Pocket

青野航は剣道でアメリカのデトロイト剣道大会の優勝者
ぶっこみジャパニーズで世界のニセJAPANに正しい日本の技術をドッキリ伝授!

スポンサーリンク



『ぶっこみジャパニーズ』第10弾

人気シリーズの第10弾。
放送は2017年12月28日19時からの3時間スペシャル。

剣道の達人、青野航とは

アメリカのデトロイト剣道大会の優勝者

5歳から剣道を始めて剣道歴21年
現在4段

24歳の若きサムライ。

東京都中体連 個人優勝
東京都代表 関東大会ベスト8
都内有数の剣道強豪校を卒業

防具に「東京 久明舘」が付いていた

将来日本を背負って立つ若きサムライが考える剣道とは

「相手を敬う武道」
勝ち負けを楽しむスポーツではない

最も大事なのは
「精神」の部分、礼儀を重んじるということ

剣道本来の精神を学ぼうとしない人には
剣道をして欲しくない」

とまで言い切る。

レイクランド大学ジャパン・キャンパスのFacebookに
2015年秋学期編入生として名前があった。
なので、大学生か卒業したかくらいの年齢のようだ。

Facebookでも彼らしき人を見つけた。
確証がないので、こちらもはっきり次第追記する。

ネットの情報によると
日本にいるときは「東京錬武会」の所属していたとあった。
東京錬武会は東京都板橋区で活動している剣道道場だとある。
昭和28年から活動している伝統ある道場のようだ。
週3回も稽古している道場

潜入するの道場は

アメリカのマサチューセッツ州の道場へ

「Zannshinn kennjutu 龍虎」空手や忍術と書いてある。
そして、入口にはなぜか鳥居があった。

ポールに「Zannshinn」の意味を聞くと
「攻撃しようとしていることを相手に気付かれるな」だといった。

本当の意味は「残心」と書き
だらしなくない事や気を抜かない事や卑怯でない事であり、裏を返せば「美しい所作」の継続ともいえる。
武道における残心とは、技を決めた後も心身ともに油断をしないこと。
剣道においては打った後の足の運びをいう。

潜入1日目

道場主は自称剣道9段のポール
ポールの師匠は誰かと聞くと空手や忍術のニックセリオ先生だという。

ポールは警察官だったが日本の武術にはまり、
24年前に道場を開設したという。

段はどうやって決めているかと質問すると
ポール先生が決める。

先生の付き人を30日間したらテストを受けられるがあるという。

装備の仕方

ポールは
手ぬぐいはバンダナ風で立ったまま二人一組でつけ始めた。
「その方が効率的だろう」とポールはいう。

剣道では礼儀を重んじるためしきたりがある。

着用するのは武士の正装、
防具は正座してつける。立ったままつけるなどはとんでもないことだそうだ。

手ぬぐいの巻き方は
1.汗が顔に落ちて来ないようする。
2.頭部への衝撃を抑える
3.面の劣化を防ぐ

意味もあり、真ん中と前が厚くなるように巻いている。

そして、防具をつける。

これらはすべて一人で行う。

練習が始まると

礼もなく初めもなくいきなりのチャンバラ
状況が悪くなると蹴りまで入れるありさま。

何より、ポールが使っていた竹刀は小学生の長さだった。
長さの規定があるということすら知らないようだ。

次の練習では、青野に新入りだからと剣道の胴の上に
白帯を巻く始末
潜入した青野航さんの顔は悲しい顔になっていた。

2日目はクリスマスツリーの買い付けのお手伝い。
戻っての練習は空手やら、忍術だか、剣道と言えるのか
まるでわからない練習。

アイスホッケーのステックでテニスボールを打ち
そのボールを竹刀でよけろというのだ。

剣士にすれば、竹刀をそのような扱いをするなど考えられない。
片手で持つことさえ無礼なのだ

若きサムライ、青野航には屈辱でしかなかったようだ。

潜入を終え剣道サムライとして剣道ショーを行う

Zannshinn道場の一同はじめ、地元の人たちも本物の剣道を見物にやってきた。

まずは基本練習から

切り返し・・・これを繰り返すことによって剣道の基本動作を体得できるという。動きの速さに観客は息をのむ

ここでコメント
「日本の剣道は相手を傷つけるものではありません。
相手を敬い、礼儀を重んじる武道で礼に始まり、礼に終わります」

Zannshinn、残心の意味は
剣道では打った後の足の動き、これがないと一本にはならない。

ポールが「聞いたか、あれがZannshinnだってよ」
「全然違いましたね。」

続いて「小手」大きな声を出さなければ、これも一本とはみなされない。
ポール「叩けばいいんじゃないんだ」

次は胴、剣道では相手の防具に当てる際、その名称を言わないと一本にならない。
「知らないことだらけですね」とポールにマイケルが耳打ち

続いて「突き」
これは相手の喉に突きを入れること、この動作ができると攻撃の幅が広がる

これに対して道場では「ツケと言ってましたよ」と
マイケル「恥ずかしい」

Zannshinn kennjutuとの剣道サムライのスペシャルマッチへ

もちろん支度は立ったままみんなに手伝ってもらう

一人目の対戦はポールの一番弟子5段のマイケル
開始五秒でメン、その後すぐに胴で終了。

二人目はポール、秒殺1秒でメンが入り、次も1秒でメンを決める。

そして、いよいよ青野がメンを取り、素顔を明かす。
もちろんZannshinn kennjutuの一同は驚く

しかしマイケルは「戦えて光栄でした」とコメント。

青野は「正しい剣道を教えます」というと
一同礼儀正しく「ハイ」

礼儀を伝授し、最後に袴をプレゼントし物故見完了!

