マスクが暑い時に電動ファン付きマスクが活躍!子ども用も

マスクが暑い時に電動ファン付きマスクが活躍!子ども用も

スポンサーリンク



マスクが暑いと息苦しさや頭痛に

コロナ禍において、マスクが手放せない状況の中、夏の暑い時期のマスクはつらいものです。

マスクをしたまま運動中に息苦しさから具合が悪くなってしまって救急搬送などという事例も出てきています。

マスクをすることで頭痛になるという方も多数でてきていて、マスクは現代にとって必要なものではありますが、同時に「ストレス」になっているということは間違いないようです。

マスクが暑く熱中症を気を付ける

夏には、熱中症に注意。
これは毎年のことになっていますが、コロナ禍においては、さらに気を付けなければならないようです。

マスクを付けていると、蒸れて暑苦しく感じます。

人は暑くなると汗をかいて、汗を蒸発させて気化熱を利用したり、皮膚の温度を上げることで、熱を外に出し、体温を調節しています。
体温の調節ができずに体内に熱がたまってしまうことで熱中症となってしまいます。

熱中症には、エアコンを利用することは大切なことです
でも、コロナ禍とあって、換気扇などで換気をすることも忘れてはいけないところがツライところでもあります。

熱中症には、なんといっても水分補給が大切、水だけでなく塩分の補給も忘れないことです。

暑くてもマスクを着けていることで、喉が渇いていることすら感じない場合があるそうで時間を決めて水分をとることを意識した方がよいようです。

マスクが暑い時の対処法

マスクを着けていると、息の熱を外に発散することができないで体内に熱をため込んでいき、体温が上がってしまいます。

しかし、マスクをしていることで、口内の湿度があるため、喉の渇きを感じにくく熱中症を発しやすい状況になっていまいます。
水分補給はいつもより意識してすることが大切です。

顔から熱が逃げにくい分、他の場所から逃がす工夫をおススメします。

まずは「三つの首」から、首、手首、足首。
冷やしたタオルを首に巻くのも効果大です。

そして、洋服の色も大切。
熱を吸収しやすい、黒や濃い色を避けて、素材も通気性や発散性の良い素材にすることも大切です。

マスクが暑い時の対策のひんやりグッズ

夏になるとショップでもひんやりグッズのコーナーが出入り口付近に大きく設置されています。

最近の売れ筋は、ポータブル扇風機。首にかけられるものが人気だとか。

下着や、マスクの素材で、ひんやりを感じる素材も多く出ているので、それらを選ぶことがよいのではないでしょうか。

マスクと子どもの脳発達

マスク生活が当たり前になっている現代で、あることが専門家から言われていることがあります。

「マスクと子どもの脳発達」についてです。
脳発達がマスクをすることによって影響があると専門家が言っているのです。

6歳までの子どもは、コミュニケーションを通して脳を発達させているといいます。

「他者の動く表情」が乳児の脳と心の発達にとても重要なのだそうです。

できる限り表情を見せることが大事なので、限定された関係の中ではマスクを外して過ごすことを心がけることが大切なようです。

スポンサーリンク



マスクが暑い子ども用電動ファン付きマスク

フィリップスの電動ファン付きマスクは、子ども用も発売になりました。

子どもにとって、息苦しさの影響からも、マスクをしなくてもよいとされています。
実際に暑い夏にマスクをして体調を崩してしまったお子さんもいるからです。

 

電動ファン付きマスクをつけることで、息苦しさからかなり解放されるようです。

探してみたら、いろいろなところから発売されていました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


mamマム365 - にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。