Pocket

渡部康浩の顔写真は?50歳の警視庁の警部がなぜ覚醒剤に?

スポンサーリンク



渡部康浩の顔写真は

渡部康浩の顔写真は、まだ公開になっていない
公開され次第追記する。

逮捕されたのは

警視庁荏原警察署の交通課長、警部

神奈川県横須賀市走水2丁目の渡部康浩容疑者 50歳

逮捕容疑は

渡部康浩容疑者の逮捕容疑は5月下旬~6月11日、
東京都内や神奈川県内などで覚醒剤を使用した
覚せい剤取締法違反容疑で2018年6月11日逮捕された

スポンサーリンク



渡部康浩容疑者の逮捕のきっかけは

2018年6月8日、荏原署に出勤した際に大量の汗をかいていた。
不信に思った同僚には「食あたりだ」説明していた。
さらに「行動確認されている」同僚に話しため副署長が病院に行くように指示。

さらに言動が不審だったため、人事1課は11日に警視庁本部で事情聴取

任意で尿検査したところ、覚せい剤の成分が検出された

渡部康浩容疑者は容疑を認めている

調べに対して渡部康浩容疑者は

「6月9日に自宅近くのサウナで注射して使った」と容疑を認めているという。
警視庁は9日以前にも覚醒剤を使用していた可能性あるとみて捜査を続けているという。

警視庁のコメント

警視庁は「警察官として言語道断で極めて遺憾」
とコメントするとともに、

覚醒剤の入手経路などを詳しく調べる方針

50歳のベテラン警部がなぜ、覚せい剤に手を染めることになってしまったのか?
いつからだったのか?

こちらも分かり次第追記する

覚せい剤取締法違反とは

覚せい剤取締法は、覚せい剤(フェニルアミノプロパン、フェニルメチルアミノプロパン)の

所持、使用、譲渡、譲受を禁止している。

さらに営利目的でこれらの行為を行った場合はさらに重い刑罰が科せられる。

覚せい剤取締法違反の刑罰

営利目的がない場合は、10年以下の懲役
営利目的がある場合は、1年以上の懲役
懲役刑は最長で20年と定められているので極めて重い刑罰

初犯の場合は執行猶予が付くのが通例のよう。
しかし、渡部康浩容疑者は警察官
どのように影響するのだろうか

再犯が多い覚せい剤使用

50歳で、警部で、覚せい剤を常用していたなら
これからの人生の方が長くてつらいと想像できる。

仕事もなくなり、再就職にも苦労が付いて回り、
協力してくれる家族はいる?

なにより、覚せい剤からの誘惑を断ち切るのは大変だと
よくテレビでも特集している。

立ち直るのはよほど強い気持ちがないと大変だろう
頑張ってもらいたい気持ちでいっぱいだ

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。