Pocket

真崎一輝(まさき かずき) モトGPとは?モト3に高校生レーサーがフル参戦へ
オートバイの世界選手権、

スポンサーリンク



MotoGP(モトGP)とは

世界最高峰のバイクレースであり、ヨーロッパでは大人気のモータースポーツ。
サッカー選手と同じくらいモトGP選手は人気で
外を歩くとすぐにパニックになってしまうくらい。

日本選手のモトGP選手も過去にはいたが、日本では街中を普通に歩けるが、ヨーロッパでは歩けなかったと語っている。

ロードレース世界選手権

オートバイによるモータースポーツ。
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が統括し、
1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリーである。
現在はドルナ社(DORNA)が各種権利等を管理している

2001年まではWGP(World Grand Prixの略)が一般的
2002年に500ccクラスがMotoGPクラスに改編されたのを機に、現在はシリーズ全体の略称にもMotoGPが使われている

2016年シーズンより正式名称から「Road Racing」の表記が外された

3つのクラスに分かれる

選手権はエンジンの排気量別に3つのクラスに分かれる

MotoGPクラスは4ストローク1000cc、
Moto2クラスは4気筒4ストローク600cc(ホンダのワンメイク)
Moto3クラスは単気筒4ストロークの250cc

のエンジンを使用する

真崎一輝(まさき かずき)のプロフィールは

生年月日   2000年8月22日
年齢     17歳
出身     福岡県
出身校    弥永西小学校・日佐中学校
血液型    AB型
ニックネーム かずき
チーム    Team RSC
尊敬する人  ヴァレンティーノ・ロッシ
好きなライダーヴァレンティーノ・ロッシ、マルク・マルケス
今後の目標  MotoGP 参戦
好きな言葉  努力

父の影響で3歳からポケバイに乗り始めてレース参戦するように。
2010年74GP全国2位の実力

主なレース戦績
2017年 – レッドブル・ルーキーズカップ ランキング1位
2017年 – ロードレース世界選手権Moto3 ランキング31位 Asia Talent Team

スポンサーリンク



選手権の概要

世界各国でのグランプリレース(GP)での順位に応じてポイントを加算していき、年間チャンピオンを決定する

全クラスにライダー選手権とマニファクチャラー(メーカー)選手権がある。

現在はMotoGPクラスのみチーム選手権も存在
マニファクチャラー選手権はメーカー内の最上位入賞ライダーのポイントのみを加算
チーム選手権はチーム内の全てのライダーの入賞ポイントを加算

基本

ロードレース世界選手権は、世界各国を転戦しながら全18戦でチャンピオンを決定する。

ポイント

1位25ポイント、2位20ポイント、3位16ポイント、4位13ポイント、5位11ポイント、以下1ポイントずつ減っていき15位1ポイントとなる。

参加ライダー

MotoGPクラス 23人
Moto2クラス  32人
Moto3クラス  30人

このほか
各大会にはそれぞれのクラスに限られたワイルドカードという特別出場枠がある。
レースの主催者の推薦によりスポット参戦が認められている。

競技方法

レース期間は3日

初日   フリー走行(練習)
2日目  フリー走行→公式予選、
3日目  ウォームアップ走行→決勝

モトGPのチケットは3日間有効。
練習走行から見学できる。
決勝だけでなく、練習、予選、決勝と見ると
さらに楽しい。

フリー走行 45分から60分へと増大している。
2日目は午前中にフリー走行、午後1度のみ公式予選となる。

公式予選

定められた時間内にタイムアタックを行う。
速いタイムを出したライダーの順にスタートグリッド位置が決まる
107%ルールは存在するが、モトGPの場合は
各フリー走行で1回でもトップから107%以内のタイムを出していれば予選通過

107%ルール
F1におけるルール(レギュレーション)の一つ。
公式予選において、ポールポジション(以下、PP)のドライバーの周回タイムの107%以内を記録できないドライバーは、決勝レースの出場権が無効となるルール

さらに
悪天候等の影響で予選不通過者が多く出た場合は、主催者側の判断により救済措置が適用されることもある。

決勝

原則としてMoto3 → Moto2 → MotoGPの順にレースが行われる
それぞれのクラスで45分くらい。

最初に搭載した燃料で走りきれるのでピットインはない。

ただし、MotoGPクラスには2005年より
「フラッグ・トゥ・フラッグ”」のルールがある
降雨時には、スリックタイヤ⇔ウェットタイヤへと
マシンごと乗り換えられることができる。

マシン

ホンダとヤマハ、ドゥカティ

スズキは一度撤退し、復活している。
カワサキは現在撤退中。

マニュファクチャラー 500 cc/MotoGP 350 cc 250 cc/Moto2 125 cc/Moto3 50 cc/80 cc 合計
  ホンダ 21 6 20 16 2 65
  ヤマハ 15 5 14 4 38
  MVアグスタ 16 9 5 7 37
  アプリリア 8 10 18
  スズキ 7 3 5 15
 カワサキ 4 4 1 9
  デルビ 4 5 9
  クライドラー 8 8

モトGPのスター選手

ヴァレンティーノ・ロッシはモトGP界のレジェンド
イタリアの選手で現在39歳。23歳で年間チャンピオンを取ってから15年間で9回のワールドチャンピオンを獲得してずっと、優勝戦線に絡んでいる。

現在日本人のモトGPライダーはいない

真崎一輝(まさき かずき)はモトGPに上がる日がくるのか
楽しみでならない

日本での開催は

日本では毎年10月くらいに

栃木県の「ツインリンクもてぎ」で行われる。

以前は開幕戦が鈴鹿、秋にもてぎだったが
現在はもてぎのみである。

選手権の終盤で13戦目くらいなことが多いので
もてぎで優勝が決まることもある、

大事な「日本グランプリ」となっている。

海外では大人気のモトGPでは、各国の熱烈なファンがたくさん
来場している。

日本のファンも各地から多く押し寄せ
駐車場には車より、バイクが圧倒的に多い。

ツインリンクもてぎとは

栃木県芳賀郡茂木町にある自動車レース場
1997年8月営業開始

観客席数 グランドスタンド 18,122席
一般自由席(ロードコース) 80,000席

鈴鹿サーキットを所有するホンダが、日本で2つ目のサーキットとして1980年代に開発を開始し、1997年8月に営業が開始された。

1998年には本田技研工業創立50周年記念イベント
「ありがとうフェスタinもてぎ」が開催された。

オーバルコースとロードコースの2つのコース(周回路)を併設する、世界でもまれなサーキット施設。

本田技研工業の100%子会社として作られた。

現在は鈴鹿サーキットを運営する鈴鹿サーキットランドと合併した新会社「株式会社モビリティランド」が運営を行っている。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。