Pocket

石橋和歩の顔画像は?東名高速追い越し車線で停車した男

石橋和歩(いしはしかずほ)25歳が逮捕された。東名高速道路の追い越し車線で車を止め
後ろの車の運転手とモメているところに後続のドラックに追突されて後ろの車の夫婦が亡くなってしまった。同乗の二人に娘もケガをした
今年の6月のことだった。

スポンサーリンク



石橋和歩の顔画像は

神奈川県警は東名高速の追い越し車線で車を停車させ、事故をおこした疑いで石橋和歩容疑者25歳を自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで逮捕した

その福岡県に住む石橋和歩容疑者の顔画像が公開になった
それがこちら

逮捕容疑は

神奈川県警は10日石橋和歩容疑者を
自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)で逮捕した。

静岡市清水区の自動車整備業、萩山嘉久さん(45)のワゴン車の進路をふさいで追い越し車線に無理やり停車させた。
後続のトラックがワゴン車に追突した。

この事故で嘉久さんと妻の友香さん(39)が死亡した。
一緒に乗っていた娘さん高校1年と小学6年の姉妹はけがをした

事件の内容は

2017年6月5日午後9時35分ごろ、神奈川県大井町の東名高速下り線で萩山嘉久さん(45)一家の乗るワゴン車の進路をふさいだ。
石橋容疑者は萩山さんの車に前に入り、減速し、車線を変えると
またその前に入り込み減速するとことを繰り返し、
追い越し車線で車を止めた。
車から降りて、萩山嘉久さんの胸ぐらをつかむなどをした直後に
後ろから来たトラックが萩山さんのワゴン車に突っ込んだ

事件を起こした原因はその前にあった

萩山嘉久さんは手前のパーキングエリアで、ワゴン車の進路をふさぐように駐車していた石橋容疑者を注意していたという。

それで腹をたてて、高速道路上を約一キロにわたって追跡してきた。

萩山さんの車の前に無理やり入り進路をふさぐ行動を繰り返し
その後、追い越し車線に車を止めさせた。

トラックの追突により萩山嘉久さん(当時45)と妻の友香さん(当時39)が亡くなった。
同乗してた娘さん二人高校1年と小学6年の姉妹もけがをした。

スポンサーリンク


高速道路で車の外に出る危険

高速道路で事故を起こし、路側帯に車を止め、後続車が追突して
命を落とすという事故は過去に何度もあって

桜塚やっくんも高速道路で事故

桜塚やっくんは熊本県に営業に行く途中のワゴン車で移動してた
山口県でワゴン車の単独事故あった。
壁みぶつかり車が横転亡くなってしてしまい
横になった車から抜け出した所、後ろから来た車に
はねられ、亡くなってしまった。
この事故で二人がなくなっている。

事故が起こった場所が雨の下り坂のカーブだったとはいえ
人気芸人が高速道路で亡くなってしまたことで
高速道路で外に出る危険は世に広まった。

高速道路で車から外はに出るときは極力止めて
どうしても降りるときは十分注意をしなくてはいけないと
車を運転する者ならば、知っていいなくてはいけないこと。

高速道路は一般道路とはスピードが違いすぎる。
目で見えてからブレーキ踏んでは間に合わない。

ということをちゃんと身に染みてわかないといけない。

路側帯でも危険なのに、追い越し車線に止まるとは
常識では考えられないことだ。

なせ、後続車が来るとは考えなかったのか

注意されたことに腹を立て追いかけまわし進路を妨害し
挙句に、車から降りて殴りかかりに行こうなんて
幼稚としか言えない行動だ

「若気に至り」という言葉があるが
これはそれでは許されないだろう。

命あっての人間だから
そこだけは守らないといけないのではと思う。

高速道路での法律は

1 路側帯を通行
2 先行車両の左側から追い越し
3 追越車線だけを走行
4 速度の遅い先行車両をあおる
5 速度超過違反
6 最低速度違反
7 駐停車違反
8 座席ベルト装着違反

この法律をみると石橋和歩容疑者が当てはまる項目は

2「先行車両の左側から追い越し」
萩山さんがどちらに車線に避けて前に入ったという状況から
3「追越車線だけを走行」
萩山さんの車をみつけるまではやっていたかも入れない
4 「速度の遅い先行車両をあおる」前に入り込む前にあったかもしれない
5 「速度超過違反」追いつくまではスピードを出していただろう
がこれは証拠がないと罪には問えない。
6 「最低速度違反」
7 「駐停車違反」

これで、シートベルトをもししていなかったら1~8まで
全部犯していたことになる。
何より、二人亡くなっていることが罪が大きい。
危険運転に対しての法律ができたことが罪を課せられることになったのかもしれない。

これから検察がどのような刑を求刑するのか
さらに調べて欲しいと思う。

追記 現場検証が行われた

10月中旬に現場検証が行われた。
現場に着くと両手を合わせる行為をしていたが。

その後何度も「あくび」をしていた。
その様子を見て、遺族は「反省している感じが全くしない」と
腹を立てていた。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。