Pocket

逗子ストーカー事件、平井竜一逗子市長110万円の支払いを妥当と控訴せず!三好梨絵さんの夫が逗子市に訴訟の判決!

スポンサーリンク



逗子ストーカー事件とは

2012年11月6日、神奈川県逗子市のアパート1階居間で
フリーデザイナーの三好梨絵さん(当時33歳)が元交際相手の
小堤英統(当時40歳)に刃物で死亡させられた。

その後小堤英統は同じアパートの2階の出窓にひもをかけ自ら命を立っている。

二人の交際は

二人は2004年ころから交際し、2006年の男が納得しないまま別れた。
三好梨絵さんは2008年の夏に結婚
新婚生活をFacebookに投稿したことから
2010年4月頃、小堤英統が知ることになってしまう。

その頃から嫌がらせメールが届くようになる。
「お前だけ幸せになるなんて許せない」というような内容が多かったようだ。

2011年4月になると「刺し〇す」などと被害女性を脅すメールが1日に80通から100通送りつけられた。

三好さんは警察に相談し、6月に脅迫罪容疑で逮捕された。
懲役1年・執行猶予3年の有罪判決が確定している。
7月にはストーカー規制法に基づく警告が出され、
9月には被害女性の家に防犯カメラが設置された。

2012年3月下旬から4月上旬にかけて、計1089通に上る嫌がらせメールが届いた。
内容は「「結婚を約束したのに別の男と結婚した。契約不履行で慰謝料を払え」などと書かれていた。

警察に相談するが、警察は違法行為に該当しないとして立件を見送る。

4月上旬以降はメールが届かなくなったと三好さんは警察に申し出ている

嫌がらせが収まっていたこともあり被害女性は借りていた防犯カメラを返却してしまった。

スポンサーリンク



住所を調べる手立ては

まず、2011年の逮捕の時、逮捕状を読み上げた時に
三好さんの結婚後の苗字、転居先の市名などを知ることができてしまった。
小堤英統はその後執念深く地域を絞っていった。

そして探偵事務所に三好さんの住所の調べを依頼することに。

情報を漏らした逗子職員は名乗り出なかった

探偵は6月に京葉ガス(千葉)に契約者を装い氏名を聞き出した
「不正競争防止法違反」だが、
同様の手口で逗子市役所からも三好さんの住所を聞き出した疑い

逗子市役所は「三好さんの情報にアクセスしたログ(記録)があったが、関係者に聴取したが、
外部流出の確認はできなかった」(小田鈴子副市長)という。

納税課長も「不可能というか、考えられない。電話では本人の確認が困難なので、個人情報とかは伝えないのが大原則だ」

と説明し、誰が電話を取り、住所を教えた人が分からなった。
そのため、刑事事件としての立件は見送られた。

探偵は有罪になっている

逮捕されたのは小浜博敏(59)と菊島毅(42)

調査会社の実質的経営者の男=偽計業務妨害罪などで有罪確定=

の裁判が15年1月に終わり、

男が市納税課から電話で住所を聞き出したことを認めた

ストーカー被害者として住民票情報の閲覧制限などの措置を申し出ていたにも関わらず、

住所を教えてしまったことになる。

そして、住所を知った翌日に事件が起こってしまった。

夫が民事裁判を起こした

三好さんの夫(46)は

2016年10月25日、住所を加害男性側に漏らした逗子市に対し、

守秘義務違反・プライバシー侵害により100万円の損害賠償、慰謝料を求める訴訟を横浜地方裁判所横須賀支部に起こした

12月26日に行われた第1回口頭弁論で、逗子市側は守秘義務違反とプライバシー侵害は認めたが、職員が当時どのような経緯で漏らしたか知らないと主張し、請求棄却を求めていた。

そして、2018年1月14日、判決が出た。

住所を逗子市職員が漏らしたのはプライバシー侵害にあたるとして、

裁判所は慰謝料など110万円の支払い命令が出た。

住所を知ったことで事件が起こるとは繋がらないということで
110万円という金額になったようだ。

平井竜一逗子市長は妥当と

平井竜一逗子市長はこの判決を妥当し、控訴をしない方針を示した。

「今後ともこのような情報漏えいを決して起こさぬよう、最大限の取り組みを続けてまいります」と述べた

三好梨絵さんの夫が会見を開いた

「(判決を受けて)命に関わる情報が漏れたことに対しての100万円という金額が提示されたというのは、今後、情報漏えいが起きてほしくないという警鐘を鳴らす意味では十分ではないか」

と話した。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。