番組のコンセプト

番組ホームページでは

いま世界中で大人気の日本文化「クールジャパン」。
しかし、修業もせずにブームに乗っかった「ニセジャパン」が海外で急増中…。
そんなダメダメな「ニセジャパン」を、日本が誇るカリスマたちが正体を隠して潜入調査。
各分野の和のカリスマが「ニセジャパン」をドッキリ指導し、正しい日本の技術を伝授する!
大好評につき第10弾!今回は「寿司」と「剣道」の2本立て、3時間スペシャルでお送りする。

「剣道編」では、アメリカのデトロイト剣道大会で優勝を果たした青野航が、アメリカの「ニセ剣道」を潜入調査! はたして「ニセ剣道」をドッキリ指導できるのか!?

剣道編では、剣道のレベルは世界でもトップクラスだというアメリカで、ハチャメチャな剣道道場を発見。

道場のスタイルはルール無用、竹刀を振り回し相手を叩くこと。
勝つためには手段を選ばず、向かってきたら蹴り飛ばすという。
そんなダメ剣道道場を、アメリカのデトロイト剣道大会で優勝を果たした日本剣道界期待のホープ・青野航が潜入調査する

ぶっこみジャパニーズのみどころは

本来、日本の伝統のものを間違って独自の手法をしているもの。

以前では、相撲や寿司、柔道などを放送してきた。
現地の人は本物を知らないから、そこで行われているものが本物だと思ってしまう。

そこで、その道の達人が潜入し、その後、本物を伝授するというもの。

そこで、感心するのが、案外、間違いを認め、素直に正しいことに取り組む姿だった。

カメラが入っているかもしれないが、日本人としては、うれしいことだ

 

スポンサーリンク


デトロイト・オープン剣道トーナメントとは

青野航さんが優勝したいわれるデトロイト・オープン剣道とは

アメリカは剣道のレベルは高い国だと言われている

このトーナメントは毎年2月に行なわれており、全米各地やカナダからの多数の剣士が参加する米国北西部屈指の大きな規模となっている。

その要因としては、デトロイト剣道道場の師範である田川順照剣道が数少ない剣道範士八段であり、指導にも定評がある上、本トーナメントには例年、日本から国内トップクラスの剣士(教士)や高名な剣道家を招いていることがある。

田川氏は1975年、米国内における剣道普及のために渡米し、現在、全米剣道連盟会長、並びに国際剣道連盟副会長に就いている。世界剣道選手権大会での強化委員長を務めた経歴もある。加えて昨年、八段の中でも特に秀でた剣道家に与えられる最高位“剣道範士”の称号を受称。さらに、平成28年度外務大臣表彰を授与された。
引用:http://www.japannewsclub.com

約300名の選手が参加する大きな大会のようだ

そんな大きな大会で優勝しているのだから青野航さんは達人といっていいだろう

青野航さんが潜入する剣道場とは

レベルの高いアメリカでハチャメチャなルールを使っている道場があるのはびっくりだ

剣道で足を使っていいとは聞いたことのがない。
それがまかり通っている道場とはどんなところなのか。

青野航さんははじめは剣道初心者として潜入しなければならない。
できることをできないようにすることは難しいことのようだ
そこも楽しみかもしれない

もう一つの潜入は

南アフリカの寿司ブームに寿司職人が潜入する

近年、寿司屋が増え「寿司ブーム」だという南アフリカ。
そんな南アフリカのヨハネスブルクで、とんでもない寿司屋を発見!
寿司のピザやドーナツ、マヨネーズやテリヤキソースがベースの変わったソースの寿司など、
日本ではありえないとんでもない寿司の数々を提供する寿司屋を、日本の寿司職人がドッキリ指導する!

潜入する寿司職人は地引淳さん

どんな人なのか調べてみたら

ご自身でもツイートしてた

世界でも寿司ブーム。
ホントの寿司を食べたことのない南アフリカの人に食べさせてあげるのは
いいこと。
前回の寿司の女性経営者は、生のお魚やちゃんとした酢飯や卵焼きを教えられて
とても納得していた。
海外でナマのお魚を食べることは少ないと聞くが、是非お寿司のおいしさを
味わってほしい。

番組出演者

MC
おぎやはぎ(小木博明、矢作 兼)

ゲスト(50音順)
飯豊まりえ
高橋英樹
瀧本 誠
松木安太郎
森公美子
和田正人

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。