Pocket

ロバート秋山竜次の父は大部屋俳優で梅宮辰夫と共演していた!
ルーツを辿ると不思議な縁が!

スポンサーリンク



ロバート秋山竜次の父は大部屋俳優で梅宮辰夫と共演していた。

ロバート秋山竜次さんの父は秋山幸重さん
19歳で上京し、大部屋俳優を目指します。
先輩の「城春樹」さんを頼り、大部屋に入ります。

エキストラとして映画にも出演、梅宮辰夫さんの主演映画にも
参加していました。
梅宮辰夫さんは秋山幸重さんをエキストラの一人だったので
全くは覚えていませんでしたが、
秋山幸重さんは大スターと共演できたことをとてもうれしそうに話していました。

知り合いや子供たちには、当時は芸名は持っていなかった秋山幸重さんですが、エンドロールに出る「城春樹」を自分だと自慢していたそうです。

大部屋として、顔が売れ出したころ、秋山幸重さんは病気をして
手術をすることになります。
体に大きな傷が残り、「裸になれない」と俳優を諦めることに。

何十年後、その父秋山幸重さんの代わりに、息子の秋山竜次さんが裸で、それも手も届かなかったスターの「梅宮辰夫」のモノマネをするとは
誰が想像できたでしょうか?

梅宮辰夫の体モノマネをするときに
「梅宮辰夫のお面と使ってもいいですか」と事務所にオファーをだすと

梅宮辰夫さんは快諾したという。
そして梅宮辰夫さんはインタビューで
「自分はもう引退した身」
「若い人は梅宮辰夫を知らないし、忘れられていく存在、
ロバートの秋山竜次が梅宮辰夫を生かしてくれている」
との発言をしていました。

やはり、梅宮辰夫さん、昭和の大スターですね。

秋山竜次のルーツをファミリーヒストリーで解明

208年10月29日(月)[総合]後7:30から放送

著名人の家族の歴史を、本人に代わって徹底取材する番組「ファミリーヒストリー」。
29日(月)に登場するのは、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんです。秋山さんは北九州市門司区の出身ですが、ルーツの調査は九州を飛び出し、かなり大規模に…!?

忙しい両親に代わり、とても可愛がってくれた母方の祖父。
横尾登一さん。

実は横尾登一さんは台湾に住んでいたことがあり、養子だったのです。
実の父母は義一郎さんとカイさん。
4人兄弟の3番目が登一さんは台湾で生まれています。

台湾に渡り、運送業を営んでいましたが、若くして義一郎さんは
亡くなり、母一人で4人の子供を育てることなり生活が苦しくなります。

そして、裕福な天草の横尾家に養子にだされ、一人、熊本県に渡るのでした。

そのことを娘であるロバート秋山竜次さんの母・登代子さんも全く知らなかったといいます。

そして、祖父の実の名前は「山本」と言いました。
現在ロバートのメンバーに山本さんがいることに
何か縁を感じると秋山竜次さんも言っていました。

ロバート秋山竜次のクリエイターズ・ファイルと熊本の親善大使

『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』は、秋山竜次(ロバート)が2015年4月よりhonto+で連載中の人気コンテンツ。

毎回、現代を代表するクリエイターがそれぞれのフィールドでの仕事ぶりや人生について語るシリーズ。

そして、以前から熊本県の上天草市の親善大使ということで
コラボ動画は配信されています。

熊本県上天草市は、プロモーション動画
『ボーデンさん、TVに出る!②【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#19】』を

平成28年(2016)10月13日(木)、上天草市公式ページとクリエイターズ・ファイル公式YouTubeチャンネルで公開しています。

さらにクリエイターズ・ファイルのキャラクターの一人に藤原采ちゃんという、清純派女優という設定の子がいます。

この動画の撮影が熊本県上天草市大矢野町の湯島で撮影が行われていました。
地元の湯島小学校でその子供たちも参加して撮影しました。

ところが、その湯島小学校は秋山竜次さんを可愛がっていた祖父の横尾登一さん、さらに登一さんを養子に出した実の母のカイさんは
この湯島小学校の卒業生であることがファミリーヒストリーで判明しました。

