのラベルは

売れる曲作りの謎はまだ解けていない人」と付けました。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。