スーパーナンペイ事件の場所八王子!現在建物なし|警視庁3大未解決事件のひとつ

スーパーナンペイ事件の場所八王子!現在建物なし|警視庁3大未解決事件のひとつ!

スポンサーリンク



スーパーナンペイ事件の場所は八王子現在建物なし

スーパーナンペイ事件は、1995年7月30日午後9時15分から17分頃
東京都八王子市大和田町の「スーパーナンペイ大和田店」で起こりました。

「スーパーナンペイ大和田店」の場所は、JR八王子駅から北東へ約2キロのところ、東京都八王子市大和田町4丁目26。

現在は、建物は取り壊されてその姿を見ることはできません。

スーパーナンペイ事件は警視庁3大未解決事件のひとつ

スーパーナンペイ事件は、平成の警視庁3大未解決事件のひとつで
捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)の対象事件にも指定されていて、懸賞金は、600万円となっています。
他の未解決事件は、「世田谷一家4人〇害事件」「柴又・上智大生〇人放火事件」です。

スーパーナンペイ事件の被害者は

1995年7月30日21時、スーパーナンペイの閉店後、従業員の女性2人とその日勤務がなかったアルバイトの女子高生の3人が2階の事務所で被害に遭いました。
3人は何者かに、拳〇で頭をうたれて、亡くなっていました。

被害に遭ったのは、パートの47歳の女性と2人はアルバイトの女子高生17歳と16歳でした。
パート稲垣則子さん 47歳
アルバイト前田寛美さん 16歳
アルバイト矢吹恵さん  17歳

女子高生は、近所の公園の夏まつりに一緒に行くために、閉店直前にバイトが休みだった一人が、その日スーパーに自転車で来ていました。

スーパーナンペイ事件の被害の状況は

スーパーナンペイの事務所は、売上金を持って売り場からいったん外に出て、外階段を上った2階にあります。

そんなセキュリティの甘い状況だったにも関わらず、正社員はおらず、パートの47歳の女性が鍵を預かっていました。

1995年7月30日21時スーパーの閉店後、2階の事務所で閉店作業をしたあと、21時15分に事務所の鍵をかけた直後の21時16分にセキュリティが解除になっていたことが分かっています。

そのことから、3人は、鍵をかけて帰ろうとしたところに犯人に出くわし、事務所に押し戻されたとされてことが分かるといいます。
金庫に発砲しているが、威嚇のためではないとされています。
犯人が金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類や被害者の持ち物には手をつけておらず、事務所内を物色した形跡すらも無いことから、犯行は金銭目的ではない可能性もあるとされています。

2階の事務所で発見された状態は、女子高生2人は粘着テープで口を塞がれ、互いの右手と左手を縛られていて、うつ伏せの状態でうしろから至近距離で頭をうたれた状態だったそうです。

パートの女性は体を縛られていなかったが、顔に傷があり追いつめて先に前からおでこをうたれたのち、さらにもう1回うたれていました。

被害の状況が、後ろからと前から、1発と2発と、女子高生とパート女性との違いがここにあると捜査では、みられています。

プロのヒットマンの仕業か

使用された拳〇銃はフィリピン製のスカイヤーズビンガムであることが銃弾をみると分かるそうです。

さらに3人とも脳幹を直撃していること、扱いに慣れていたことも伺えることを考えるにプロのヒットマンによる犯行としか思えないと医師はいう。

それは、犯行当時の事務所内の状況を正確に再現してみると、想像よりも非常に狭い空間の中で犯行が行われており、犯人が拳〇の弾の跳弾などを計算した可能性が高いとも言えるため、プロのヒットマンである可能性がとても高いのではと考えられています。

スーパーナンペイ事件の第一発見者とパート女性の関係

スーパーナンペイ事件の第一発見者は、47歳のパート女性の友人でした。
仕事後に食事に行く約束をしていて、仕事が終わった時点でパートの女性は、電話をしています。
その後、中々現れないので、探しに事務所に行って3人を発見し、通報し事件が発覚しました。

スポンサーリンク



パート女性の怨恨の可能性

犯行の手口から稲垣さんへの怨恨という可能性も捨てきれていません。

被害者の一人のパートの女性は、1年前までスナックを経営していました。

スナックのママの証言によると、その女性は複数の男性とトラブルになっていて、男性を怒鳴ったりと周りは大変だったという証言が出ています。。

この事件が起こった時に、そのスナックあたりでは、通り魔ではなく、その女性を狙ったのではと噂になっていたとそうです。

女子高生との犯行の様子との違いや、金庫にあった現金がそのままだったことなどの理由もあったそうです。

スーパーナンペイ事件の証拠品と線条痕

・線条痕

2020年7月21日のニュースでスーパーナンペイ事件に使われたかもしれない物を2009年に押収していたと警視庁が発表しました。
事件現場に残された「〇弾」「線条跡」と酷似していたことから使用された可能性がでてきたとされています。
2009年に〇力団から押収したもので、フィリピン製のスカイヤーズビンガムだそうです。

現場に残された証拠と似ていることから、これが犯行に使われた可能性があるとされています。

これを持っていた〇力団員は、刑務所に服役していて、入手経路について「絶対に言えない」と話しているといいます。
しかし、この男がスーパーナンペイ事件に関与した可能性は引くととみているそうです。

・ガムテープの指紋

女子高生の口にはガムテープが張られていたが、そこには、女子高生のそれぞれの指紋が残っていて、お互いに貼らされたのだろうとされています。

しかし、右手と左手を繋がれたガムテープには女子高生の指紋はなく犯人が巻いたと思われていました。

そして、一人の容疑者が浮上し、犯人の指紋と酷似した人物とは
今までは指紋の特徴点が4点合致していたのですが、その後、8点まで一致したことがわかりました。

8点が一致するのは1億人に1人と言われているそうですが、警察や司法当局が同一人物と断定出来る基準として定めている「12点」には足らないため、完全に一致した証拠として採用することはできず、被疑者だと断定するには至らなかったという。

・白い車

事件当日の閉店30分前に白い車が目撃されているが、その人物は
白いチェイサーに乗っていたという。

当時、その人物は子供が事故を起こして膨大は賠償金を請求されていてお金に困っていたという。

その人物は、友人に言えば、拳〇は簡単に手に入ると吹聴していたのだという。
しかし、決定的な証拠はなく逮捕までには至らなかった。
この人物は、すでに病死しているそうです。

ザ!世界仰天ニュースで八王子スーパーナンペイ事件を新証拠とともに再現

未解決事件として、番組独自の取材などをして特集されています。

2018年8月14日放送 ザ!世界仰天ニュースは2時間スペシャル

番組予告では

▽「八王子スーパーナンペイ事件」女子高生ら3人を射〇…23年目の新証拠とともにあの日の真実を再現
▽「八王子スーパーナンペイ事件」悲劇から23年。日本の犯罪史上類を見ない残虐な手口…先日明かされた新証拠とともに事件の真実に迫る

真犯人を捕まえることができるのでしょうか

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。