Pocket

池上公一容疑者 中学校教諭が覚せい剤所持 また警察官の職務質問で

池上公一容疑者27歳が逮捕された。所沢市立山口中学校の教諭
逮捕容疑は覚醒剤取締法違反。覚せい剤をおよそ1グラム所持していた。

スポンサーリンク


太田智一容疑者逮捕の状況は

2017年8月13日午前2時ころ、新宿区北新宿の路上

警察官が、1人で歩いていた池上教諭に職務質問したところ、
持っていたリュックサックの中から袋に入った覚醒剤が見つかった

パトロール中の警察官が不審な様子に気付いて職務質問したという。
警察官の察知能力が発揮されたということだろう。

この職務質問がなければ、逮捕されることはなく
池上容疑者はさらに覚醒剤の使用を続けたことだろう。
捕まって少しほっとしているかもしれない。

以前、元野球選手の清原さんが逮捕されたときにそう言っていた。

警視庁によると、調べに対して容疑を認めているという。
「覚醒剤は自分で使うためだった」
と供述している。

警視庁は覚醒剤を使った疑いでも捜査する方針

池上公一容疑者とはどんな人物

所沢教育委員会によると池上教諭は埼玉県の所沢市立の中学校の教諭。
今年2017年の4月から採用されて市内の中学校で2年生の副担任を務めていた。
無断欠勤などはなく、勤務態度は真面目だった。

所沢教育委員会は記者会見行った

所沢市教育委員会学校教育部の岩間健一次長は会見で

「このような事態が起きたことは誠に遺憾だ。今後、臨時の校長会で各学校の校長に呼びかけて研修を開いていもらい、再発防止に努めたい」

と述べている。

スポンサーリンク


池上公一容疑者の学歴、高校や大学は

まだ、はっきりと公表されていない。
教師の免許を持っているということはそれなりの高校、大学を卒業しているはず。
わかり次第、追記していく。

ただ、池上容疑者は27歳で今年2017年4月からの採用の一年目の新任の教師。
単純に考えて、順調ではない採用だ。
浪人なしで大学を卒業するのは22歳。

大学を卒業してから数年は経っているのだろう。
勤務態度も真面目だっという池上容疑者
やっと希望の教師という職業についたのならとても残念なことだ

簡単に覚せい剤が手に入ることも大きな問題だ。
入手経路の特定、根絶もしてほしい。

そして、池上容疑者には立ち直ってほしい。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。