ジェイクパターソンは13歳のジェイミークロスを88日間もバブラー判事の判決は?

ジェイクパターソンは13歳のジェイミークロスを88日間もバブラー判事の判決は?

スポンサーリンク



ジェイクパターソンの事件の内容は

2018年10月15日、アメリカ・ウィスコンシン州で起こりました。
アメリカ・ウィスコンシン州バロンにあるクロスさん宅から警察に携帯電話による通報を受けました。

警察が駆け付けると、ジェイミークロスさんの両親の
ジェームズ(James Closs)さん56歳とデニース(Denise Closs)さん46歳は銃によって変わり果てた姿で発見されました。

お母さんのデニースさんは、バスタブに隠れていたのを発見してまでの犯行でした。

そして、娘の当時13歳のジェイミークロスさんの姿がありませんでした。
米連邦捜査局(FBI)は全米で捜査を行いましたが、ジェイミーさんの姿は見つかりませんでした。

88日間後、ジェイミーは自力で脱出

ジェイクパターソンは影が薄く、集合写真にもカメラ目線をしない
周囲から浮いた存在でした。

高校に出てもろくに働きもせずいました。ジェイクパターソンがやっと働こうと
チーズ工場に出勤する初日に犯人のジェイクパターソン(当時21歳)はスクールバスに乗るジェイミーさんを見かけました。

にっこり笑ってくれるジェイミーに心奪われてしまったのでした。
そして、チーズ工場は2日しか出勤しませんでした。

そして、入念に準備を始めたのです、目指し棒、車のトランクのレバー外し、銃。
準備が整った13日後の10月15日犯行に及んだのでした。

ジェイクパターソンは家に押し入り、ジェイミーさんの目の前で両親を亡き者にしてしまいます。

その後、ジェイミーさんを、自宅のウィスコンシン州から約105キロ北に離れたジェイクパターソンの自宅に連れて行くのでした。

4畳半ほどの小さな部屋で食事もまともに与えてもらえませんでした。
それから自力で脱出するまでの88日間、その家に閉じ込められていました。

ジェイクパターソンが出かけるときは、ジェイミーさんをベッドに下に入れ、出られないように重しで塞ぎ、大音量でラジオをかけて行きました。

一度、クリスマスの日にベッドに下から抜け出そうと試すもジェイクパターソンに
見つかってしまい、またひどい目に遭ってしまいます。

88日間、チャンスを待ったのでしょう。
2019年1月10日、午後ジェイクパターソンが出かけた隙にジェイミーさんは自力で脱出。

マイナス10度の雪の中、近くを散歩していた女性に保護されました。

その中の一人が行方不明になったニュースを知っていてジェイミーさんの顔を覚えていたために警察に通報し、
直後、ジェイク・トーマス・パターソン(Jake Thomas Patterson)を拘束して、逮捕しました。

スポンサーリンク



バブラー判事の裁判での判決は

ジェイミーさんは、裁判に出席することはできませんでしたが、
陳述書を出します。

「いまでは家の警報をセットしないと眠ることができません。
以前は友達と外出するのが好きでした。
学校に行くのが好きで、ダンスを踊るのが好きでした。
彼はそれらすべてを私から奪ったのです。
いまの私には表に出ることなどできません。
怖くて、不安でたまらなくなるのです。
私のような女の子ならごく当たり前にやるようなことですが、私にはできません。彼にすべて奪われてしまったからです

ジェイク・パターソン被告は決して私を打ち負かすことができません。
私は、彼が背負うべきだと思う刑罰を判事に伝え、彼に打ち勝ったと感じています。
彼は私の両親を奪いました。
私の好きだったこともほとんど奪いました。
88日間、彼は私自身も奪おうとしました。
彼は自分が傷つける相手、〇す相手が誰だろうと気にも留めませんでした

彼は永遠に牢屋に入れておくべきです」

ジェイクパターソンは、犯行を認めていました。
弁護士は情状酌量を求め、ジェイクパターソンも

「自分がやったことを取り消すことができるなら、どんなことでもやるでしょう。死んだってかまわない。2人を生き返らせることができるなら、それこそなんでもやります」

と罪を反省していることを訴えます。

バロン郡巡回裁判所のジェームズ・C・バブラー判事は判決を下します。

「私の見解では、被告は間違いなく、この地球上に現存する最も危険な人物の一人です」

「今回の判決で何より優先すべきは、一般市民の保護です。他の一般市民は自由と公正を享受してしかるべきです」

ジェイクパターソンの判決は

父親のジェームズ・クロスさん、母親のデニースさんに対する〇人罪では2件とも終身刑、

ジェイミーさんに対する88日間の監禁罪では40年の禁固刑が言い渡されました。

土曜プレミアムでジェイミークロスの脱出を

2020年2月15日(土) 21時00分~23時10分 の放送内容

土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ5 〇人者の微笑み


番組予告では

(1)13歳少女vs謎の〇人鬼…夫婦惨〇は恐怖の少女誘拐事件の始まり…地獄の監禁88日全記録
(2)世紀の悪女vs母を〇された娘…毒〇、誘惑、国際指名手配…追跡900日

番組内容は

世界で起きた衝撃の大事件、大事故、感動の物語…実際にあった、まさかの大逆転ストーリーを描くシリーズ特番の第5弾!ドラマのような劇的状況や事件の真相を描く緊迫のVTR。スタジオでは出演者の目の前で犯行現場を大迫力のプロジェクションマッピングで再現する。事件の目撃者となり、謎を解く鍵を視聴者と一緒に“体感”できる情報ドキュメンタリー番組だ。

■消えた13歳の少女を追え!恐怖の監禁88日間の全記録2018年10月、アメリカ・ウィスコンシン州の民家で惨劇が起こった。通報を受けた警察が駆けつけると、夫婦の射〇体が発見された。しかし一人娘のジェイミー・クロス(13歳)の姿はどこにもない。
銃を持った謎の男によって両親を〇され、100km以上離れた山小屋に連れ去られ、監禁されていたのだ。果たして彼女は、この生き地獄のような監禁生活から生還できるのか?

■海を越えて逃亡した「世紀の悪女」!母を〇された娘…2年半執念の追跡 ニューヨーク在住のロシア人女性・ナディアは、ロシアに住む母親の隣家にビクトリアと名乗る美女が引っ越してきてから、母親と連絡が取れなくなった。心配してロシアに帰国すると、家に母親の姿はなく、隠し財産も消えていた。さらに防犯カメラの映像をきっかけに、ビクトリアが母親を〇していたことが発覚。ナディアは、捜査官を誘惑して国外へ逃亡した悪女・ビクトリアを探し出せるのか?

出演者

矢部浩之(ナインティナイン)  出川哲朗  小島瑠璃子

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。