Pocket

煙石博 久保豊年弁護士、リアル99.9元有名アナウンサー冤罪事件とは?

スポンサーリンク



煙石博さんが逮捕された

2007年3月で中国放送を定年退職した煙石博(えんせきひろし)さん
その煙石さんが逮捕されたというニュースが報道された。

2012年9月24日、午前9時20分広島銀行

女性が記帳台に忘れた封筒の中身を盗んだという容疑。
封筒の中身は66600円。

その中身を胸ポケットに入れたという。

リアル99.9の弁護士 久保豊年弁護士

2018年5月9日放送の「1番だけが知っている」で再現

それを紹介したのは北村弁護士。久保豊年弁護士とは同期の弁護士だという。

一審で決まった判決をひっくり返すのは本当に大変なことだという。
「日本では立件された事件は99.9%有罪とされる」とドラマでもあった。

それを逆転無実にした実際の裁判の記録を再現する。

北村晴男弁護士が震えた逆転裁判とは

2013年11月27日広島地方裁判所の判決は有罪1年と3年の執行猶予

絶対やっていないのに、有罪になってしまった。
そこで、煙石さんは弁護士を調べて久保豊年さんに弁護を依頼する

久保豊年弁護士は話を聞き、防犯カメラの映像をみて
「これは大丈夫かもしれない」と弁護をうけることにした。

防犯カメラには現金を取っているところは映っていない。
さらに
久保弁護士がチェックしてのは封筒には煙石さんの指紋が付いていないという点
それを決めてに第2審に挑む。

2014年(平成26年)12月11日、広島控訴審

結果は却下。

封筒に指紋がなくても無罪にはならないのかと久保弁護士は
心が折れたという。

しかし、煙石さんの家族や支援者からは応援の言葉を多くもらった。
「信じてくれて、こんなに頑張ってくれた」
「最高裁では無罪を勝ち取って下さい」

その言葉で次もがんばろうと思えたと久保弁護士は言う。

そして最高裁で、無罪を勝ち取ること煮る

煙石博(えんせきひろし)のプロフィールは

出身地   広島県広島市
生年月日 1946年11月2日
年齢    71歳

事件から4年経ってやっと無罪を勝ち取った煙石さん。
冤罪はこうしておきるんだとリアルに感じてしまった。

冤罪を勝ち取るためにかかった金額は1000万円かかったという。

久保弁護士は無罪と思う事件は10件くらいあるという。

しかし、無罪を勝ち取ったのはこの1件だけだったという。
そのほとんどが1審で諦めたか
2審で心折れてしまう、経済的に続かないという。

しかし、煙石博さんがかかった1000万円は弁護士費用ではないという。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。