Pocket

柴崎岳選手1年10ヶ月ぶりに日本代表復帰した。
背番号は7番
2017年8月31日のアジア最終予選オーストリア戦に先発の可能性が高い。
所属チームのヘタフェでは背番号10番

スポンサーリンク


2017年2月スペイン2部のテネリフェに移籍。
1部昇格の熾烈な争いに貢献したが4位で終わった。

その1部争いで敗れた相手チームのヘタフェに移籍した。
スペイン1部リーグの10番を日本人で初めて背負った。

スペインリーグは「リーガエスパニョーラ」とも言われ
世界中のサッカー選手なら、誰もが憧れるリーグ。
スペインではラ・リーガ (La Liga) と呼ばれる

1部リーグ(プリメーラ・ディビシオン) 20チーム
2部リーグ(セグンダ・ディビシオン)  22チーム
2部リーグB(セグンダ・ディビシオンB ) 4グループで各20チーム
3部リーグ(テルセーラ・ディビシオン) 18グループで各20 – 22チーム

1部リーグの下位3チームは自動的にセグンダ・ディビシオンへ降格

1部にはメッシがいるレアルマドリードやバルセロナのチームがあって
世界最高峰のリーグを言っても過言でいはない。

そんな、スペインの1部リーグのチームの10番のエース番号を
日本人の柴崎岳が付けている。
そして、実際、実力でも10番としてチームの中心に柴崎岳はいる。

スペインに移籍したきっかけは

2016年12月18日クラブワールドカップ決勝で
当時所属していた鹿島アントラーズが
レアルマドリード相手に2点を決めた。
結局は、逆転されて準優勝になった。

日本人がレアルの選手のマークをかわして2点入れたのは衝撃だった
その後スペイン2部リーグのテネリフェに移籍となる

スポンサーリンク


柴崎岳のプロフィール

生年月日 1992年5月28日(25歳)
出身地  青森県上北郡野辺地町
身長   175cm
体重   64kg

地元の野辺地SSSに参加サッカーを始める
小学校6年生に県大会優勝に貢献など県内でも有名だった
小学校の時にすでに青森山田高校サッカー部の黒田剛監督の目を引いていた。

黒田の勧誘を受け中学から親元を離れて青森山田中学に入学
中学3年でレギュラーを獲得全国中学校サッカー大会でチームを準優勝に貢献

青森山田高校に入学すると1年生にして、チームの司令塔として背番号10を付ける
2009年、2年生の時第88回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝
この大会後2年生で鹿島アントラーズと仮契約
2011年1月19日に正式契約

鹿島アントラーズでは数々のタイトルに貢献した。
2016年に鹿島アントラーズの10番を付ける
そしてクラブワールドカップでレアル相手に2得点

イギリス紙『ザ・サン』は「日本のアンドレス・イニエスタ」と評し、
「彼が国外から関心を集めることは確実」と掲載されスペインに移籍

苦しんだテネリフェ時代

12月のレアル戦から、海外のチームのオファーが殺到
いろいろ噂がでて、確実とされていた
スペイン1部リーグのUDラス・パルマスへの移籍かと思われたが入団会見を行うために準備し、パルマスへの移籍決定したかと思われたが、1月30日に移籍消滅。

翌日の31日、スペイン2部リーグのCDテネリフェへの移籍がテネリフェの公式HPに正式に発表

移籍後は環境になれず、2週間で7キロ落ちて練習にも参加できず
心身障害とも言われた。

地元の日本食レストランなどで復活していった。
2月23日から施設での練習を再開
3月1日から全体練習に合流

3月18日、第30節のレウス・デポルティウ戦で途中出場からスペインデビュー
4月3日 第32節のレアル・オビエド戦で移籍後初先発
5月28日 自身の誕生日に第40節のADアルコルコン戦で移籍後初得点

6月18日、昇格プレーオフ、準決勝のカディスCF戦では2ndレグで決勝ゴールを決めて決勝進出
決勝では移籍先となったヘタフェCFと戦い、敗れ1部昇格を逃す。

2017年7月17日 ヘタフェCFへの完全移籍が発表 背番号10番
8月20日 開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦でスタメンデビュー
チームの中心として、実力を印象付けた。

日本代表

2009年11月 U-17日本代表として出場したFIFA U-17ワールドカップで背番号10
2012年2月24日 キリンチャレンジカップ・アイスランド戦に初招集
2013年7月15日 東アジアカップに出場する日本代表メンバーに選出
2014年8月28日 キリンチャレンジカップの日本代表メンバーに選出
2014年9月9日 ベネズエラ戦で日本代表デビュー 代表初得点
2015年1月   開催されるAFCアジアカップ2015に臨む日本代表のメンバーに選出
先発メンバーになる。
2017年8月24日 W杯最終予選に向けたメンバーに選出

ロシアワールドカップに向けて

今回約2年ぶりの代表選出

2017年8月31日、対オーストラリア戦
勝てば、自動的にワールドカップ出場権が決定できる

ポジションは10番の香川と被る
今回は柴崎岳が先発なのでは?と話題になっている

スペインで精神的にもさらに鍛えられただろう

ホームで埼玉スタジアムで、ワールドカップ最終予選
勝てば出場できる
是非決めてもらいたい

スポンサーリンク



Pocket

コメントは利用できません。