Pocket

森野将彦 中日打撃コーチの申告漏れ追徴税1800万円

スポンサーリンク



森野将彦の選手時代の経費を認められず

名古屋国税局の税務調査を受け、
2013年までの3年間で約4200万円の申告漏れを指摘されていたことが発覚した。


森野将彦は今季から中日の2軍打撃コーチになった

その追徴課税が1800万円になるという。
引退してからのこの金額は大きい。

経費として認められず

4200万円の申告漏れというのが
経費として認められなかった金額

その内訳が家族と食べた焼肉、ウナギ
などの外食費。

食料品、高級紳士服、女性用アクセサリー
さらに、家族のハワイ旅行、自宅の警備、クリーニング
などを必要経費として、計上したが、認められなかったという。

プロスポーツ選手は個人事業主

プロスポーツ選手は個人事業主として事業所得を申告する
必要経費を計上して、税金の金額が決定する。

森野コーチは

厳しいトレーニングのため一般成人の2倍以上の栄養摂取が必要で、食事の支出は『健康管理費』」

16年5月に追徴課税取り消しを求めて審査請求

名古屋国税不服審判所は昨年5月の裁決で自宅の一部の減価償却費などを必要経費と認めたものの、

ほとんどは、認められなかったそう。

森野将彦のプロフィールは

出身地   神奈川県横浜市保土ケ谷区
生年月日  1978年7月28日(39歳)
身長    180 cm
体重    85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手、外野手
プロ入り  1996年 ドラフト2位
初出場   1997年6月24日
最終出場 2017年9月24日
年俸    8,400万円(2017年)

現役を引退してからの、この金額はなかなか厳しいかもしれない。
追徴課税は金利も高くなるし。

スポンサーリンク



Pocket

コメントは利用できません。