佐藤儀範、井上盛統、鈴木一行の顔写真は?不動産会社「ことは」が2億2800万円法人税違反

佐藤儀範、井上盛統、鈴木一行の顔写真は?不動産会社「ことは」が2億2800万円法人税違反

スポンサーリンク



佐藤儀範、井上盛統、鈴木一行の顔写真は

佐藤儀範被告、井上盛統被告、鈴木一行被告の顔写真は、まだ公開されていません。
公開されましたら追記します。

起訴されたのは

東京地検特捜部は、東京・渋谷区の不動産会社「ことは」の社長の佐藤儀範被告 49歳と別の会社の役員・井上盛統被告  66歳、鈴木一行被告 47歳も在宅起訴されました

脱税で起訴

東京地検特捜部によりますと、東京・渋谷区の不動産会社「ことは」の社長の佐藤儀範被告は、知人が経営する不動産会社に架空の契約書を作るよう依頼。

架空のコンサルタント料の名目で振り込みをした後、現金を戻させるなどの手口などを使っていました。

2019年3月期までの1年間にテナントビルの用地を売却して得た所得、およそ2億2800万円を隠して、法人税などおよそ5900万円を脱税したとされていています。

井上盛統被告と鈴木一行被告はそれを手助けしたとされています。
2019年6月、東京国税局査察部が法人税法違反で東京地検に告発していました。

隠したお金の大半は、事務所内の社長室で現金のまま保管されていました。

脱税を認めていた

東京地検特捜部は、3人の認否を明らかにしていませんが、

東京国税局査察部に告発して時点で、不動産会社「ことは」は
取材に応じて

「税務当局からの指摘を真摯(しんし)に受け止め、捜査に全面的に協力していく」

とコメントしていました。

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。