Pocket

福島友造のあおり運転対策とは!交通事故現場の供養行脚する元白バイ隊員Gメンの僧侶

スポンサーリンク



福島友造は元白バイ隊員

悪質なあおり運転が増える今日、その対処法を知らせようと
ひとりの僧侶が声を上げました。

福島友造さんは出家した元白バイ隊員で64歳
定年前の2006年3月、53歳で埼玉県警を退職しました。

福島友造さんは埼玉県桶川市加納の元埼玉県警白バイ隊員。
埼玉県は交通事故死の多い県でもあります。

福島友造さんは、東京の私立大学で仏教を学ぶも僧侶にはならず
埼玉県警に採用されます。

交通機動隊や高速隊など、大半を交通畑で過ごしたことから
悲惨な事故現場を数多く目にしてきた。

自己犠牲者の遺族の悲しみも沢山見てきました。

「あんなやつ、死刑になればいいのに」
「コロされた」

と加害者に向けた本音を聞いたこともあったといいます。

「突然奪われた命は法律の裁きだけでは救われない。少しでも無念を晴らせたら」と福島友造さんは言います。

福島友造は白バイ隊員を辞めて僧侶に

遺族の悲しみを見た来た福島友造さんは、
「自分の経験を生かせば、もっとできることがある」

46歳の頃、休日を利用して千葉県印西市の寺で修行を始めます。
53歳で埼玉県警を退職、埼玉県内の寺に入rいました。

そして、僧侶となり交通事故の犠牲者を悼むため、埼玉県内各地の現場を訪れ手を合わせています。

宗派の違いなどを考慮し、「仏さんに分かってもらえたらいい」と遺族と連絡は取らないそうです。

日々の勤めの傍ら、交通事故の多発する場所を訪ね歩いたりもします。
「地域に姿を見せることが自分の務め」
僧侶が現場で手を合わせていれば、通り掛かった人も事故に注意しようと考えるかもしれません。

福岡市で平成18年、飲酒運転の車に追突された多目的レジャー車(RV)が海に落ち、幼児3人が亡くなった現場にも出向いた。

かつての同僚から供養を依頼されることもある。

福島友造さんは、1年間の活動を通じて通行人や遺族らから寄せられたお布施を読売新聞さいたま支局に寄付もします。
寄付金は、読売光と愛の事業団を通じ、慈善活動に役立てられるそうです。

スポンサーリンク



福島友造がジョブチューンであおり運転の対処法を

ジョブチューン★世の中の悪人たちを見逃すな!取締りGメン密着年末一斉摘発SP

2018年12月22日(土)18時55分~21時54分の放送

テレビ予告

万引き・あおり運転・盗聴・詐欺・悪徳商法・家賃滞納…悪と戦うGメンたちの仕事現場にカメラが完全密着!緊迫の瞬間を一挙公開!

番組内容

Gメン×悪質あおり運転
故意に特定の車両の運転を妨害する迷惑行為「あおり運転」。自動車だけにとどまらず、バイクや自転車にまで!
▼交通違反や危険運転を取締ってきた元白バイ隊員が「あおり運転」に遭遇した場合の対処法を伝授!

万引きGメン×悪質万引き犯
日本国内の年間被害額は4615億円!悪質な犯罪「万引き」を取り締まる万引きGメン。
▼証拠隠滅に逃走まで!? 悪質な万引き犯の衝撃手口、そしてとんでもない言動とは!?

家賃Gメン×悪質家賃滞納者
家賃を払わない悪質滞納者に対しあらゆる手段で取り立てを行う
家賃Gメン。
▼滞納額はなんと118万円!長期滞納という悪質滞納者との直接対決に完全密着!

盗聴Gメン×悪質盗聴犯
世界有数の盗聴天国・日本。そんな中でも最も多いのは一般家庭への盗聴だという。
▼キャリア20年、年間200個の盗聴器を撤去する盗聴Gメンが悪質盗聴犯に立ち向かう!

悪徳商法・詐欺Gメン×悪徳商法・詐欺業者
手口が年々巧妙化する「詐欺」、さらに複雑化・多様化する「悪徳商法」は見逃せない社会問題。
▼そんな状況にメスを入れる、悪徳商法・詐欺Gメンがそれぞれの業者と対決!詐欺の手口を大公開!

欠陥住宅Gメン×悪質欠陥住宅
「朝起きたら床が水浸し」「冬場、室内が異常に寒い」果たして施工不良によるものなのか?
▼欠陥住宅に悩む家族のためにGメンが住宅メーカーと直接対決!その一部始終に密着!

密輸Gメン×悪質密輸犯
訪日外国人が急増している国際空港・羽田空港で、数多くの密輸を取り締まる「密輸Gメン」
▼密輸犯摘発の現場に完全密着!近年急増しているという金塊密輸摘発の瞬間を大公開!

出演者
MC
ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健)
パネラー
バナナマン(設楽統・日村勇紀)・土田晃之  / 島崎和歌子・本村健太郎・田中卓志(アンガールズ)・朝日奈央
進行
田中みな実
プロフェッショナル
伊東ゆう(万引きGメン)・ 岩山健一(欠陥住宅Gメン)・ 片岡雄介(家賃Gメン)・ 酒井賢一(盗聴Gメン)・ 多田文明(悪徳商法Gメン)・ 中嶋厚二(密輸Gメン)・ 福島友造(元白バイ隊員)/※五十音順

福島友造さんのあおり運転対処法とは

今年のあおり運転は、6130件

去年の摘発件数6件。
今年は8月現在で37件と増加の一途。

あおり運転摘発件数

1位 兵庫県 915件
2位 愛知県 714件
3位 静岡県 654件

増えるあおり運転、その対処法を福島友造さんは

幅寄せの対処法

1.速度を落とし、車間距離を空ける。車両からなるベル早く離れる。
2.挑発と取られぬよう前に進まない。(抜かさない)

それでもしつこく着いてきたら、
3.更にスピードを落として路肩に停まる。
4.110番に電話する。

異常接近の対処法

1.速度をゆっくり下げ左に寄る。
2.ブレーキを踏まない事(あおり返してきたと勘違い)
(アクセルをオフにしてゆっくり停まる。)
3.(三車線の場合)左右に避けられるように真ん中の車線を走る。

対人トラブルの対処法

1.相手が降りてきたらドアのロックは絶対に外さない。
窓は絶対に開けない。(相手と戦おうと思わない)

2.相手が内をしてきても去るのを待つ。
3.相手が立ち去る時に姿、車(ナンバー)を撮る

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。