メドウは、ポールウォーカー1人娘でモデル!『ワイルド・スピード SKY MISSION』のラストシーンが泣ける

メドウ(ミドゥレインウォーカー)は、ポールウォーカーの一人娘でモデル!『ワイルド・スピード SKY MISSION』のラストシーンが泣ける

スポンサーリンク



メドウ(ミドゥレインウォーカー)はポールウォーカーの一人娘

ポールウォーカーは代表作「ワイルド・スピード」シリーズで甘いマスク、ブロンド、ブルーアイのハリウッドの大スターです。

「ワイルド・スピード」シリーズ第7弾の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影中に車の事故で40歳という若さで亡くなってしまいました。

メドウは、ポールウォーカーの一人娘。
1998年頃交際していたレベッカ・ソテラスとの間にできた子共です。
二人はすぐに破局してメドウは母親とハワイで暮らしていました。
しかし、レベッカは、深刻なアルコール問題があったとかで
メドゥがポールに一緒に住みたいと申し出たいう説があるそうです。
2011年にポールはメドウを引き取ってロサンゼルスでの二人の生活が始りました。
計算すると、メドウが12歳か13歳の時になります。

メドウはモデルとして活躍

メドウ(ミドゥレインウォーカー)のプロフィールは

名前   メドウ・レイン・ウォーカー(Meadow Rain Walker)
生年月日 1998年11月4日生まれ
アメリカ合衆国カリフォルニア州出身
身長   160cm

2011年に父と一緒に暮らすようになってたった2年
2013年11月30日に父のポールウォーカーは突然事故死してしまいます。
悲しみはとても大きかったでしょう。

現在メドウはモデルとして活躍されています。
2020年4月に21歳となったメドウがアップした動画が
話題になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

??????

Meadow Walker(@meadowwalker)がシェアした投稿 –

新型コロナウイルスでおうちにいなければならないことを
励ますためにアップされたのでは?と言われている。

未公開の動画は、ポールの誕生日にメドウがトレーラーのクローゼットに隠れていてサプライズでお祝いした様子を撮影したものでした。

ポールはいきなり現れた娘に驚きベッドに倒れ込み
「〇ぬほど驚いたよ!」と言いながら、満面の笑みで娘を抱きしめる姿でした。

メドウは
「この動画をシェアするなんて思ってもいなかった。けど、今だと感じたの。いい子にしていて。みんな愛してる。安全でいてね」
とコメントしている。
ポールのファンや、当時の仲間からも好反応だとか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I never thought I’d share this. But it felt right. Be good. I love you. Stay safe. xx

Meadow Walker(@meadowwalker)がシェアした投稿 –

ワイルド・スピードシリーズの時系列

世界中で人気2021年には最新作の第7シリーズが公開になります。
ワイルドスピードは番号表記がないので、サブタイトルだけでは
いくつめのシリーズがちょっとわかりにくい。。

ワイルドスピードのシリーズ時系列

日本の公開日を表記

1. ワイルド・スピード        2001年10月20日
2. ワイルド・スピードX2       2003年8月23日
3. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 2006年9月16日
4. ワイルド・スピード MAX      2009年10月9日
5. ワイルド・スピード MEGA MAX    2011年10月1日
6. ワイルド・スピード EURO MISSION  2013年7月6日
7. ワイルド・スピード SKY MISSION  2015年4月17日
8. ワイルド・スピード ICE BREAK   2017年4月28日
スピンオフ
ワイルド・スピード/スーパーコンボ 2019年8月2日
9. ワイルド・スピード/ジェットブレイク 2021年予定

