Pocket

竹下派の竹下亘とDAIGOの関係は?DAIGOの父内藤武宣は政治家を継げなかったのは?

スポンサーリンク



竹下派の竹下亘とDAIGOの関係は

最近何かとニュースで 自民党の第3派閥「竹下派」
会長の竹下亘総務会長。

一方、DAIGOのおじいちゃんは元首相の「竹下登」
では、DAIGOさんと竹下亘さんはどんな関係なんだろうと
疑問に思ったので調べてみました。

結局のところ、竹下亘さんは竹下登さんの実の弟さんでした。
DAIGOさんとは大叔父の関係にあたります。

そこで、ちょっと気になったのは竹下登さんと竹下亘さんは
異母兄弟だったことでした。
確かに年もとても離れています。その差22歳。

昔の政治家には愛人が多かったということもあり、
もうちょっと調べてみようと思ってしまいました。

竹下亘の実家は

竹下亘と竹下登の実家はいg

島根県飯石郡掛合町(のちの雲南市)出身
300年続く旧家で、江戸時代には庄屋を務め、幕末から代々造り酒屋を営んでいるというお坊ちゃまでした。

父の竹下勇造は竹下家の養子だったようです。
婿養子なのかとも想像できましたが、違うようですね。

島根県の旧家で300年の歴史ある竹下家、江戸時代は庄屋さんで
屋号「宮中屋」を継ぐための措置だったのかもしれません。

7代目に酒屋を始めたと言われています。

勇造は家業の酒屋は、妻と従業員にまかせて政治の世界に身を置きました。
名誉村長、翼賛会役員等を勤め島根県議員にもなった。
息子の登も父の勧めもあって、中学生のころには政治家を目指
していたという。

さらに勇造は女好きも有名だったそう。
息子の登氏とは確執があったが、それも女性関係だったとされている。

竹下勇造と竹下登の確執

勇造の女好きは有名だったという。

登は早稲田大学に通っていたがその時に学生結婚をする。
1944年3月のことしかし7月に陸軍に招集されたために竹下の実家の島根県の戻された。

そんな時に1945年3月24日に勇造の妻が41歳で唯子が亡くなった。
そして、息子の妻の政江を干渉するようになっていったという。

それに耐えられなくなった政江は番頭の勧めで、東京の登の下に相談に行ったという。

それに対して登は「お前の方に問題がある」と一方的に叱責、
政江の苦悩にとり合うことはなかったという。

5月24日、政江は竹下家で自ら命を絶った。
死亡診断書では「病死」として処理されたという。

終戦後に帰還し、父とは言い争いは絶えなかったというが
政治家になりたかった登は「竹下家」の看板が必要だと縁を切ることができなかったという。
人前では父との対立を表沙汰にすることはなく、この時期の出来事を語ることは生涯なかった

このことは後の竹下登の姿勢に現れている
表立っては人に対して怒りをあらわにすることはなくなったという。
さらに側近には「自分が我慢すれば済むことなら、我慢しようとおもうようになった」
と話している。
「石橋どころか二重橋でも叩いて渡る」といわれたほどの異常な慎重さはこのことから影響しているのではとも言われている。

竹下登の長女の疑惑

父との確執は政治家になるために、自らの思いを胸の中に押し込めたとされている。
1945年12月父勇造は後妻に迎えた。

後妻との間に生まれたのが亘氏となるわけです。
兄の登氏と親子ほどの年の差があるわけですね。
その下の三男の方が現在酒屋さんを継がれているようです。

さらに登も1946年の1月に親戚筋にあたる遠藤家から直子を娶る。
3か月後の4月29日に長女が生まれている

しかし、計算が合わず、直子は竹下家に疎開していたことから
父勇造の子ではないかとの噂がたったと言われている。

スポンサーリンク



父の葬式からの首相

勇造と登の対立は、少なくとも表向きには修復されていた。
そして、早大卒業後、中学の代用教員を経て県議、衆議院議員と念願の政治家になっていく。

父竹下勇造は昭和59年(1984年)3月21日、心不全により死去する
4月21日、掛合町の体育館で町民葬が執り行われた。

そこに当時、犬猿の仲だとされていた、田中角栄が田中派の議員68人を引き連れて参列するのでした。

このことから、権力闘争を経て田中派を奪取し、党内最大派閥である竹下派ができ、首相の座に上り詰めることになった。

表向きは仲直りしていたという父と子の仲だったが
腹の中はどんな思いだったのか。

しかし、政治家になるために思いを秘めた竹下登
そして、その父の葬式がきっかけで首相にまで上り詰めたのだから思いは報われたのだろうか。

DAIGOと竹下登の関係は

DAIGOさんが竹下登氏の孫だというのは周知の事実ですが
家系図はというと

竹下登氏には3人の子供がいます。

長女の一子さんは金丸信の長男金丸康信の妻に

次女のまる子さんがDAIGOさんのお母さんになります。
夫は毎日新聞政治部記者、竹下登の秘書を勤めた内藤武宣氏

三女の公子さんは竹中祐二竹中工務店創業者一族)の妻
「株式会社たけみ会」代表取締役(ゴルフグッズなどの販売会社)

内藤武宣と竹下亘の関係は

竹下登氏が引退を決めたのは、2000年5月1日、入院中の病院にて表明している。

竹下亘は1946年11月3日の71歳

慶應義塾大学経済学部卒業後、日本放送協会(NHK)に入局
1985年に竹下登の秘書になる。

内藤 武宣は1938年7月17日の80歳。
竹下亘氏より10歳年上

早稲田大学卒業後、毎日新聞に入社。早稲田大学のOB繋がりで竹下登と会うことに。
その後、次女のまる子さんと結婚

1972年7月に毎日新聞社を退社し、12月に第33回衆議院議員総選挙で福岡1区から立候補をするが落選する。
その後竹下登の私設秘書になる。

1985年2月に竹下が創政会を結成した際に機関紙『創政』の編集長
1989年にKBS京都の社長に就任した福本邦雄によりKBS京都常務に就任
1991年KBS京都常務を退任

こうしてみると、竹下亘氏は内藤武宣氏の後に秘書になっているが竹下登氏の後継者として秘書になったのだろうか

内藤武宣氏は一度の立候補で議員になることを諦めてしまったのか?

二人の間に確執はないのだろうか?
竹下登氏の子供に男の子はいない。

2000年に竹下登氏が引退を表明し、次の選挙でその地盤をそのまま竹下亘氏が引き継いだ。

竹下派は2018年4月会長に就任している。

竹下派とは

平成研究会(へいせいけんきゅうかい)
自由民主党の派閥(木曜研究会系)

発足当時は経世会(けいせいかい)。
略称は平成研

通称、竹下派
(竹下登派→小渕派→橋本派→津島派→額賀派→竹下亘派)。

自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤派)・木曜クラブ(田中派)
の流れを汲む保守本流集団。

DAIGOは議員になるのか

安倍晋三さんはDAIGOさんを気に入っていて
立候補を促すようなことを言っているとかいないとか。。

DAIGOさんが議員になったらそれはそれで
国民も政治に興味を持ちそうだけれど。。

年上に従順そうなDAIGOさん。

古い政治家をぶっ潰すことはしないだろうなぁ

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。