Pocket

栗原匠の顔写真は?妻の連れ子の4歳男児、右足骨折
日常的にか?事件後に、離婚

スポンサーリンク



栗原匠容疑者の顔写真は

栗原匠容疑者の顔写真はまだ公開になっていない

公開され次第追記する。

逮捕されたのは

2018年1月18日、埼玉県東松山市柏崎の会社員、
栗原匠容疑者26歳は

埼玉県警東松山署に逮捕された。

逮捕容疑は

2017年9月4日午後10時頃、当時住んでいた市内の
集合住宅で布団で寝ていた妻の連れ子、4歳の男児を
右足で蹴り、右太ももを骨折する大けがをさせた疑い。
当時妻は外出中だった。

傷害容疑で逮捕した。

スポンサーリンク



次の日に妻が119番通報

当時栗原容疑者は20代の妻と男児の3人暮らしだった。
翌日の5日午前9時10分ごろ、男児が足の痛みを訴えたため妻が119番した。

病院が市役所に連絡

搬送された病院で
「〇待のおそれがある児童を治療している」

と市役所に連絡
市役所から連絡を受けた

児童相談所が午前11時50分ごろ東松山署に通報

容疑を認めている

栗原容疑者は当初、警察の調べに
「長男は階段から落ちた」と説明していた。

しかし
「やるように言ったことをやらないで寝ていたのできれた」

と容疑を認めている。

事件後離婚している

長男の体には複数のあざが見つかっている

栗原容疑者の行動は日常てきだったようだ。

この事件後妻とは離婚しているという。

長男が守られたと思うとホッとする。

刑罰は

児童〇待防止法違反の刑罰は

法律で定めている罰則は一つだけで、
〇虐待した親などが接触禁止命令を無視してつきまとったりした場合になる

法定刑は「一年以下の懲役又は百万円以下の罰金」

今回も逮捕容疑は「傷害容疑」になる。

傷害罪の刑罰は

法定刑は「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」

初犯となると執行猶予が付くことが多い。

「元さや」にならないことを望む

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。