Pocket

門田明子(かどたあきこ)の顔写真は?墨田区役所の臨時職員「置いてあるものを見ると取りたくなってしまう」とコープ商品を

スポンサーリンク



門田明子の顔写真は

門田明子の顔写真は、テレビのニュースで公開されています。

逮捕されたのは

墨田区役所の臨時職員 門田明子(かどたあきこ)容疑者 48歳。

玄関先に置いてある届けられたコープ商品を取った行く。
「置いてあるものを見ると取りたくなってしまう」という
墨田区役所の臨時職員とは如何なものか。

逮捕容疑は

2018年9月5日、墨田区の60代の女性宅の玄関前に配達された
生協(生活協同組合)の宅配サービスの商品。

ヨーグルトやトイレットペーパーなどの商品16点、5000円相当を盗んだ疑いで警視庁に逮捕されました。

商品を取られた60代の女性は

「カバーがとられていたので変だなと思って、これを家の中に入れて見たら、中身は空っぽでした。全部持って行かれました」

逮捕のきっかけは

逮捕されたきっかけは、盗難があった家の近所の防犯カメラ。
その防犯カメラには、

門田明子容疑者が商品を手に持ち、現場から立ち去る様子が写っていたということです。

門田明子容疑者は容疑を認めている

逮捕された門田明子容疑者は取り調べで

「置いてあるものを見ると取りたくなってしまう」

と容疑を認めています。

スポンサーリンク



門田明子容疑者の余罪を追求

墨田区の現場周辺では、同様の被害が10件ほど被害が相次いでいるということで
警視庁は門田明子容疑者が関わっていないか、余罪を追求しています。

墨田区役所の臨時職員

逮捕されたのは墨田区の臨時職員だった。
墨田区として頭の痛い事件でしょう。

「置いてあるものを見ると取りたくなってしまう」

という供述から、盗難は日常化していたようにも感じる。

常習の万引き犯と同じように
反省したとしても、精神的ケアが必要な例のように思える。

マラソンの元オリンピック選手の女性が捕まっても
何度も繰り返してしまう。

悪いとわかっている。
反省も十分している。
二度としないと思っている。

それでも繰り返してしまうのは、ケアが必要なのでしょう。

そうした、取り組みが国レベルで日本も進むといいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。