Pocket

福西崇史のプレースタイルは?!相葉雅紀のグッと!スポーツで
サッカーワールドカップ特集!初出場や、日本代表裏話を語る

スポンサーリンク



福西崇史さん元日本代表でワールドカップには、
2002年、日韓ワールドカップ、2006年ドイツワールドカップと
二度出場している。
代表には1999-2006まで、7年間在籍している。

福西崇史 プレースタイルは

福西崇史さんのポジションは、ミッドフィールダー(MF)
ボランチを務めていた。

中学生の頃までは併行して器械体操をしていた
そのため、バランス感覚、跳躍力、柔軟性は、サッカーに行かされることになった。

相葉雅紀のグッと!スポーツに出演

NHKでサッカー解説もしている福西崇史さん
もうすぐ始まるワールドカップに元日本代表の選手たちが
裏話を語る

嵐・相葉雅紀のグッと!スポーツ。今回はサッカーワールドカップを大特集。元日本代表の闘莉王、楢崎、福西の3人が緊急出演。W杯、そして日本代表を熱く語ります。

番組内容
世界が熱狂するワールドカップ。福西さんは、初出場のとき緊張で膝がふるえたという。3人のW杯の体験談、初めて聞く話が次々飛び出し、マスター相葉も大興奮です。そして、以前、この番組に出演した長谷部選手と槙野選手のVTRをもとに、3人のゲストが日本代表を熱く語ります。合宿での過ごし方、チームバスでの座る場所、そして、あの選手の意外な過去までワールドカップの本番前、必見です。

生年月日  1976年9月1日
年齢    41歳
出身地   愛媛県新居浜市
身長    181cm
体重    77kg
選手情報  ポジション MF
利き足   右足

スポンサーリンク



福西崇史さんのサッカー歴

小学校4年生の時、サッカーを始める
1992年  新居浜工業高校へ進学 ポジションはFW
1994年  高校3年時、高校総体に1度出場するが結果を残せず
世代別代表にも選出されていなかった。

総体県予選の準決勝で、対戦校(南宇和)の選手を視察していた
ジュビロ磐田のスカウトの石井知幸氏の目に留まり
プロの世界へ

1995年 高校卒業後ジュビロ磐田に入団
ハンス・オフト監督からFWからボランチでのプレーを勧められる。同ポジションのドゥンガの熱血指導を受けたことで

1995年8月には早くもトップデビュー。

ドゥンガの存在は18歳の福西選手にはプロとして成長するのに大きな存在だったのだろう。

福西崇史の嫁は

ジュビロ磐田には、「ゴン」こと中山雅史選手がいた。
奥さんはタレントの生田智子さん。

その関係もあってジュビロ磐田の選手は芸能人とのパイプをあった。結婚するカップルもたくさんいた。

福西崇史さんもそのようだ

嫁   福西直子
football.crces-net.comより
子供は、龍太(りゅうた)、翔太(しょうた)

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。