Pocket

渋谷すばるの歌唱力を!脱退するのか?関ジャニ∞の行方は
フライデー報道にジャニーズは

スポンサーリンク



渋谷すばるの歌唱力はピカイチ

関ジャニ∞の渋谷すばるさん。
関ジャニ∞のボーカルと言えば、渋谷すばるさん。

圧倒的な歌唱力

関ジャニ∞の音楽力はアイドルとは言えないほど本格的と
ミュージシャン達のお墨付きがある。

関ジャニ∞の音楽番組でのプロのミュージシャンたちとのセッションしている。

ゲスト出演するアーティストたちに、周りのスタッフやミュージシャンも、
「アイドルとはちょっと違いますよ」と

言ってもらえるほど、ミュージシャンとしてのスペックも高い関ジャニ∞なのだ。

そのボーカルとして実力ある渋谷すばるさん。

メンバーの村上信五さんが、自分にはなんのとりえもないから
ドーク力を鍛えようと思った。

すばるのような歌唱力もないしと
誰もが認める実力なのだ。

渋谷すばるの関ジャニ∞脱退報道

2018年4月13日発売のフライデーに
渋谷すばるさんが関ジャニ∞を脱退するとの報道が出るというのだ。

その理由がソロ活動の専念か?とも言われている。

関ジャニ∞と言えば、メンバーが実生活でも仲がいいことで有名。休みの日でも会ったりして、買い物とか、ご飯とか一緒に行っているような話をしている。

それぞれの家も知っているという。
他のアイドルグループだったら、考えられないくらい仲がよいのだ。

そんな仲の良い関ジャニ∞の中で、渋谷すばるさんは関ジャニ∞から脱退することはありえるのだろうか。

ネットの反応でも

夏にはツアーが始まるこのタイミングで脱退とは?

4月7日にはベストアルバムのジャケットが公開されたばかり

4月11日に渋谷すばるはメンバーとブルーノマーズのライブに行ってる

脱退の準備進めてる人が呑気にメンバーとブルーノマーズのコンサート行くか?

大阪の観光大使に任命された関ジャニ∞、このタイミングで脱退するか?

などと、脱退からはかけ離れているというような反応だ。

ただ、フライデーに乗るのは、何か脱退するだろうという
根拠があってのことだろう。

それについては発売後、追記する

スポンサーリンク



渋谷すばるがジャニーズに入ったのは

1996年9月22日の15歳の誕生日、にお母さんに

「5千円あげるから」と
ジャニーズのオーディションに参加。
その同じオーディションには、丸山隆平さんがいた。

すぐに雑誌の取材と撮影があり、オーディション当日に仕事があったという、ジャニーズではエリートだ。

2度目のオーディションは 3か月後のKinKi Kidsのクリスマスライブ。
その日に大阪城ホールの舞台に立つ。
その時は、横山裕と村上信五の同い年 2人と出会った。

『ミュージックステーション』初出演時に「愛してる 愛してない」をソロで歌う。
圧倒的な歌唱力から人気が出る。

当時のジャニーズJr.では
「東の滝沢(滝沢秀明)、西の渋谷」と言われていた。
実際にはとても仲良しだった。
「タッキーは特別な存在だった」と
この頃は関西ジャニーズJr.の筆頭だった。

1999年、連続テレビドラマ『あぶない放課後』で二宮和也(後に嵐としてデビュー)とダブル主演
合宿所暮らしだった。

ドラマ終了後に上京し一人暮らしを始める。

2002年 関西ジャニーズJr.のメンバーで関ジャニ∞を結成
2004年9月22日 「浪花いろは節」で全国CDデビュー

渋谷すばるのプロフィールは

生年月日 1981年9月22日
年齢    36歳
出身地   大阪府茨木市
身長    170 cm
血液型   O型
職業    歌手
俳優
ギタリスト
ジャンル  音楽番組
テレビドラマ
バラエティ番組
活動期間  1996年 –
活動内容  歌手・俳優
事務所   ジャニーズ事務所

家族構成

お父さん、お母さん
兄、本人、弟

5人家族

兄は3歳年上、弟は7歳年下

お父さんは元ヤンキーでとても怖い人だったそう
周りの人からは「渋さん」と言われていたとか
お母さんは「渋さんの彼女」とされ
お二人とも有名人だったよう。

怖いと言われているお父さんと結婚したお母さんもキモが座っている人なのだろう。

お母さんは渋谷すばるさんをジャニーズに入れようと思ったのは
すばるさんの歌のうまさはもちろんだろうが

お母さんは本木雅弘(モッくん)のファンだった。

モッくんが「金八先生」に出演していたときの役名は「すばる」だった

「すばる」という名前は、そこから来ていると言われている。

もしかしたら、息子をジャニーズに入れるために小さい頃から
鍛えていたのかもしれない。

ザ・クロマニヨンズのファン。
Jr.時代SHIBUYA-AXで行われたTHE HIGH-LOWSのライブに生田斗真と行っている。

憧れの人で中学生のころは恰好を真似していた

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。