Pocket

睡眠のゴールデンタイムは22時から2時ではなかった!
その他昔の睡眠の4つの健康常識は?

スポンサーリンク



睡眠のゴールデンタイムは午後10時から午前2時ではなかった

成長ホルモンが多く出るからということで睡眠のゴールデンタイムは
午後10時から午前2時とされていました。
しかし、現在は、変わって生きています。

理由は、昔の調査によるという

1991年、海外の調査機関が成長ホルモンの分泌量の調査をしました。
それによって、成長ホルモンの分泌量が一番多いのが午後10時から午前2時だったのです。

しかし、東京疲労・睡眠クリニックの院長梶本修身先生によると

この実験の睡眠時間が午後10時と設定されていたために
最初の4時間の午後10時から、午前2時までの成長ホルモンの分泌量が一番多いというだけだったということです。

それがいつしか睡眠のゴールデンタイムは午後10時から午前2時と伝わってしまったという。

しかし、成長ホルモンの分泌量は睡眠時間に関係なく、眠り始めて最初の4時間に多く分泌されるということがわかりました。

つまり現在の健康常識は、こちら

睡眠のゴールデンタイムは眠り始めて最初の4時間となっている。

スポンサーリンク



睡眠の4つの健康常識は間違いか

東京疲労・睡眠クリニックの院長梶本修身先生によると

1.寝る前にホットミルクを飲むと寝つきが良くなる

もともと、赤ちゃんが寝る前にミルクを飲むとよく寝てくれるからこの健康常識が出てきたと言われています。
科学的根拠が全くないそうです。

実は、今では、これは間違いで
「ホットミルクを飲むとかえって寝つきが悪くなる。」

これはミルクに限らず、温かい飲み物を飲むことが寝つきによくないそう。

体の深部体温を下げることにより、眠りのスイッチを入れる。
(深部体温とは、脳や、内臓の温度。)
なので、体を温めてしまうとかえって眠れなくなってしまうそうです。

冬山などで体が冷えてくると眠くなるというのは、
正に深部体温が下がったからと言えるそうです。

温かい飲み物を飲むよりもむしろ冷たい飲み物を飲んで
体を冷やしてあげると寝つきが良くなるそうです。

ただし、氷など冷たすぎるのも良くないそうです。

さらに、エアコンの室温を1度低くすると深部体温を下げてあげると良い睡眠を得られる。

男性だと25度、女性だと27度がおススメ設定温度。
そして、朝までエアコンを切らない。

寝汗をかくということは運動していることと同じ
脳が体温調節をしようと頑張っていること。
質の良い睡眠を取っているとは言えない。

お年寄りの方など、熱中症対策にもなるので
夏場は、エアコンを切らずに睡眠をとることが大事だそうです。

2.昼寝をすると夜寝つきが悪くなるか

これも完全に間違った常識だそう。

昼寝をするほうがむしろ寝つきが良くなる。

1時間以上寝ると夜の寝つきは悪くなるそうで
30分以内だったら、むしろ寝つきが良くなると実験でわかっているそうです。

実験
午後0時から3時までの間に30分以内で昼寝をしてもらう。

すると、寝付くまで30分かかっていた人たちが
昼寝をすると5分と短くなりました。
4人全員です。

寝つきが悪いのは脳のストレスが原因。

脳が疲れていると睡眠のリズムが作れなくなり、寝つきが悪くなる。
昼寝をすると脳のストレスを軽減できるそうです。
5分以上30分以内で昼寝はした方がよいそうです。

昼寝をするときにコーヒーを飲むと30分でスッキリ起きられるのでおすすめだそうです。
コーヒーには、カフェインが入っていて覚醒する作用があるが
飲んでからカフェインの効果が出るのは30分後になるため
昼寝前にコーヒーを飲むと、起きなくてはならない30分後に
カフェインの効果が出るために昼寝の寝すぎを予防できるそうです。

3.90分の倍数でも起きるとスッキリ目覚める

90分倍数で起きるとスッキリ目覚めるという常識も間違いだそうです。

これは、レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠サイクルが平均90分だったからこの常識が出たとされています。

しかし、個人差やその日の体調にもよるのでまったくの間違いだそうです。

アラームで起きると驚いて、血圧、心拍が一気に上がってしまい
さらに目覚めもとても悪くなってしまいます。

朝スッキリ起きるためには、目覚まし時計でなくて
テレビのタイマーを使うとゆっくりと目覚めることができるのでおすすめだそうです。

目覚まし時計は強制目覚ましなので、目覚めがあまりよくない
寝る10分前にテレビのタイマーや歌詞入りの音楽をかけて
会話を耳にするのがよいそうです。

4.枕・マットは体にフィットするものが良い。

これも間違いで現在は、

枕もマットも硬い方が良いとされています。

理由は、寝返りができにくくなり、体の熱がこもってしまい
目が覚めてしまい、ゆっくりと眠れないそうです。

 

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。