秋山竜次さんは福岡県北九州市門司区出身。
熊本県の上天草市の職員の方は祖父が上天草の出身だということ知らずにオファーを出したといっています。

そして、撮影した湯島小学校が二人の通っていた小学校とは
誰も知らなかったのです。

これこそルーツ、鳥肌が立ったというもの頷けます。
人は縁があった生きているというのが実感できる出来事です。

スポンサーリンク



秋山竜次のプロフィール

生年月日   1978年8月15日
年齢     40歳
出身地    福岡県北九州市門司区
血液型    B型
身長     175cm
方言     北九州弁・共通語
最終学歴   福岡県立門司北高等学校
出身     吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校4期
トリオ名   ロバート
相方     馬場裕之、山本博
芸風     コント(ボケ)
事務所    よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期   998年 –
同期     インパルス、森三中、福田充徳
配偶者   既婚

高校を卒業後、上京する。
当時の目標は、代官山で雑貨屋さんを経営すること。
しかし、面接で落ち、諦める。

たまたま、吉本総合芸能学院(NSC)東京校の広告を見て
幼稚園から高校まで仲が良かった馬場裕之を福岡から呼び寄せて
一緒に入学。

NSCの一緒だった山本博と「ロバート」結成した。
同期のインパルスの板倉俊之とトリオを一時期組んでいたことがあった。

「はねるのトびら」で有名になった。
梅宮辰夫さんの体モノマネで一躍有名になった。

『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』での活動で認められ「GQ MEN OF THE YEAR 2017」のベスト・コメディアン賞を受賞

2008年4月に一つ年下の一般女性と結婚
2013年11月30日午前に第1子となる女児が生まれている。

秋山竜次、A-studioに出演

A-Studio【ロバート】常識外…独特の世界が生み出す笑いのルーツとは!?
2018年11月2日(金) 23時00分~23時30分 の放送

常識外 ロバート生み出す笑い 秋山が気になる…版画▽鶴瓶が徹底取材!今一番観たいスターたちの素顔を引き出す、プレミアムなトーク番組です!

番組内容
98年結成…わずか3年でバラエティ『はねるのトびら』レギュラーに抜擢!独特の世界観が炸裂するコントで頭角を現し、2011年には『キングオブコント』優勝!今年20周年を迎えたロバートがついにAスタ登場!養成所時代、秋山+馬場+インパルス板倉でトリオを組むも板倉が脱退…仮で入った山本がそのまま正式メンバーに!?ネタは8割同じ始まり方をし、山本はいつも山本の役!?ロバートの結成秘話やコントの法則が明らかに!秋山が「彼とコンビを組みたかったくらい」と語る地元の友人に極秘取材!明かされる少年時代…朝、カーテンを開けると目の前にキリンが…特殊すぎる秋山家の環境!?秋山&馬場は幼稚園からの幼馴染…港町ならではの“試練”と呼ばれた遊びや、当時作った“馬場のテーマソング”など…今につながる秋山の原点が浮かび上がる!そしてAスタ史上初(?)ゲストと縁のない人物が取材に参加…!?さらに山本の両親が登場!就職先が決まっていながら芸人の道に進むことを決意…息子からの思わぬ告白に厳格な父がとった意外な行動とは!?芸人屈指の料理の腕前で多くのレギュラー番組を持つ馬場…しかし笑いは作れないようで…!?秋山が手掛ける話題の「クリエイターズ・ファイル」と「版画」に鶴瓶もどハマり!?絵本デビューを飾った山本の「むちゃぶりかみしばい」の世界!?それぞれの“才能”がほとばしるロバートの魅力に大接近!!在りし日の中村勘三郎も絶賛したという、秋山が生み出す「笑いのセオリーが通用しない」「他の誰にも似ていない」ロバートの魅力に今夜、鶴瓶&川栄が迫る!!ラスト、梅宮辰夫も登場…!?最後までお見逃しなく!

笑福亭鶴瓶さんは誰にインタビューに行ったのでしょうか?
梅宮辰夫さんに行ったことはまちがいないようですが。。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。