Pocket

野崎達也の顔写真は?横浜のひき逃げ事件、逮捕されるのがイヤだった

スポンサーリンク



野崎達也の顔写真は

野崎達也の顔写真はまだ公開になっていない。
公開され次第追記する。

事件が起こったのは

2018年1月3日午前5時20分頃。
神奈川県横浜市鶴見区の県道で

76歳の男性が倒れているのを通行人が見つけ
「ひき逃げじゃないか」と警察の通報した。

男性は自転車に乗っていたと思われ、衝突の跡があり、倒れていたという。

男性は頭をケガしていて重体だったが、その後亡くなった。

スポンサーリンク


その後、車を発見

警察はひき逃げ事件として捜査していた。
市内で車を発見

車は左前方のライトが壊れていた。
その部品が現場のものと一致した。

警察は事情を聴いているとニュースが出ていたが
4日未明、野崎達也容疑者が逮捕された。

警察に捕まるのがイヤだった

調べに対して野崎達也容疑者は

「警察に捕まるのがイヤだった」と供述
ひき逃げしたことを認めている

飲酒があったのか

野崎達也容疑者は「警察に捕まるのがイヤだった」と言っている。野崎達也容疑者が飲酒をしていたかは、明らかになっていないが

朝の5時20分、ひき逃げするということはありえるかもしれない。

逃げたいきさつなどわかり次第追記する。

ひき逃げとは

ひき逃げとは、道交法で定められた
「救護義務違反」と「報告義務違反」

ひき逃げは逃げたことが注目されがちだが
法律では3つの罪がある
・運転を止めなかったこと
・負傷者を直ちに救護しなかったこと。
・警察に連絡しなかったこと。

● 直ちに運転を停止する義務(事故発生直後に現場を去らない等)
● 負傷者の救護義務(負傷者を安全な場所に移動し、可能な限り迅速に治療を受けさせること等)
● 道路上の危険防止の措置義務(二次事故の発生 を予防する義務)
● 警察官に、発生日時、死傷者・物の損壊の状況や事故後の措置、積載物を報告する義務
● 報告を受けた警察官が必要と認めて発した場合に、警察官が到着するまで現場に留まる命令に従う義務

 

野崎達也容疑者はこの3つとも罪に問われると思われる

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。