Pocket

藤田菜七子騎手は騎乗停止になった理由は?復活での勝利は?
JRA16年ぶりに誕生した女性ジョッキーが騎手になって初めての騎乗停止を受けてしまった

スポンサーリンク



藤田菜七子騎手の騎乗停止期間は

2017年11月3日~同11日までの9日間(開催4日)の騎乗停止になっている。

騎乗停止の理由は

10月29日、新潟競馬第6レースで1人気に支持された、枠順10番のサイモンゼーレに騎乗した
2着でレースだったが。

発走直後に内側に斜行したため、ギンゴー、エイシンブリッツ、テイルバック、セローフォース、オーサムクイーンら5頭の進路を狭くなっていたことがレース後に発覚

藤田菜七子の人気ぶり

藤田菜七子はJRAの女性騎手
牧原由貴子が2013年に引退して以降、JRA所属の女性騎手は誰もいない状態となったが、藤田のデビューでJRA所属の女性騎手が復活
顔も可愛い。若くてかわいい女性騎手誕生でオジサマ方はメロメロだ

JRAでは久々の女性騎手となったこともあり、デビュー前より藤田の名前は各種メディアで取り上げられた
藤田菜七子騎手のお陰で、JRAは売上が数億から数十億円UPしている。

デビュー当日の川崎競馬場では取材制限の実施を表明するほど、話題性の高い状況だったという

到底勝ち目のない馬に騎乗しているのに、馬だけだと下位人気の馬が、藤田菜七子が騎乗をするというだけで馬券が売れ、4、5番人気にまでなってしまうほど。

騎手人気だけで馬券を売ってしまうすごい力が藤田騎手にはあるのだ。
冷静なオジサマたちでも若くて可愛い女の子には弱いのか。。。

藤田菜七子騎手が地方の競馬場に来ると、来場者が通常の2~3倍に増えるので、地方競馬の活性化の為に地方での騎乗依頼が増加しているとか

ソロのカレンダーも発売

女性騎手として初のソロカレンダーが発売になった
これもすごく人気ですでに来年の発売も決定しているそう

藤田菜七子 2018年カレンダー[ハゴロモ]《11月予約※暫定》

藤田菜七子のプロフィールは

藤田 菜七子(ふじた ななこ)

生年月日 1997年8月9日(20歳)
出身地 茨城県
身長 157.4 cm
血液型 A型
「日本中央競馬会(JRA)」美浦トレーニングセンター・根本康広厩舎所属しながら、ホリプロとマネジメント契約。

競馬とは関係のない家庭で生まれ、藤田が小学校6年生の時にテレビ中継で競馬を見て騎手を志す
小・中学校では空手と剣道を習い、どちらも有段者となっている

美浦トレーニングセンターの乗馬苑に通っていた

守谷市立けやき台中学校を卒業後、
2013年に競馬学校第32期生として入学

卒業後の2016年に騎手免許を取得して、JRAでは西原玲奈(現: 調教助手)以来となる女性騎手としてデビューした

藤田はJRAの新人騎手としては珍しく、デビューがJRAの競馬場ではなく地方競馬の川崎競馬場 (南関東)となり、同期の他のJRA新人騎手よりも早い実戦での騎乗となった

1997年に牧原由貴子が記録した11勝を抜き、JRA女性騎手の年間最多勝利記録を更新

スポンサーリンク


勝ち馬に乗るためには

藤田菜七子が所属している美浦の騎手は、若い頃は乗り馬に恵まれない騎手は多い。

どこに所属しているかも影響は大きいようだ。
芸能界でも大手のプロダクション事務所所属だと
力があるから、うんぬんとタレントが問題行動を起こしたこ時に聞くことがある。
ホントかどうか定かではないが。。。

落馬が多い

今回の藤田菜七子の騎乗停止は、単純に技術不足ともいわれている。
日本の調教師は、騎手へこと細かく乗りかたは指示しないそう。

その一方で、騎手が「乗りかた」をフリーにできるというケースも少ない。
調教師の指示は、「ハナを切って先頭で」とか「2・3番手で」「後方から」という程度。
逃げて結果を出していた馬で逃げない等の自由が許されるのは、日本人騎手では存在しないという。

藤田菜七子は「追い込み」が得意なようで
競走馬の脚質で馬群の最後方からレースを進めて、直線で一気に他馬を交わすという作戦だ
ニュースをみてもそういった光景はよく目にする

2017年8月26日新潟メイン11レース「BSN賞」で、スタート直後に馬がバランスを崩して藤田菜七子は落馬している。

藤田菜七子騎手が十分なスペースがないにも拘らず、前へ無理に進路を確保しようとして馬を誘導したのが原因と考えられる

JRA公式ホームページで上記レースの採決パトロールを見る限り、激しい落馬
すぐに立ち上がってコース外に歩いて出ようとしているので、人馬共に異常はなかったようだ。

負けず嫌いであることには間違いない「勝利への執着」

10月15日 東京第6レース ルクレツィアに騎乗し、落馬

大雨で足場が悪かった。落馬して馬が動けなかった
立ち上がろうとしても中々立ち上がれないルクレツィアに
側にいき首を撫で心配している様子がYouTubeにアップされると
彼女の優しさがにじみ出ていると話題になった。

騎乗を自粛したことがあった

今年の8月に騎乗を自粛

菊沢一樹騎手が未成年にもかかわらず、飲酒をしたとして約1カ月の騎乗停止処分を受けたときのことだ。

その際に菜七子騎手は飲酒こそしていなかったものの、その場にいて未成年だった菊沢騎手の飲酒を黙認していたという。

その事態を鑑みて、所属厩舎は菜七子騎手の騎乗を自粛させることとなった

その時は、前週にJRA7勝目をあげ、自身の年間最多勝利数を更新したばかりだった

「無念の自粛となりましたが、菜七子騎手は翌週、翌々週にもその影響を感じさせない見事な騎乗を見せて勝利をあげています。今回の騎乗停止でも、いい流れを止めることはないはず。復帰週での勝利が期待されます」(競馬誌ライター)

いよいよテレビに初のバラエティ番組に出演

2017年11月13日放送の

くりぃむしちゅーのレジェンド【バラエティー初出演!美人騎手藤田菜七子】に出演

武豊さんから「菜七子は初のバラエティ番組出演なのでお手柔らか」にと
エールが着ていた。

好きな芸人さんは千鳥
好きな俳優は三浦春馬だと

今後主演も増えるのでは?

 

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。