Pocket

田嶋市郎の顔写真は?65歳の息子の生活態度に憤慨した92歳の父逮捕

スポンサーリンク



田嶋市郎の顔写真は

酔って帰って玄関で寝ていた65歳の息子を見て
ハンマーを持ち出してしまった父92歳

田嶋市郎の顔写真はまだ公開になっていない
公開され次第追記する

事件が起こったのは

2017年12月23日午後五時頃、埼玉県深谷市。

同居する無職の65歳長男の栄一さんが
酒に酔って帰宅して玄関で寝込んでいたという。

栄一さんはその後搬送先の病院で死亡した。

二人暮らしだった

田嶋市郎容疑者92歳と65歳の長男栄一さん65歳は二人暮らし

日ごろから田嶋容疑者は長男の栄一さんの生活態度を心配していたという。

去年は警察にまで行って相談している

スポンサーリンク


 

夕方、5時に玄関で寝てしまうほど酔って帰ってくる息子をみて
先を嘆いてしまったのか。

栄一さんには家族はいなかったのか
65歳で無職というのは、以前だったら普通だけれど、
今は60代はまだまだ若い。

父が日ごろから憤慨するほどの生活態度ということは
いつから無職だったのか

父に養われていたのか
父がいなくなってしまったら、息子は自力で生きていけるか
不安になってしまったのか
詳細はまだ分かっていない。

逮捕容疑は

報道によると、田嶋市郎容疑者は意思ももって
行動している。

深谷署は〇人未遂容疑で逮捕としている。
そして長男は亡くなっている。

それで、未遂事件としているのが気になるところだ。
普通は亡くなった時点で未遂は取ることが多いのだが。

92歳で〇人犯になってしまった父
息子の将来を悲観しての事件かもしれないが
判決はどう下るのか

高齢化社会問題の象徴か

親子そろって定年している年
60代は団塊世代で一番人数の多い世代

父は日本の高度成長を支え、朝から夜遅くまで仕事していた仕事人間だった時代。

家庭のことは妻に任せっきりで家族のことは二の次だったのは当たり前だった。
そんな親子が家に二人で一日一緒にいるのは大変なことかもしれない。

今や60代は老人とは言えない、
年金支払い時期とどんどん高くする傾向もある

だからといって事件を起こして言い訳がないが
他人事ではないかもしれない。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。