Pocket

水戸ご当地アイドルのセクハラされたのは誰?元メンバーが告白し解散に追い込まれた

スポンサーリンク



告白したのは元メンバーはうめさん

うめさんは昨年2017年11月に脱退している。
その脱退した時のツイートがこちら

「運営責任者からパワハラやセクハラ、飲酒の強要、口約束されていた交通費の未払いがあった」としている。

さらに17歳だった2016年11月に市内で宿泊した際、男性から深夜零時ごろにバーに呼び出され、酒も注文された。
「断ったが、ホテルを取ってもらった負い目もあって飲んだ」
と話している。

他にもイベント後に過呼吸で倒れた際に担いだ男性に体を触れられたという。

この告白をきっかけにグループの活動がストップしていた。

水戸ご当地アイドル(仮)とは

グループは東日本大震災後、市を元気づけようと結成
2012年4月、水戸ご当地アイドル創出プロジェクトがスタート。
特産品・納豆にちなんだ歌を歌う茨城県水戸市のご当地アイドル

13年には「ご当地アイドル日本一」に選ばれた。

茨城県警から「安全安心アンバサダー」を委嘱され
市の「魅力宣伝部長」にも就任。

スポンサーリンク



2018年1月14日、解散が発表になった

公式サイトでの発表

ファンの皆さまへ重要なお知らせ
解散のお知らせ
いつも『水戸ご当地アイドル(仮)』を応援していただき、誠にありがとうございます。

『水戸ご当地アイドル(仮)』は1月14日をもちまして解散することといたしました。

当団体は先日発表させていただいたとおり、運営をVOICE水戸所属とし、活動再開に向けて体制づくりに取り組んでいたところですが、今回の報道を受け、現メンバーやOGに対してSNS等での中傷などによる心身への影響が大きく、活動の継続が困難と判断いたしました。

突然のお知らせとなりましたことを深くお詫び申し上げます。

デビューから約5年、志半ばではございますが、たくさんのファンの皆様から応援や叱咤激励の言葉を頂きながら、ここまで活動できましたこと、心から感謝申し上げます。

今後、メンバーはそれぞれの生活に戻りますが、改めまして5人の未来を温かく見守っていただければ幸いです。本当にありがとうございました。

平成30年1月14日更新
水戸ご当地アイドル(仮)運営委員

ファンの皆様へ
この度水戸ご当地アイドル(仮)は2018年1月14日をもちまして解散する事になりました。
突然のご報告となってしまい、本当に申し訳ございません。

今回の件でこのような結果となってしまい、私自身とても残念に思います。
ですが、約2年11ヶ月のアイドル活動とても楽しかったです。
普通の女の子では出来ないような経験を沢山する事が出来ました。
応援して下さった皆様本当にありがとうございました。

水戸ご当地アイドル(仮)での思い出は一生の宝物です。

ゆりりん

みなさん、お久しぶりです!
水戸ご当地アイドル(仮)のパワフルグリーン「れん」です!
私は水戸ご当地アイドル(仮)に加入してから水戸が前よりもっと大好きになって、面白く、優しく、頼もしいメンバーのみんなにも出会えました。
そして、わたしをアイドルにしてくださったみとっぽのみなさんにも出会うことができました!「誰よりも成長したい!」と、そう思わせてくださいました!本当に感謝しています!!

水戸ご当地アイドル(仮)というグループがあったこと、そして私たちの頑張りを決して忘れないでください!
私はご当地アイドルじゃなくなっても水戸が好きです!
今まで本当にありがとうございました!!

れん

私は水戸ご当地アイドル(仮)に加入して、たくさんの方に出会い、多くのことを学ぶことができました。一緒に笑ったり泣いたりできる大切なメンバーにも出会えました。
そして楽しい時悲しい時どんな時でも、支えてくれるみとっぽさんがいたからこそ私は頑張れました。小さい頃から大好きだったアイドルになれて、もっと成長した姿を見せたかったなって思います。いつも応援してくれた優しく温かいみとっぽさんが心から大好きです。

これから「何があっても笑うんだ」の気持ちで頑張っていきましょう!水戸ご当地アイドル(仮)で過ごした時間は忘れません!大切な思い出です。今まで、本当にありがとうございました。

あみ

8月に行われたロコドル甲子園のときは、雨の中にもかかわらず、たくさんのみとっぽさんが応援に来てくれて準優勝できたことがすごく嬉しかったです!私たちと一緒に水戸を元気にしようとしてくれたり、ライブを盛り上げてくれたりしてくださり、私にとってここで活動できたことを誇りに思います!みなさんのおかげで楽しく活動ができました!とても感謝してます!ここで体験したことを生かしてこれからも夢に向かって、頑張ります!約6ヶ月間、本当にありがとうございました。そして、応援ありがとうございました!

らら

水戸ご当地アイドル(仮)に入って約4ヶ月。メンバーとしては約1か月と短い間でしたが応援ありがとうございました。
ダンスのイベントで声をかけてもらい、街のために活動している「水戸ご当地アイドル(仮)」というものを知りました。
アイドルに興味がなかった私ですが大好きな地元の為に活動したいと思い加入しました。
そんな私が成長できたのはファンの皆さんのおかげです。
これからは世界のDancingQueenになって自分の夢を叶えられるようにダンスを頑張っていこうと思っています。

皆さんと出逢えて良かったです。
短い間でしたが本当にありがとうございました。

一時は続けようとしたみた

2017年11月うめ脱退の件について

過日より、うめ側と第三者を交え話し合いを続けて参りました。また、昨年末には面会により直接、運営側の認識と謝罪を伝えさせていただきましたが、一部の主張については話し合いが平行線となり円満解決には至りませんでした。
しかしながら、うめに対しましては心を大きく傷つけてしまったことに深く後悔と反省をし、大変申し訳なく感じております。

このような中、残っているメンバーと、今後も水戸ご当地アイドル(仮)として活動を続けていくことが出来るかと話し合ったところ、メンバーは今回の件があったにも関わらず、誰一人として辞める意思を示さず、これからも水戸のため、そしてファンの皆様は元より叱咤激励してくださる方々のためにも活動を続けていきたいという考えです。

つきましては、今後は みとの魅力宣伝部長を辞退させていただき、運営母体をVOICE水戸の所属とし、今回このような事態を招いた責任をとって現運営は団体代表から退くことといたします。
また、このようなことを再び起こさないよう、新たにマネージャーを置き、運営体制を強化して参ります。 関係者各位、そしてファンの皆様にはたくさんのご心配とご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

新体制になる水戸ご当地アイドル(仮)の活動を、引き続き応援していただければ幸いです。
活動再開に向けては、今しばらくお待ちいただけたらと思います。どうぞご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

2018年1月12日更新
水戸ご当地アイドル(仮)運営委員会

と運営母体を変えた再出発と活動継続を宣言したものの
2日後に一転、突然の解散となってしまった。

増えるアイドルのトラブル

芸能界のトラブルに詳しい河西邦剛(かさいくにたか)弁護士によると

「アイドル人口が増え、トラブルも増えている。アイドルとしていいポジションに上がるには、運営側に気に入られなければならず、メンバーは理不尽なセクハラなどを受忍せざるを得ないケースが多い」

と説明する。

その上で

「今回、ツイッターで運営を批判したのは、それだけひどい実態を訴えたかったということだろう。行政も適切な運営がなされてきたか、調査すべきだった」

と指摘する。

売れたい気持ちは十分わかるが、理不尽な要求には断る勇気もやはり必要だ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。