Pocket

ichikoro(イチコロ)は、ichika(イチカ)、川谷絵音のインストバンド!川谷絵音が語るインストバンド最強説とは

スポンサーリンク



ichikoro(イチコロ)の結成秘話

ichikoro(イチコロ)はインストゥルメンタルバンド(インストバンド)。
Instagramの演奏動画が国内外で大きな話題を集めている
ギタリスト・ichika(イチカ)の呼びかけで結成された。

ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんがichikaのインスタ動画を見て
ダイレクトメッセージを送ってやり取りをするようになり
お寿司を食べに行くようになり、セッションをするようなり
このバンドが結成されたと言います。

ichika(イチカ)とは

川谷絵音 曰く
「これから日本で一番有名になるであろう、世界トップクラスの技術を持ったギタリスト」

24歳医学部出身の
180㎝のイケメン
妹のためにお弁当を作ったりもする

その動画がこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

name it

ichikaさん(@ichika_mo)がシェアした投稿 –

トラックも作っていて、これから海外の有名アーティストを作るのでは?
グラミー賞とかこれから取るのでは
などこれから間違いなく活躍するでしょうと川谷絵音さんは言っています。

ichikoroのメンバーは

One(Gt)
ギター担当。ichika名義でも活動している。

Think(Gt)
ギター担当。川谷絵音名義でindigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイに所属している。DADARAYでは楽曲プロデュースを務める

Holy(Ba)
ベース担当。休日課長名義でゲスの極み乙女。、DADARAYに所属している。

M(Key)
キーボード担当。ちゃんMARI名義でゲスの極み乙女。に所属している。

Vista(Gt)
ギター担当。景山奏名義でNabowaに所属している。THE BED ROOM TAPE名義でソロ活動もしている。

Sugar(Dr)
ドラムス担当。佐藤栄太郎名義でindigo la End、MISTAKESに所属している。DJ有るジェルゴットリッヂ名義でDJとしても活動している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ichikoro first show in BODYSONG. FALL WINTER 2018 Collection. Have you heard our first EP yet? Go check @ichikoro_official and swipe left for next show dates

ichikaさん(@ichika_mo)がシェアした投稿 –

川谷絵音が語るインストバンド最強説とは

関ジャムで川谷絵音の持ち込み企画として、インストバンド最強説を熱く語っています。

インストゥルメンタルバンド(インストバンド)とは

・楽器のみで構成されたバンド
・楽器に特化しているからテクニックがスゴい
・ボーカルがないのでメロディは広い音域
・ボーカルがないのでバンドの音量が大迫力
・言葉の壁がないから世界中でウケる

日本では、世界ほどインストバンドの地位が確立されていない。
インストバンドの曲はあまりランキングに上がってこない。
しかし、日本にもインストバンドは数多くいてその実力は
世界でもトップクラスだと言います。

川谷絵音が押す日本の実力派インストバンド

toe(トー)

世界でトップクラスだという日本のインストバンドの中でも
川谷絵音が押す世界でブレイクしている
「日本人最強インストバンド」とは

「toe(トー)」だと言います。

メンバー

山嵜廣和(やまざきひろかず)(Gt)
インテリアデザイナーとしても活動
美濃隆章(みのたかあき)(Gt)
レコーディングエンジニアとしても活動
柏倉隆史(かしくらたかし)(Dr)
サポートドラマー(木村カエラなど)バンド「the HIATUS」のドラム
山根敏史(やまねさとし)(Ba)
ファッションデザイナーとしても活動
クロックスの日本支社創立メンバでもある。

バンド活動がなくてもそれぞれプロ中のプロの仕事をしている
このメンバーでそれぞれ自分の仕事をこなしつつ
世界中でツアーを行っている。

なので、リハーサルに入れない。
海外16公演中、1回入れればいい方だそう。
つまり、リハーサル1発で揃う凄腕たちの集まり。

toeの曲はCMなどにも多く使われ知らず知らず聞いているという。

その一つがポカリスエットのCM

「砂漠」

その中でも川谷絵音の柏倉隆史さんのドラムの
スネアのゴーストの音がすごいという。
プロにしかわからないレベルですねぇ。。

スポンサーリンク



LITE(ライト)

2003年結成、4人組

メンバー
武田信幸 (Guitar)
楠本構造 (Guitar & Synthesizer)
井澤惇 (Bass)
山本晃紀 (Drums)

計算されたギターフレーズとバンドアンサンブルは唯一無二
海外での活動が多い。

「Bond」

mouse on the keys(マウスオンザキーズ)

2006年結成
キーボード2人とドラムという独特な編成
2018年 北米14公演を成功させた

メンバー
川崎昭(ドラム・キーボード)
清田敦(ピアノ・キーボード)
新留大介(ピアノ・キーボード)

とにかく美しいピアノと複雑に絡み合うドラムが印象的

「最後の晩餐」

NOMO(ノモ)

1999年結成

ワールドツアー年150本観客動員数は10万人
イギリスの音楽誌(NME)は「神の音楽」と賞賛

メンバー
Takaakira ‘Taka’ Goto (ギター)
Tamaki (ベース、ピアノ、グロッケンシュピール、キーボード)
Yoda (ギター)
Dahm (ドラム)

「Requiem For Hell」

NUITO(ヌイト)

2004年結成

ギター・ベース・ドラムの3人編成

予測不能の展開
メロディがトリッキーな凄バンド

メンバー
平井慶一郎(ひらいけいいちろう)
ギター担当。また、すべての楽曲の作曲も務める。両手タッピング奏法に様々なエフェクトを多用する。
友藤淳(ともふじあつし)
ベース担当。両手タッピング奏法やタッピングハーモニクスを多用する。
長畑晴(ながはたせい)
ドラム担当。2016年6月の活動再開より加入

とにかく曲調がよく変わる。
様々な実験的な曲を生み出すバンド

「NeKoMaJiN vs」

川谷絵音のインストバンドジャンル分け

川谷絵音がインストバンドをジャンル分けすると

1. オーガニック系
2. クリーン甘美系
3. ジャズ系
4. エレクトロニカ系
5. 轟音系
6. 千手観音系

に分けることができるといいます。

1. オーガニック系

バイオリンやピアニカなどの優しい音色が特徴

NABOWA(ナボワ)
今日の空

2. クリーン甘美系

アメリカのポストロックバンドの先駆者
甘く心地よい音色を奏でるバンド

TORTOISE(トータス)
Ox Duke

3. ジャズ系

修正などはせず、リアルなサウンドを追求。

indigo jam unit(インディゴ ジャム ユニット)
escape

4. エレクトロニカ系

「toe」の美濃(Gt)がエンジニアを務める。

miaou(ミアオウ)
Hello World

5. 轟音系

スコットランド出身の爆音インストバンド
ポストロック界で最も影響力のある重鎮

Mogwai(モグアイ)
Glasgow Mega-Snake

6. 千手観音系

様々なテクニックを使い複雑な構成の音楽を作るのが特徴

2004年結成 ギター・ベース・ドラムの3人バンド
NUITO(ヌイト)
消えらるる世界

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。