ワイルドスピードのすべてのシリーズはU-NEXTでみることができます。


⇒⇒ U-NEXTへ

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のラストが泣ける

2013年に撮影していた第7シリーズの「ワイルド・スピード SKY MISSION」。

撮影途中の事故でポールは、帰らぬ人となってしまいました。
製作は、一時中断されましたが、なんとか撮影を終えました。

それは、ポールの2人の弟ケイレブとコディが代役として出演したからでした。

ポールが撮り終えることのできなかったアクションシーンや、シーンとシーンのつなぎでポールの代役を担当するなどして、完成させたといいます。

ラストシーンは、ファンのみならず涙せずにはいられない追悼シーンとなっています。

2020年4月25日(土)21時00分~23時30分

土曜プレミアム映画で「ワイルド・スピード SKY MISSION」が
放送になります。

テレビ放送となると、追悼のラストシーンはカットされることが多いそうですが、今回の放送はノーカットでの放送です。

スポンサーリンク



「ワイルド・スピード SKY MISSION」のあらすじは

番組内容
ヨーロッパでの過酷なミッションをやり遂げた凄腕のドライバー、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と仲間たち。すべての罪は帳消しとなり、帰国を許された彼らはロサンゼルスで自由に暮らせるはずだったが、彼らの平和な時間は新たな敵の出現によって打ち砕かれる。ある日、ドミニクの携帯電話が鳴った。電話の主は、謎の男ーー“すぐに俺を知るようになる”というメッセージの直後、届いたばかりの荷物は大爆発を起こし、ドミニクらのスイートホームは破壊される。謎の男の正体はデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。ヨーロッパで彼らが逮捕した凶悪犯オーウェン・ショウの兄にして、伝説的な元英国特殊部隊員。イギリス最強の殺し屋は、弟を廃人にしたドミニクたちへの復讐(ふくしゅう)に燃えていた。かくして、ドミニクと仲間たちは、またしても戦いの中に飛び込んでゆく。
出演者
ドミニク: ヴィン・ディーゼル(楠大典)  ブライアン: ポール・ウォーカー(高橋広樹)  ホブス: ドウェイン・ジョンソン(小山力也)  レティ: ミシェル・ロドリゲス(甲斐田裕子)  ミア: ジョーダナ・ブリュースター(園崎未恵)  ローマン: タイリース・ギブソン(松田健一郎)  テズ: クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(渡辺穣)  ラムジー: ナタリー・エマニュエル(坂本真綾) エレナ: エルサ・パタキー(坂井恭子)  ミスター・ノーバディ: カート・ラッセル(大塚芳忠)  ジャカンディ: ジャイモン・フンスー(立木文彦)  デッカード・ショウ: ジェイソン・ステイサム(山路和弘)

ポールウォーカーの遺産はすべてミドゥ(メドウ)に

2013年11月30日年に40歳の若さで亡くなったポールウォーカーさん。
遺言に遺産2,500万ドル(約25億円)のすべてを娘のミドゥ・レイン・ウォーカー(メドウ・ウォーカー)に相続するようにしてあったそうです。

メドウさんは当時15歳だったので、遺産の管理人が必要で
管理人は、メドウの母親のレベッカさんではなくて
ポールの母親のシェリルさんがなったそうです。

レベッカさんとの確執があるのか、ポールの意向なのでしょうか。

遺産で『ポール・ウォーカー財団』設立、慈善活動を

メドウは『ポール・ウォーカー財団』という慈善団体を設立しています。

海の保護活動や、海洋研究の資金援助などポールが行っていた慈善事業を引き継いだ形となっています。

ポールウォーカーのプロフィール

氏名   ポール・ウォーカー(Paul Walker)
生年月日 1973年9月12日
没年月日 2013年11月30日(40歳没)
出生地  カリフォルニア州グレンデール
死没地  カリフォルニア州サンタクラリタ
国籍   アメリカ合衆国
身長   189cm
職業   俳優
活動期間 1975年 – 2013年

イングランド、アイルランド及びドイツ系

母親はモデル
父親はアマチュアボクサー
父方の祖父”アイリッシュ”ビリー・ウォーカーもプロボクサー

母親がモデルだったため、2歳から赤ちゃんモデルとして活動

1980年代前半には子役として活躍、B級映画やテレビシリーズへの出演していた。

高校時代は芸能活動はせずに普通の高校生活を送っていた。
途中に子役時代のエージェントから声がかかりアルバイト感覚で
俳優活動を再スタートさせる。

高校卒業後は、生物海洋学を学ぶも俳優活動との両立は難しく、復学、休学を繰り返していたという。

1990年後半頃からルックスの良さからティーン映画への出演が多くなる
1999年の『バーシティ・ブルース』『シーズ・オール・ザット』あたりからティーンの間で注目される。

2001年アクション映画『ワイルド・スピード』が大ヒットして
世界中に知られる大スターとなりました。

ポールはチャリティーイベントの帰りに事故

ポールは慈善活動にも力を入れていました。

亡くなった時もチャリティーイベント(フィリピンの台風罹災者のための資金提供を募るもの)に出席していました。

2013年11月30日、イベント後、ポールはロジャー・ロダス(Roger Rodas、38歳。ポールの友人でレーシングドライバー。資金面での相談相手にもなっていた人物)が運転する

赤いポルシェ・カレラGTの助手席に乗り帰る途中、

15時30分 (PST)、アメリカ・カリフォルニア州のサンタクラリタで車はコンクリート製の街灯や街路樹に衝突し、直後に爆発、炎上した。

制限速度45 mph (72 km/h) のところ、100 mph (160 km/h) 近くのスピードを出していたことが防犯カメラによって記録されていたという。

ポールは大の自動車好きとしても知られています。

ワイルドスピードシリーズに登場したトヨタ・スープラや
日産・スカイラインGT-Rを、実生活でも所有していました。

そんなこともあってなのでしょうか、メドウは21歳の時に来日しています。

イケメンで娘も可愛がり、慈善事業もしていた人のいいポールが
こんな若くて亡くなってしまうのは、今更ながら残念です。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。