Pocket

鮫嶋純則と竹内美恵の顔写真は?薬事法違反で逮捕
!「がんや生活習慣病に効く」と効能をうたう

スポンサーリンク



鮫嶋純則(さめしますみのり)と竹内美恵(たけうちみえ)容疑者の顔写真は

逮捕されたのは健康食品販売会社社長鮫嶋純則(さめしますみのり)容疑者70歳と
社員の竹内美恵(たけうちみえ)容疑者53歳

竹内容疑者の顔ははっきり映っていない
はっきりしたのが出次第追記する。

逮捕容疑は

「天彌エキス」という未承認の医薬品などを男女7人に約28万円で販売した疑い

二人は、全国450人に対し、約4800万円を売り上げていたとみて警視庁は調べている。

二人は容疑を否認している

鮫嶋容疑者らはホームページで客を募り、錠剤を1つ1万2000円ほどで販売していたという

「天彌エキス」とは、未承認の医薬品で
「万病に効く」「変異したガン細胞に対して増殖抑制作用がある」などとうたっていた。

「(Q.天彌(商品)を飲むとがんはどうなる?)がんは消えていきますよ。体の中が綺麗な体液になっていくから、うんでいるものがだんだん取れて小さくなっていく。しまいには消えていく」

「( Q(法律に抵触する)認識はなかった?)なかったなかった。薬事法というのはあっても、そんなくだらないことで人を縛っているはずがない」(鮫嶋純則 容疑者)

そんな夢のような薬があったら、素晴らしい。
本当に悩んでいる人の藁にもすがる思いを無下にする
弱みに付け込んだ、ひとい商売だ。

スポンサーリンク


薬事法違反

健康食品は、「医薬品の世界に入り込む」ことをすると無承認無許可医薬品と捉えられ、薬事法に違反となる場合がある

医薬品とみなす判断基準があった時、健康食品でも医薬品とみなされる。

1.原材料が、専ら医薬品として使用される成分本質であるか。
2.原材料が該当しなくても
(1) 医薬品的な効能効果を標ぼうするもの
(2) アンプル形状など専ら医薬品的形状であるもの
(3) 用法用量が医薬品的であるもの

最大で5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金

ホームページを覗いてみると

体の異常を修正する巧妙なしくみに免疫システムがあり、私達の腸にも腸内免疫システムが出来上がっています。

体に有害な物質が入ったり、生産した場合、攻撃し排除するシステムが腸内免疫または腸管免疫と呼ばれるものです。

この免疫システムが正常に働くためには、腸内細菌の善玉菌が優勢でなければなりません。この大役を担っているのが大豆タンパクをベースに長期間発酵熟成させてできた乳酸菌マイクロ熟成エキス(天彌)なのです。

腸内環境を改善し、難病克服と健康維持に最も信頼できるものと確信しております。

腸内環境の善玉菌を増やして、免疫力を上げるという最もらしいことがうたってある。
信じてしまう人も多いかもしれない。
原材料や、用法、用量など、気をつけてチェックしないといけない

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。